ありがとうございます☆心から感謝します



今までは、様々な思いというものが、ある程度隠せた世の中でしたが、
今、またこれからは隠せなくなります。

相手の本心が明け透けに分かり、伝わるようになって来ていませんか?


友人関係も、もう様々な思いが隠せなくなります。

今までは、本心では友人のことを羨ましく思っていたり、自分にないものを持ち、幸せそうにしている友人を内心は僻んでいたり、
そういった心を持ちながらも、今まではなんとか付き合えていたような関係性は、

もう途絶えることになるでしょう。

なぜなら、相手にその羨ましく思う気持ち、
ひがみの心、嫉妬、自己否定、そのような重たい想念がはっきりと伝わるからです。


これからの友人関係は、波動の違う人同士は一緒にいられなくなります。

波動の違う人同士が一緒にいるほど、ますます互いに苦痛になるようになります。

今までの時代にはそこまではっきりと相手の想念エネルギーが伝わることがなかったので、なんとか波動の違う人同士もいられましたが、
これからの時代にはそれは苦痛になり、出来ないようになります。


身内、親友でも波動の違う人同士は一緒にいるほど苦痛が増して、離れることになるでしょう。

出会いはじめは、互いにその縁がどうゆうことを学ぶ縁なのか分からず、喜びますが、
次第に波動の違う人同士は、内心がはっきりと伝わるようになり、

片方が、依存性がある人や、ひがみの心がある人や、嫉妬や羨ましく思う気持ちなどがある場合、

もう片方の人は、それを感じとり、嫌なエネルギーを相手から感じますから、距離を置いた方が良いと感じ、
次第には、その相手から離れることになります。


相手に羨ましく思われたり、依存されたり、嫉妬やひがみの思いがある場合、(その想念を受ける側は)エネルギーを相手にもって行かれますので、
関わるほどにエネルギーが消耗し、
霊体に影響がでます。


ネガティヴな思いを持っている側はあまり自覚していなくとも、
その思いを受ける側は、相手からの不快な重たい念が分かり、
会うことや接触はしたくなくなるものです。


そのような重たい想念がはっきりと相手から感じられたなら、
距離を置いて、離れることは仕方ありません。

波動が違う場合には、互いにプラスになりません。


時間をそのような相手に使うことはないのです。

(周波数の軽い人間の中での)波動の似たもの同士は、ひがんだり、嫉妬はしません。

ひがみが起きるということは、その相手よりも自分は劣ると、勝手に自分が判断したからこそ、ひがみや嫉妬の思いが起きるのです。


自分が満たされていれば、環境や様々な違いがあっても、互いに尊重することができるので、
ひがみや嫉妬など起こることが無いのです。


エネルギーバンパイヤは、自分でエネルギーを満たせないので他人からエネルギーを吸収します。


自分がエネルギーバンパイヤにならない事は大前提です。

それには、まず自分を満たすこと。

ありのままの自分を受け入れ、愛し、他人と比較しないことです。


皆様に愛と平和のエネルギーを送ります。


ありがとうございます。



メアリー&フローラ




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:幸せになる方法 - ジャンル:心と身体