ありがとうございます☆心から感謝します
本日は、長文記事を二つ更新しておりますので、
疲れないよう、ゆっくりとそれぞれのペースでお時間のある時にのんびりお読みください(^-^)。


それでは本題に入ります。

地球という星には、地球霊界と、私達が今肉体を持ち生きている物質の世界である現象界(地上世界、物質界とも呼ぶ)があります。

霊界が天、地上の現象界が地、であり、

地球は霊界と現象界(地上世界)の天地がワンセットであり、
天地で魂達が愛の学びをし、魂の霊格を高める修行をしています。

地球に住む魂の多くが、
霊界と現象界(地上世界)を輪廻転生して、
魂の霊格を、あるレベルまで高め、輪廻転生のある自己の完成に至る(涅槃といわれる境地、レベル)になるまで、
天地を行き来して修行しています。

自己の魂のレベルがある程度の完成に到達し、悟り、涅槃と言われる次元まで来ると、
地上世界(現象界)への転生は、頻度も減ります。

そして、地上世界に降りる理由が、自己の為だけではなく、主に地上への奉仕が目的となります。

現在の地上世界にも、沢山の高いレベルの霊格を持つ魂が、地上世界の救済の為に霊界から降りて来ています。


また、現代地上世界には、宇宙の他の星からも多くの魂が降臨しています。

中にはスターシード、スターピープルと呼ばれる魂やクリスタルチルドレン、レインボーチルドレンの魂も他の星からも来ています、彼らの目的は地球の地上世界の波動を先だって上げていく役割の魂であります。

宇宙からの魂は奉仕目的のタイプと、それ以外の理由に分かれます。


話がそれましたので戻します、
地球の霊界の中で最も高い九次元霊界におられる魂は、
人格を持つ大霊様の本体霊が主に10体いらっしゃいます。

その中には近代でも名が知られている方ですとかつてのキリスト様、お釈迦様、孔子様、モーゼ様、ニュートン様、などの魂の本体霊がおられる世界です。
(本体と分霊については難しいのでいつか説明出来たらと思います)

救世主界とも呼ばれております。


救世主界の神格を持つ大霊様方は、皆さま宇宙の他の星から地球に召集され、
地球の奉仕の為に日夜我々を見守り地球の地上世界の文明を起こしたり、築いておられる方々であります。


この九次元霊界から、かつてのキリスト様が地上世界に降臨された歴史がありますが、

その時、地上人類はまだキリスト様の語ることを理解できるレベルにありませんでした。

キリスト様の語ることを受け入れ、信じた方々はまだごくわずかであり、
多くの人間はキリスト様が自分が救世主であると言っても、信じることができず、結果キリスト様を人々は張り付けにしてしまいました。

地上の人類の霊的レベルが、キリスト様をまだ理解するレベルになかった為に、当時の人々はキリスト様に会ってもその人が救世主であるとは信じられませんでした。

弟子や、お母様のマリア様やエッセネ派のキリスト様を支えた方々などごく一部の人にしかキリスト様の存在が特別な使命を担う救世主であると理解出来なかったのです。


今の地上世界でも、わたくしの考えでは、まだ人類は九次元の魂のレベルには、多くの人間は気付けない、その存在を受け入れ祀ることが出来る人類は本当に少ないと感じています。

これは、天上界からわたくしが伝えられているお話しを元に書かせていただきますが、

現代の日本は、これからの地球の地上世界のリーダーシップを担う役割があること、
それは今回の今までの約3000年の文明が起きる前から天上界で決まっていたことでした。

そして、
実は現代の日本には、九次元の救済主界からも、九次元出身の魂が降臨していました。
お一人は既に亡くなられ帰天されました。

もう一方は現在も存命であります。

その方々の名をここで明かす時期ではないかもしれませんので、ここでは控えます。


かつてお釈迦様の魂であられた非常に霊格の高い魂も実は現在の日本に生まれていきているのです。

本来ならば、かつてお釈迦様の魂であられた方が日本を率いて世界に新たな波を起こし、改革する予定でした。


しかし、天上界の計画は思うようには進まず、魔の勢力に阻まれ、存命中の九次元出身者は地球救済の道をそれてしまった、と伺っております。

その為に予定は変更となり、
急遽もう一方最近、今の地上世界の日本に、九次元霊界から降臨されたのです。

その方はまだ若く、わたくし自身もその方の氏名や顔などは存じ上げておりません。

かつての孔子様の魂の分霊の方であると伺っております。


しかし、地上の日本の皆さまは、
そのような方に気づき、心から信頼し、ついて行けるでしょうか、

霊格の高い魂は、男性であれば今までの歴史では、皆さま宗教を興されたりしております、
現代の日本人は宗教離れしていて、いくら霊格の高い魂が事実を伝えても、
宗教ときくだけで毛嫌いし、聞く耳を持たない人々が多数です。

このような事態ですから、
かつてのキリスト様の時のように、

自分は救済主である、と宣言する人物が現れた時に、

日本人はその存在を信じることができるでしょうか。

私は多くの日本人はまだ気づけないであろうし、信じることのできる人々はキリスト様の時のように、ごくわずかしかいないように感じるのです。

救済主界の魂が日本に生まれて生きているのです、
しかしその存在が宗教を興されたりしたら、
人々は信じることができるか。

高次の魂のお方に気づくことができるか、

そして、そのような重要な役割を、その存在が魔の勢力に阻まれることなく遂行できるか、

わたくしのような存在も、九次元の魂の新たに降りてこられたお方の役割の何かしらの道標となり得るのであれば、
非常に尊い仕事であると感じます。

なぜか本日はこの事実を天上界から伝えるよう後押しされました。

これから、九次元からの分霊の方が日本の地上世界で活動を起こしはじめるのかもしれません。

その方がどなたかはまだ私にも分かりませんが、わたくしに出来る限りのことは、天上界から指示があればしたいと思います。


九次元霊界からの魂が降臨された時には、
八次元、七次元の魂達がサポートに周ったり、後ろだてしたり、

道を整えたり、広めたり、九次元の魂が役割を果たしやすいよう地上世界の地ならし的な役目を担います、

直接会ったり、接触したりしなくとも、世の中の人々に伝わりやすく様々な役割があるものです、
地上世界の日本という国にこれだけ多くの九次元霊界の魂、八次元霊界の魂が降臨している時代は文明末期にしかあり得ないことです。

文明末期には、宇宙からも沢山のサポートが入ります、
まさに、今は文明末期から新時代に変革したばかりの時期です、
すでに新時代に突入しています。


このサイトに、お集まりの皆さまは、
これから先の人生で大きな使命があることでしょう。

それは、これから各々が天上界とパイプが繋がり初めてから、
本格的に魂に伝えられてくるかもしれません。

お役目は、身魂相応に与えられて参ります。

まずは、ご自身の身魂を浄化し、波動を高める努力をなさって下さい。

あらゆる神々に祀るようにしてください。

神を祀ることは難しいことではありません、
神々に感謝し、神々をたてまつること、大切にすること、心の拠り所とすることです。


本日は長文の深い内容の記事になりました。

信じる信じないは皆さま次第です、私を疑われたり、離れていかれる方々もいると感じます、そのような時期のようです。


天地の皆さまに感謝し、
愛と光を送ります。

いつもありがとうございます。


          広光清蓮

写真広光清蓮 ニチニチソウ








現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲








現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体