ありがとうございます☆心から感謝します

こんばんわ♪

波動が変わるにつれて今までの世間にあった常識やルールに段々と強く疑問を感じるようになってきました。


以前までは私もまだまだ今までの世間的なルールには従わなくてはいけないと思いこんでいたことが沢山ありました。


思考が現実を作ることを知り、

思考の大切さを日に日に実感しています。

今疑問に感じるようになってきた世間の常識、ルールが、
男女の愛に関しての今までの日本社会でのルールです。


常識的には、二股や、不倫、浮気、同時に複数の異性を好きになる愛することは、
良くないという常識がありました。


そうゆう愛し方をする人は悪い表現になると遊び人とか、女たらし、男たらし、アバズレなど酷い表現もありました。
しかし、一方で博愛者という言葉もあります。


今の私の考えからすると、なぜ異性を同時に二人以上(気持ち的に)愛してはいけないと言われるのか、
その事の方に疑問を感じるようになりました。


感じ方価値観は千差万別、何を自分が良いと思うかでその人の現実世界も変わります、
私の今の考えと、以前の私の考え方も違います、何が正しいという正解はありません。

何を自分が良しと思うか、選択するかです。


なぜ異性は同時に一人しか愛してはいけないという常識が生まれたのだろう。


同性ならいくら好きな人々が沢山いても非難されないのに、なぜ異性になると非難されたり、浮気だ不倫だ、色目を使っているなど言われるのでしょう。


人間として異性には二人以上に好きな感情を持ったりや愛してはいけないなんて見えない世間の常識に、なんだか納得いかなくなってきました。


なぜかというと、私は女性の友人、女性の仲間達も愛しているし、好きな人々がいるのと同じように、

男性でも好きだなぁ、と感じる方々は主人以外にもいるからです。


私は結婚しています、なので、なんだか男性の方に対してこの人好きだな、
人間として私はこの人好きだな、愛しいなーと感じること自体になんだか、罪悪感を持ったりしてきました。


主人一人だけでなく、特に私が霊的目覚めが起きてから出会う男性はみんな私が人間的に好きだなぁと感じる方々ばかりで、

異性だからといって、私が結婚しているからといって、
(気持ち的に)愛してはいけないなんて制限、おかしくないかしら。


本来の愛ってもっと自由だし、沢山沸いてくるものだから、
いろんな人々や物を愛することを制限したり、抑えるこ必要なんて、ないのではないかしら。


あの男性も好き、この女性も好き、
何人も好きな人、愛する人がいてもいいのではないか?

愛は自由に出していい、色々な存在を愛せることは、全然おかしくない、と今の私は思います。


肉体的に関係を持つうんぬんの話は抜きにして考えています。
それは色々ややこしくなりますので。


特に波動が近い人間には親近感や愛を多く感じるように思います。


愛する人が増えることは素敵です、波動が変わると出会う異性も同性も素敵な人々が増えます。


中には私はバイセクシャルになったのか?っと思うほど、魅力的な女性にキュンキュンと恋心のような愛を感じたりすることもあります。


いろんな素敵な人々に出会うようになれば、
あの人も素敵、この人も素敵、と素敵な個性溢れる魅力溢れる人々に出会う度に愛も溢れることが増えるかもしれません。


愛する事の何がいけないでしょう。


神様は愛することに制限を設けたりしていない。


素敵な人、愛を感じる人に対して心から愛のエネルギーが沸くのはごく自然のことでしょう。


結婚しているから、特定の恋人がいるから、好きな人がいるからといって、一人しか愛してはいけないという今までの世間にあった概念は崩れていくのだろうと感じました。



また異性だから、同性だから愛してはいけない、おかしいという常識や世間体ももう私の中には無くなりました。


私には、男性も女性も愛してやまない人々が存在が、沢山います。


どんどん増えています、
読者の方々もそうです、男性だから女性だからと区別することなく、
男性も女性も心から喜びや愛のエネルギーを感じ、読者の方からの思いに対して愛しくてたまらない思いが沸く時があります。


本当に愛するエネルギーは喜びです。


それは愛のエクスタシーと呼ばれる愛のエネルギーだそうです。


宇宙や天上界では肉体のエクスタシーなどではなく、この思いのエネルギーで愛のエネルギーの交流を行います。


女性に対しても男性に対しても動物に対しても、物に対しても愛のエネルギー交流があります、

だから人数に制限もなく、誰とでも自由に愛を感じたり、愛の交流をしたり、愛の思いをやり取りしあえるのです。


人間は肉体的な愛、肉体の交流を男女愛だと思い込んでいるので、
やましいことに囚われて、異性を愛するという表現をすると、激しく世間から非難されたりしてしまうんですね。


今の私は、既婚の男性に対しても、親戚や身内の男性や友人の男性に対しても、たまたま出会った男性も、以前ご縁があった男性に対してもも、
いろんな異性の方々に愛の気持ちが溢れてくるのです。
女性に対してもそうです。


それが自然に沸き上がる気持ちなので、そこに罪悪感も、自分をおかしいと思う必要もないとハッキリ思います。


人を愛していけないなんてルール、常識はおかしい。


輝く人、魅力ある人だから好きになる、

それはナチュラルなことだと今思います。




         








現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体