ありがとうございます☆心から感謝します

本日は沢山記事を更新しております、
時間のある時に引かれる記事を読んで下さい。


先程娘と息子と三人で、
なぜか導かれるように市内のあるゾーンに行きたいと感じ、
近くのコンビニでお昼を買い、ピクニックがてらドライブに行きました。


すると、ある池が気に止まり、そこで車を止めお昼ごはんを車内ですませました。


池には森林公園の看板があり、親子連れが一組ザリガニ釣りをしていました。

お昼を済ませ、森林の歩道を散策しにいきました。


市内にこんな森林公園があることは初めて知りました、行くのも初めて、しかし、人気が全くないように感じました。 

奥に階段があり、子供達と登っていくと、奥にアスレチックがありました。

人は誰もいません。 広々した森林の広場の中にアスレチック、心地の良い森です。


しかし、人は誰もいません。ゴールデンウィークなのに、本当に穴場的な森だと感じながら、
真っ先に目に入ったのが、

花束が森の2ヶ所に、木の根元に不自然に置かれていました。


ああ、ここは、そうゆうスポットだったのだ、と分かりました。

いわゆる自殺のスポットです。普通の方々は怖がり、いやがり足を踏み入れたくない場所なのです。


私は、ここに呼ばれた意味が分かりました。

なぜ、今日この森に導かれるように、来たのか。

その森には、精霊が沢山おり、木々も素晴らしい神聖な木々が多く、本来素晴らしい神聖な森です。

しかし、そこには、未浄化の霊魂が沢山おりました。


私はその森に光の柱を立て、未浄仏の霊魂の浄化の役目を与えられたようでしたので、
できる限りのことをして参りました。

 
私の立ててきた光の柱の中に、自殺されさ迷いその森にずっといる霊魂達が入っていき、
霊界の世界へ行かれるよう、導くのです。

自殺された霊魂には男性ばかりでした。

私自身女性ですので、それも何か導かれた意味があるのだと感じました。


自殺は絶対にいけません。


何も楽にはなりません。
死んで楽になるという考えは大間違いです。


そして、亡くなられた人がいる場所に、よく供養として花束を置いてあるのを目にしますが、
本当のことを申し上げますと、花束を置くのは出来るだけ、さけて頂きたいのです。


花束が置いてあると、多くの人間はそのスポットを嫌がり、怖れます。


そのスポットにより、悪い想念が集まり、そこで亡くなられた霊魂がより天に帰れなくなり、地縛霊となってしまいます。


お供えするならば、線香をそこで燃やし、持ち帰るようにして頂くのがおすすめです。

物を置き残すことはあまりよくない、
供養というならば、その場所を掃除して浄化した方が良いです。


水を使い洗う、塩をまく、線香を燃やす、燃えかすは持ち帰る。

それが一番良いように思います。


あの森に光の柱が立ったことで、
あの地域の波動は上がり、これから先には、
あの森にはもっと人が訪れ、明るくなり、自殺のスポットではなくなるでしょう。


本来、人に話す必要のない私の行動です。


次に場所の浄化をする時はお話しするのは控えますが、
今回は皆さまに、そのような方法で浄化していることや、
場所に花束を備えたりすることについて、お伝えしたいことがありましたので、記事にいたしました。


早く多くの人、霊、魂が、浄化され、
アセンションしていきますことを、日々祈りながら生きております。

いつもありがとうございます☆。

           
写真広光清蓮 この写真は今日の森ではありません。








現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック