ありがとうございます☆心から感謝します

自分の事だけでいっぱいいっぱいの時には、
他人の事など気が回らなくなる


自分が幸せでない時、満たされない状態の時は、
他人の幸せなど祈れない


自分や自分の周りに気(エネルギー)をとられているときには、
人は世界の事など気にもとめなくなる


世界の事や地球のことに気が回る状態に至る時は、
自分も満たされて、エネルギーも満ち足りた時である


自分のことにいっぱいいっぱいな時は最もバロメーターが下がっている


自分の周りのことプラス日常生活にいっぱいな時はバロメーターは
真ん中よりも低い状態である


自分の事も他人のことも考えられる時、バロメーターは真ん中より上がっていく


自分のことも、他人のことも、世界のことも、地球のことも考えられる時、
バロメーターは高い位置をしめす。


波動が高い状態の人というのは、
自分の事だけを考えていきている人ではない。


より多くの人々や命のことまで考えられる状態の時、
その人間は、波動が高い状態と言える。


幽界にいる霊たちは自分のことしか考えられない。それを四次元意識という。


地上世界に生きている人間も、
今現在、多くの人間が、やはり自分のことしか考えられない人々が多い。

つまり五次元未満の意識状態で生きている状態である。


自分以外を考えられたとしても、家族のことくらいまでしか考えられない人々が多くなりつつある。


自分のこと、自分の生活、自分の家庭の生活がいっぱいいっぱいの状態のままで一生を終える。

そのような人々のいる世界は五次元波動の世界ではない。


五次元以上の波動状態の人は
周りの人達や世界の事も考えられるだけの気が回る状態の人である。


同じ一人の人間でもバイオリズムによって、波動は変化している。


自分のことでいっぱいな時もあれば、

周りや世界のことを考える時もある。


自分の今ある気(エネルギー)の量とも密接に関連していると思う。


エネルギーの量が満たされ余裕があるときには、
それを周りのことにエネルギーを分ける余裕があるけれど、

エネルギーがかつかつな枯渇寸前の状態の時には自分を維持することで精一杯になる。


そうなった時に、他人のエネルギーを吸いとる人もいる、
それをエナジーバンパイヤという。


溢れるほどのエネルギーを持ち、分けられるほどの余裕あるほどのエネルギーは、神から与えられる。


神とパイプが太く繋がっている人ほど、神からエネルギーを沢山頂ける。


私自身もバイオリズムが最も下がった時には、自分のことでいっぱいになる。


思考が狭くなり、周りに気が使えなくなるし、使いたくなくなる。


そんな時は心身にエネルギーを補給できるように、休息を入れたり、ゆったりと過ごすことにする。


私も今、少しゆったりと過ごすことにします。


皆様、いつもありがとうございます☆。

          









現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック