ありがとうございます☆心から感謝します

SNSが今は当たり前の時代ですが、

昨日ふと思い出しました。


高校生の頃を、、20年前です笑。
書いた瞬間にすごい歳とった気分(゚∀゚)。。


私が高校に入った頃はポケベルでした。今の十代二十代はポケベルの存在すら知らないかもな。


あの時は、メールすらないわけで、ポケベルという万歩計にそっくりなデザインの機械に小さな画面がありまして、

その小さな画面に、7文字とか12文字のカタカナ、もしくは数字が現れて
その数字をわざわざ解読してやり取りしていたのですよ。

11なら【 あ 】、12なら【い 】とか笑。

しかもポケベルから直接メッセージを送れない、というものですから

もちろん、写真なんて送れないし、電話機能も無いし、
ポケベルにメッセージを送るためには
携帯もスマホも無いですから、

テレホンカードを使って高校の公衆電話にみんな並んで、ポケベルにメッセージを送る時代。

ポケベルすらない時代は家電にかけて、待ち合わせの時間を決めるのが当たり前の時代。

まあポケベルはすぐにPHSや携帯が普及しはじめて、数年で消えましたが、

本当に今のように何千文字もメールが送れたり、画像が送れたり、SNSでシェア出来るようになるなんて、

時代の変化はすごいですね。


でも、SNSでかえって疲れてしまう人がいたり、現実を見れなくなる人や繋がってないと不安になる人や、余計なエネルギーを消費したり、
知る必要のない情報をいつまでも知ることで、

執着心が消えない人などもいます。


そうゆう場合には、いっそSNSがない時代にタイムスリップしたつもりで、
SNSから離れて生活してみるのもいいかもしれません。

フェイスブックなどは結構しがらみも多いようですね^ - ^。


私もSNSは利用していますが、笑。


無くなったら生きていけない!というのは強い囚われ、執着心だとも思うし。

たしかに便利なもので、
繋がりを感じられますが、

SNSが無くなっても、必要な人には

繋がるものです。


むしろSNSがあるから過去の知り合いや、過去の恋人や今必要ない相手まで、いいねをつけたり、チェックしてしまったり、気にしてしまう人が多数いますよね。


携帯もスマホもパソコンもない時代には、

もう必要ない縁の人には

無駄に接し続けることは今みたいになかったと思うのです。


年賀状やお歳暮とかはあったようですが、

相手の情報は電話したり、直接会いに行かなきゃ分からなかった。

でも、だからこそ 執着心が消えて

もう必要ない縁も、疎遠になり、自然に手放せたのかもしれません。


今はSNS時代ですから、自分が選択して行かないと

無駄にエネルギーを消費して 自分に必要ない相手にずっとエネルギーを繋げ続けることが起きています。


疲れたなら、離れてみてもいい。


無くても人は生きてる。


このblogだって、毎日チェックしなくていいんですから^ - ^。


必要な時には必要な情報にも導かれます。


それはblogじゃなくて、本や新聞や内から湧く声だったり、誰かが話した会話だったり、電車の中で聞こえてきたセリフかもしれません。


必要ならちゃんと、手段は様々なところから伝えられるようになっているものですよ!


情報に疲れたら、

20、30年前にタイムスリップした気分になって暮らしてみよう!


メアリーフローレンス


これが当時のポケベル、すっごく懐かしい気持ちになりました(^∇^)。今は皆無ですね。

これを女子高生時代は胸ポケットにみんな忍ばせていたな^ - ^

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体