ありがとうございます☆心から感謝します

おはようございます。


人って、言葉を使ってその、文面から情報を得たりしますが、

文面だけの情報で伝えられることはごくごく一部ですね。


言葉を、文面だけでなく、会話で聴ける場合は、
その人のイントネーションや、声の抑揚、大きさ、声などから文字を見る情報よりもエネルギーとして伝わりやすくなります。


さらに、私たちは、地上世界で肉体を持って生きてる為に、
霊界のコミュニケーションとは全く違うのです。


霊界ではテレパシーで、様々な情報が瞬時に伝わります、

ビジョンや、どんな感じの事を意味しているのか感覚でわかります。


しかし、人間は、
肉体を持っている為、
目、耳、肌で感じる感触、声、そのような肉体を通して感じないと、

なかなか相手のエネルギーがしっかり伝わりにくいものです。


特に人間は、目で得る情報を大切にします、
実際に対面して一緒にいると、目の前で相手を見る事が出来るので、
相手の表情や、しぐさや、態度などから、

言葉にしなくても沢山の情報やエネルギーを感じとれます。


文字だけだと、誤解や、言っている意味がなかなか伝わりにくいものですね。


さらに、人間のエネルギーが合うか合わないかは、一番ダイレクトに分かるのは、

肌です。つまり触感。


エネルギーが合わない相手だと、近くに寄ってくるだけで、離れたくなったりしますし、
肌を合わせる、触れられたら、拒絶感さえ湧き上がります。


エネルギーが合う合わないは、

実際に対面するとよりはっきり分かるもの。


私たち人間は、離れて全く対面接触しないで、エネルギーを感じている時は、

人間としてというより、霊界のように相手のエネルギーだけを感じているといえます。


文字や、文章、画像、写真、絵、唄、詩、アート、音楽、そういうものに接して相手を知っているのは、

相手のエネルギーを霊体で感じている状態なので、

実際に肉体の人間同士で対面すると、

変な違和感やエネルギーの違いや、思ってた人と違うと感じるなどの現象が起きます。


地上世界で、人間同士で関わりを持つには、
「遠くの親戚より近くの他人」という言葉もあるように、

いくら血が繋がっていたり仲良しのように感じている相手でも、

地上の肉体を持つ世界では、

実際に会わないでいると、目や耳や肌や声からのエネルギーを感じられないので、徐々に心の繋がりも薄くなるように感じます。


霊界だとそんなことはなく、いくら離れた世界にいても、繋がりはしっかり感じられますが、

肉体を持っている限り、

霊界と地上世界での繋がりというものは、実際には違うのだな、と思います。


一回も会った事のない人よりは、会った事がある人、

数回だけ会った人よりは、何回もよく会っている人に親しみを感じるもの。


だから、実際に会わなきゃなかなか仲は深まっていくことは無いのだと感じます。


徐々に相手に会った時に感じたエネルギーは、時間と共に薄れ、忘れていき、
なんとなくこうだったという幻想、妄想に変わる、

それを美化してしまうと未練や忘れられない、あの頃は良かった、と淡い幻想に囚われることになるのです。


大切なのは、今、とこれから。


いつまでも今の状況が続くと油断しているうちに、
あっというまに現実は変化し、人の気持ちも変化してしまうことがあると知っていないと、

まだ次があるさ、まだまだ今はいいや、と思っていたら、

もう次は無く、一生その体験は出来ないってこともある。


いつでも、行けると思って今度行けばいいやと思っていたら、

その場所が無くなっていたり、潰れてしまうこともある。


まだ会わなくていいや、と思っていたら、
相手が病気になって会えない事態になってしまったり、

事故で亡くなってしまったり、遠くに引っ越して会えない事態になってしまうこともある。


逆にあなたが突然、思うように動け無くなってしまうこともある。

だから、

今の当たり前がずっとあると思っていたら
ダメなんだ。


今しか出来ない事、チャンスをありがたく生かす。

全ての機会が神様からのギフト。

毎日こうして生きられることが、いつまで続くかなんてわからないんだから。

今しか出来ない事を後悔なく生きる事が大切みたいです!



いつもお読み頂きありがとうございます!


メアリーフローレンス

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心に響く言葉・メッセージ - ジャンル:心と身体