ありがとうございます☆心から感謝します

この記事は、ある程度のスピリチュアルの知識がある方へ向けて書く記事です。
 
アセンションについて書きます。

アセンションとスピリチュアル、精神世界で言われているものと、

神示や神様のお言葉で言われている立て直し、や弥勒の世、神の世の創造、
様々な宗教で言われる地上天国実現は、

全て同じ事を言葉を変えて説明しているだけで、同じ事をさしております。


さて、この、地上天国、弥勒の世にアセンションするということをご周知の方は、

よく、三次元世界から、五次元世界へ地上世界はアセンションすると聞いたことがあるかもしれません。

その話について、説明していきます。


なぜ、四次元でなくて、三次元から一気に五次元にアセンションするのだろう、と思う方は、結構いらっしゃるかもしれませんので、説明します。


なぜ、四次元はとばされるのか。

それは、
四次元世界というのは、幽界という世界にあたります。

この世界の中に、実は人々の想念が作りだした地獄界があります。

四次元幽界の最下層です。

そして、四次元はすごく幅があり、ある意味人々が想像できるものはなんでもありの世界です。

四次元世界の中でも波動の高い世界から低い世界と、様々に分かれています、魂の波動の違いで、住む世界は厳しく分かれているのがあの世の法則です。


四次元幽界の最上層は、サマーランドとも言われる、極楽浄土的な世界があります。
欲という欲はなんでも好きなだけ満たせる世界です。


しかし、この四次元の世界は利他の奉仕という意識がありません。

四次元世界の中では、一番高い波動でも自分が楽しければ良い、という自分勝手な意識止まりです。


三次元の波動の世界からすれば、四次元の上層は天国に感じられるかもしれませんが、
五次元以上の世界から見れば、
四次元の上層はまだまだ天国とは見えないのです。

いくら楽しい事が沢山あっても、そこにいる方々は自分勝手な意識の方しかいないからです。

神の世に、弥勒の世に至るには五次元波動には、至らなければ、
本当の天国とは言えません。


五次元世界は、利他の為に働くのが当たり前になります。


自分勝手ではなく、まわりの為に働く、周りを助けるのが自分の喜び、
そうゆう方々ばかりの世界が五次元以上の世界です。

この利他の奉仕が当たり前の世界が本当の天国、天(上)界、霊界です。

四次元の波動の幽界は、天界から見れば、四次元上界でも行きたくない世界に感じることでしょう。

今までの三次元地上世界も、天界から見れば地獄のように感じるでしょう。


霊的に目覚めた皆様は、
五次元波動の天国、天(上)界、弥勒の世を
地上世界に肉体を、持つ人間のまま創る方々となるでしょう。


それを生まれてくるまえに、神様と誓って来ているはずです。

地上世界を天国にすることが、私達みんなの本当の大きな使命であります。

そのためにこのブログに導かれたどり着いたのではないかと私は思います(^-^)。


このサイトに来ている方は、既に霊的に目覚め、覚醒が起きている方です、自覚の有り無し、関わらず、

このブログにたどり着いた方は、ライトワーカー(自灯明として生きる方々)といえることでしょう(*^_^*)。


守護霊様や指導霊様方が導いています。


みんなで、これから、本当にこの世界を五次元波動へ引っ張りあげる役目が、
このブログへ導かれた皆様全ての方にあります。

誰一人例外はありません、このブログへいらした全ての読者様がライトワーカーです。

そして、この世界を一緒に変えていく、同志であります。

もう、自分はライトワーカーか迷ったり、悩んでいる時期ではありませんよ(*^_^*)。


今ライトワーカーの人数が沢山必要なのです。
ライトワーカー達が先頭に立って、新たな地上天国世界(弥勒の世、神の世、アセンションした世界)を創る時代が、

もう既に幕を開け、始まりました。


どんどんライトワーカーが新たな地上天国世界の基礎を作らなくては、まだ目覚めていない、今現在三次元波動の方々を新たな世界へ住まわせられない。


神様達が新たな世を創るのではない、
人が創るのです。神様の導きや、ご指導と共に。


神様が、みたまが磨けて、浄化して、波動の高まった人間に、次々降りてまいります。

降りるというよりも、元々人の奥に眠っていた神の意識が発動し出すと表現した方が良いかもしれません。


そして、
神様(宇宙の根源神様)の望まれる世界が創られていく。

もう、岩戸は開いております。


アセンション(地球の波動上昇も、人々の魂の波動向上も)は始まっていますよ(^-^)v。


皆様へ愛を込めて    


















Lets make happy
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック