ありがとうございます☆心から感謝します


こんばんは〜


よく、アシュタール(宇宙連合の総司令官のエネルギー体)は、

我慢をすると、さらなる我慢を呼ぶので

我慢はしないでください、と言います。


本当に我慢や無理をして、自分の魂の本意からズレていたり、本意とかけ離れた思いをしているのに、

それを見ないふりしたり、気づかないふりをしたり、聞こえない、知らないふりを自分自身に対してしていると、

どんどん現実世界にあなたの魂の本意とかけ離れた出来事が引き寄せられてしまうことが良くあります。


魂の本意、魂の思い、魂の声を気にしないで 、
自分にやって来ることをただ受け入れていたりすると

どんどん自分の望む現実から遠のくのですね。


たとえば、上司に残業を頼まれてしまった。


本当は今日は早く帰りたいのに、自分の魂の本意を抑えこんで我慢して受け入れてしまったら、

次からもまた上司はあなたに残業を頼んでくる。


あなたはどんどん自分の望みに反した現実ばかり起きる。


しかし、
上司の意見ではなく自分自身の魂の本意からの意思を優先させて、
今日は早く帰らせてください!と伝えることができたら、

上司はあなたを帰らせて、他の人に頼むかもしれない。


あなたが一度ハッキリ意思を持って示したら、
上司はあなたはそうやって自分の意見をハッキリ言う人間だと気づいて、

頼みにくくなるかもしれない、

すると頼みやすい別の受け入れてくれやすいターゲットに頼むことが増えてあなたは嫌なことをする機会は

ただ我慢して受け入れた場合よりも明らかに減るかもしれない。


人は頼みを聞いてくれる人には何度も依頼しやすい。

それは聞いた相手が受け入れているから。

それを受け入れて嫌だと思ったり感じた場合は我慢する必要は無いということ。


嫌ならハッキリ言う、本当は嫌だと感じたのにそれを表さないで我慢して受け入れ続けたら、

依頼したりしてくる人はあなたはそれを嫌だと思っていないと判断して、同じことが何度も相手には悪意は全く無くても起きるということ。


我慢がどんどん我慢を呼ぶ。


我慢するほど、現実は魂の本意から遠のく。


自己犠牲も同じ。

自己犠牲をすると、

自分を我慢して他人にしてやってるのよ、とか、私は我慢しているんだからあなたも我慢してよ的な感じが

どうしても伝わってくるのだ。


自分が我慢したり、自分が魂の本意を抑えているから
他人に対して寛容になれなくなる。


自分に厳しくてもいいが、我慢はダメ。

たとえば、本当は自分も女性と仲良くしたいのに 自分の修行の為とか今は仕事の為とか言って魂の自分の思いを抑えこんでいると

他人が女性と仲良くしていると 面白くない感情が現れ、
女性と仲良くする他人に対して憎悪や不満や苛立ちを感じやすい。


だから、初めから自分の魂の本意を抑えこまずに、
自分の思いを犠牲にしないで、認めてあげる。

自分に嘘をつかないで、自分が我慢するくらいなら、
表現してしまう。


自分はこういう人間だと意思を示して生きていくことで、

あなたはそうなんだと周囲にはあなたを理解してくれる人が集まる。


あなたの魂の本意を知って合わない人は離れていくこともあるけれど、

あなたの魂に嘘をついたり無理をして付き合うくらいなら
離れた方が良い相手もいるものだから。


自分らしく、自分に嘘をついたり、無理や我慢や自己犠牲をしないで生きましょう!


今は、どんどん自分がどんなことが嫌で、どんなことがしたいのか、分かってくる時期。


自分の魂の思い、願いを優先させて生きましょう!



メアリーフローレンス



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心に響く言葉・メッセージ - ジャンル:心と身体