ありがとうございます☆心から感謝します

全てはエネルギー(波動、周波数)が宿っています。


人だけでなく、場所にもエネルギーがある。

とくに、家や部屋には住む人のエネルギーが宿っています。

家そのもの、また個人の部屋など人が長い時間いる場所は

住む人のエネルギー(波動)とリンクしています。

つまり、家や部屋のエネルギー=住む人のエネルギーとなりやすいんです。


だから、家の中を見れば、その人が分かるとよく言われていますよね。


なので、人としての相性、波動が合う人の家や部屋のエネルギーは、
心地よいと感じることが多いです。


たとえば、恋人の住まいがどんなに汚い部屋でも、
その相手と波動、エネルギーが合っていると、
汚い部屋だろうが、古い家だろうが、散らかっていようが、
あまり不快に思わなかったりするんですね。


その住む人と波動が合っているうちは、そうゆう家や部屋でも気にならない。

逆にいくら綺麗な家、部屋でも波動があなたに合わない相手の住まいは、居心地が悪く感じるものです。


綺麗か綺麗じゃないかだけの問題ではなく、
波動のエネルギーが合う場所は心地よいですし、安心なんだと思います。


女性同士の既婚者だとお互いの家に行き来することもあるのですが、

仲良しの友達の家は私も心地よいと感じます。

だからつい長居しちゃったり、眠くなったり、
逆に私の家に来る友達も波動が合う人はなんかここに来ると、快適とか、眠くなってきた、とか、癒されるいう人もいますね。


波動が合わない人の家にいくと、

自分よりも軽いエネルギーで合わない場合は嫉妬心が湧いたり、自分の住まいが恥ずかしくなったり、自信を無くしたりする事、

また逆に相手の家のエネルギーが重いと気分が悪くなったり、みぞおちのチャクラが重く感じたり、不快な感じになったり、胸がザワザワしたりが多いようです。

エネルギーが合う相手の住まいは、どんな家や部屋だろうが、
心地よい、あまり不快になることがないんですね。


家や部屋には色々なその住む人のエネルギーが入っていて、

置いてあるものから、家具から、香りから、センスから、様々なエネルギーの影響を受ける場所。


一人一人の部屋に、その人の個性が現れる。


ものと人もエネルギーで繋がっているので、その人の部屋に入っている、置いてあるものは、
部屋の主のエネルギーと繋がっているものばかりです。

だから、
部屋に入っているだけで、

その人がいるのと同じようなエネルギーを感じられる。


実家に自分の部屋がある時は、まだ実家に自分のエネルギーが置いてあるので、心地よいですが、

自分の部屋が無くなってから実家に帰ると、今までの心地よさが無くなっていく、

そんなことがあるんですよね。


家、部屋、は個人のエネルギーが置いてある場所。


自分の家に帰るのが嫌だ、自分の家なのに居心地が悪い、

そんな風に感じたら、


もう、その家、場所はあなたに合わない場所かもしれません。

あなたが心地よいと感じるものを置いてみたり、自分の空間にお気に入りのものを置いてみたり、
自分のエネルギーを感じる場所を増やしてみて、

それでも居心地が悪く感じるなら、

引っ越しする時期かもしれませんよ。


場所自体の波動があなたに合わなくなっている場合も

不快感が払いきれなくなりますからね。



場所も、家も、部屋も、エネルギーがある。

なるべく心地よい場所にいられたら、

あなたはより幸せに安らかにいられことでしょう。



メアリーフローレンス










関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体