ありがとうございます☆心から感謝します

いつもお読みいただきありがとうございます。


霊的な目覚めとともに、どんどんと「今」しか生きないようになってきました。


以前は過去を振り返ったり、思い出に浸ったり、過去を引きずったり、

はたまた将来に思いを馳せてああだこうだと不安になったり、夢見たり、

また、他人の心配にエネルギーを使ったり、

自分の『今』を意識するよりも、

他人のことや、

過去や、未来将来、ばかりに気(エネルギー)を割いてしまって、

肝心な目の前の『今』をあまり見ていませんでした。


しかし、霊的な目覚めが起きて、魂の意識覚醒が進むにつれて、

他人の心配事、過去、将来にエネルギーをほとんど使わないようになりました。


『今』に自分の魂、意識がちゃんとある。


そして、過去を映してある、写真を昔は良く見て過去を振り返ったり、懐かしがる事ありましたが、
今は全くなくなりました。


写真を見ると昔からなんだか感傷的なセンチメンタルな気分になり、あまり心地良いと感じないのでした。


この感傷的な気持ちは、どんな楽しかった写真でも、
写真を見るとマイナスな気分になります。


それは、過去にエネルギーを持っていかれてしまうからなのかもしれないと感じます。


大切なのは『今』なのに、

過去にエネルギーを費やすこと自体、あまり心地良い行動ではないのかもしれません。


それから写真を現像することも今はいつの間にか無くなりました。


撮ってSDカードなどに入っていれば、現像しても、ほとんど見ないし、現像代もかなりかかりますし、

この世を去る時に大量の写真が残されたら、子供達も保管するにも、処分するにも困るだろうと感じるので、


昔の写真もデジタル化して小さなメディアに保管して、
写真自体は処分して減らして行こうかと思っています。


写真よりも、目の前の現実をしっかりと心に記憶しておく方が大切に今では感じます。


写真やビデオに夢中で、
現実を楽しめないのは、もったいないような気がします。


心の記憶は、亡くなってからも、ずっと魂に刻まれています。


魂には、全てインプットされているので、
写真よりも、頭の中で思い出す事が人間は出来ます。


写真は、その時の気(エネルギー)を映して保管しておくもの。

どの写真でも過去の気(エネルギー)です。


画像を載せる際も、昔の写真を載せるよりも、撮りたての新鮮な画像の方がエネルギーが良いです。


私は、今は本当に毎日気分の切り替えが早く、
昨日のこと、数日前のこと、数週間前のことは
すっかり気持ちも、記憶もあまり残さずに、リセットされているようです。


一ヶ月前のことなど、すでにほとんど水に流れたかのように数年経ったかのように、

遠い昔の記憶のように忘れてしまいます。
(認知症やアルツハイマーなどとは違う意味で)


私の中で、過去は過去。


今が一番好きですし、今の自分が過去より良いと分かります。


過去のことは、今は気にしないです。


目の前の『今』を存分に味わいましょう。


私達は、今を生きています。



        








現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体