ありがとうございます☆心から感謝します


一緒に居て気が楽な人とは


エネルギー(気)が楽と、書いて字のごとく

余計なエネルギーを消耗しなくて良いから
楽であるという相手

つまり周波数(波動)が近い状態だと気が楽に感じられる


同じ相手でも、片方が怒っていたり、落ち込んで居たりすると気楽には感じられなくなったりと、人間ですから

感情によって波動(周波数)は変わりますが、

平常時に気楽に居られる相手とは、自分のエネルギーが調和しやすいという事です。


また、気が重くなる相手や、気を使うなーーって相手は

気を使う=エネルギーを消耗する相手
気が重くなる=エネルギーが重く下がる相手
ということですから

そう感じる場合は、なるべく会わない方が自分にとっては
波動を安定させられるということ


これも相手の意識の状態により上がり下がりありますが、相手の気分が平常時でも話すと気を使うと感じるならば、

平常時の互いの周波数が違う証拠です。


本当に周波数が合う相手に会うと

気を使わなくて良い(エネルギーを使わなくて良い)
ので

本当に快適で、楽で、心地良くて、いくらでも一緒に居られます

そんな相手と会っていると

お互いエネルギーが循環して波動が互いに上がり 癒され 良いことが起きたり

良いインスピレーションが湧いたり

アイデアが浮かんだり、ヒーリングされたり、

良い影響が起きます。


そして最高に波動が合っている状態にいると

眠くなります 気を使わなくてよい

ということは

自分がストレスなく 一番素の自分に近い状態でいられるからこそ


気を使わなくていい 気楽 心地良い


と感じるもの


感覚というのは 本当に、自分が一番良くわかるし

むしろ自分にしかその心地良いとか 気が合うとか 気が重いとか


そうゆう感覚は、分からないですよね。


なるべく自分がご機嫌でいたいなら


気楽な相手と会うこと


気を使う 気が重くなる人、もの、ことは


あまり考えず 自分の中を感じながら


本当にその相手、そのこと、それは


今の自分に必要か? どうすれば自分はよりご機嫌で心地良く過ごせるか?


自分は本当はどうしたいのか?


良く内観してみると良いでしょう。


日本語って本当によく出来ています。



気はエネルギー

気って漢字を使う言葉をよく観察すると


波動のことも良く理解できるかもしれません。


気軽 気を張る 気を落とす 気が晴れる 気分が上がる 気が下がる 気配 気に入る 気に触る 気休め 気易く 気迫 気が滅入る 気さく 気が沈む 気が進まない 気を損ねる 気を揉む 気が散る 気付く 気持ち悪い 気持ち良い 気が遠くなる 気乗りしない 気合いを入れる 等など、、、

色々と感覚で皆様感じて生きているものですよね〜




皆様に愛と感謝を込めて



^^^^^^メアリーフローレンス^^



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:幸せに生きる - ジャンル:心と身体