ありがとうございます☆心から感謝します

私の今まで見たり聞いてきた、高次の存在の言葉の中には、
違う意見だったり、あの神霊様の発言と、
アシュタールの言葉が違うとか、

あったようで、なんだか、混乱することがあります。

シルバーバーチでは利他の為に自己犠牲を肯定していたと思うけど、他の高次の方の意見は自己犠牲は必要ない、とか。

何をだれを信じたらいいの?


私の守護霊様が答えてくださいました。


☆。☆。☆。☆。☆。☆。
私の守護霊様より



我々高次の存在といっても、正確には皆さんの思っているような神ではないのです。

神は皆様の一人一人の中に存在しており、
まあ、全ての存在が神を内在した、霊魂といえます。


わたくし達、高次元といわれる次元の存在も、いわゆる霊なのです。

ですので、日神も月神も、アシュタールも、わたくしも、その他の高次の存在方も、みな霊人なのですよ。

神そのものを内在する霊人ですので、

それぞれの個性があります。

また、その高次の存在達のメッセージを地上に降ろすには、
仲介役の人間が必要です。

その仲介役の霊媒、チャネラーですか、そういった人間の存在している時代、また、その人間の理解出来る説明をなるべく降ろすように我々はしています。

なので、日月神示の降りた時代と、今の時代、
全く同じではありませんね。

その時代、その霊媒の人間に合わせた説明を送ります。


仲介役となる人間の中に全くない言葉、知識は、我々も降ろせないのです。

アセンションをしらない人間に、
アセンションという言葉で霊言を降ろせないのです。


アセンションを全く知らない、知識のない霊媒には、アセンションの話をしても、
言葉に変換して地上にメッセージを上手く降ろせません。

なので、高次の存在が説明する内容に違いがあるのは、

仲介役の人間の違いが大きく関わります。


理解していただけましたか、

少しお時間がないようなので、本日はここで失礼します。


いつも愛していますよ*

ありがとう。


2016*8*6 受信、訳 メアリーフローレンス

いつもありがとうございます。

私も愛しています♪(*^^*)










現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体