私の感覚


自分がクリスタルチルドレンという存在の一人だと認識した理由は様々あります。


クリスタルチルドレンなんていないと言われてしまえば、
私の感覚や存在自体も否定されてしまいますが、
自分の感覚がこれだったんだ、と分かったことで、私は明らかにプラスになりました。


クリスタルチルドレンの特徴などを載せているサイトもありますね、
それらを見ても当てはまる事も多くありました。

(クリスタルチルドレンは自閉症や他の障害と認識されやすい、言語を話すのが遅いなどの情報を見かけますが、私はそれは当てはまりません。)


私は、イメージ世界を楽しんだり、
霊体を他の場所に異動させたり、肉体ではない霊体を使った感覚を使うことや、
恐らく地上の人達に話をしても、理解されないこともしているです。


例えば、画像やイメージで美味しいケーキを見たり思い描いて食べている自分をイメージする方が、
実際の肉体で食べている時よりも、楽しかったり。


肉体でドレスを着るよりも、
イメージして霊体に素敵なドレスをまとう方が幸せを強く感じられたりするし、

お金もエネルギーも使わないので、
イメージでいくらでも楽しめます。


昔からイメージングの世界の方が幸せだし、楽しい事を知っていました。
無限にイメージは広がり、豊かで、尽きることがない。


私は子供の頃から、おもちゃはあまり必要なく、ボーッと意識をイメージ世界に向けて、
現実よりも、霊体を使った感覚世界にいることを好む人間です。


社会人になっても、仕事中暇な時は意識体(霊体)が違う所などに行ってしまっていて、よくボーッとしている、意識がぶっ飛んでる、変わった子と言われました。


分かりにくいはずです、普通の感覚と違うのでしょう。


子供だった私は、妖精、天使、女神様、オーブ、精霊、そんな存在がいる世界を信じて疑いませんでした、

(今息子も同じような事を言います、急に指差してオーブオーブと言ったり、肉眼で見えない動物が見えるなど)

そして、通学中、一人になると遊歩道に咲く花や木に話かけながら、そこに感じる妖精や精霊と毎日心の会話(テレパシー)をしていて、
その時間が私の癒しの時間で、本当に幸せな時間でした。


家の庭にも沢山の植物があり、本当に植物に触れあう時間や家の周りにあった田んぼや林や野原などの自然の中を探検すること、そこに感じる精霊や自然のエネルギーが私を癒してくれていました。


天使のモチーフや星座の占いや、おまじない、神話や、神話の神様や女神様、天使、妖精の話や絵なども大好きでした。


人の心を感じる為に、誰は自分を好きかすぐわかるとか、あの人は自分と仲良くするつもりはないな、とか友達を作るのも、

クラスメイトの心の中を読めたので、自分に好意を持っている子と親友になっていくタイプでした。


先生達は本当に分かりやすかったんです、クラスメイトの中で誰を気にいってて、自分を先生が好きか何とも思ってないか、わかる。


だから、自分を何とも思ってくれない先生には全くこちらもなつかない、しかし、自分を、可愛がってくれる先生は大好きでした。
 

そうした、感覚は特別なものだとも何とも思っていませんでした、
やたらと大人の隠していることも感じて分かりました。

父親や母親の、本音や内心が浮き彫りに分かってしまうことが良くあります。


妹の誰にも話していない秘密を私が感じて知っていたり、
大人になってから、あのときそんな事あったでしょうというと、なんで分かるの?誰にも話したことないのに、、。
とかそんな事もあります。


こんな事を人に話してしまうと、誰も怖くなるようです、
みんな知られたくない秘密や心を持っているから、
これは言わない方が良いというのも、分かる。

だから、自分の感覚をほとんど人に明かさない、
そうやって生きていました。


そして、非常に胃のチャクラ、心臓のチャクラ、から上のチャクラが敏感でした。


暴力シーンや、過激な表現、出産や事故などの人の痛ましいシーン、怒られたりいじめられたりするシーン、戦争もの、ホラー、サスペンス、
全て私はダメです。

本当に心身共にダメージを受けてしまいます。

見たり、ちかくで流れているだけで、胃が痛くなったり、胸がバクバクしたり、痛んだり、頭が痛くなったり、体が苦しくなります。

その情報を知っただけで、ダメージを受けてトラウマになることもあります、
残虐なものなど知る、聞く、情報が体に入るだけで本当に辛いです。


そして、そんな私を、大袈裟とも思われ易いことも、伝わって知ってしまう。


そして、大人になった今でも、他人は私を、妄想、作り話、勘違い、妄想と現実が区別出来ていない、幻聴、幻覚、おかしいことを言う人、嘘つき、
と感じ易いことも伝わっています。


自分でも、それが真実なのか、違うのか、毎回判断なんてできない、
自分はなにせ、そう感じているから、そのまま表現しているだけ。


そこに自分の嘘をいれようとか、人を騙そうとかそんな肉体的な意識は通していない。


感じるままに、ブログでは表現してしまったりしている、それを世間や周りが理解してくれなかったり、妄想や嘘と言われてしまうのも、仕方ない。


私は表現できる場所がなかったから、そんなことを明らかに言える人も少なかったし、理解してくれる人も家族しかいなかったから、

やっと、私は自由にここで自分の感覚を開示して話せる。


その場所がここ。このブログ。


自分をもっと、抑えることなく自由に表現して行きたい。
           













現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

Track Back

TB URL

HOME

プロフィールprofile

Meary Florence

Author:Meary Florence
メアリーフローレンス 日本女性 1980年生まれ 2児の母

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

2013年に臨死体験をしてから、私の人生は大きく変わり出しました、世界の為に世の中の一切の生命の為に私をお使いくださいと神様にお伝えしてから、守護神様からブログを始めるよう伝えられ、
2015年からクリスタルチルドレンブログを書いておりました。(旧ブログはもう閲覧出来なくなってしまいました、現在は第ニ章光の道です)いつもご愛読くださいます皆様に感謝を込めて。
Name :Meary florence
Female
Message *Welcome to my blog 💗Thank-you for all .

カテゴリcategory

新しい記事new entry

月別アーカイブarchive

検索フォーム