ありがとうございます☆心から感謝します

1私の臨死体験談の続きになります。
1私の臨死体験と霊界見学談の記事はこちら 


地球のかなり上空に引き上げられ、
止まり、下を見下ろし、
凄く高いところまで来たな~、

と思った直後に、目の前には、

美しい、世界が広がっていました。


私の周りには色とりどりの花が咲き乱れる、美しい花畑が広がっており、

水色、ピンク、赤、オレンジ、紫、白、色も種類も形も様々な花があり、
どれも地上で見るよりも輝きや色が美しいものでした。


その周りには色とりどりの美しい蝶達がヒラヒラと舞い、

カラフルな様々な色の可愛い鳥達が美しい鳴き声で音色を奏でながら、羽ばたいていて、白い鳩達は華麗に空を舞っていました。


また、見たこともない白い美しいユニコーンが花畑の中にいました。


遠くにはアルプス山脈のような山があり、

花畑の奥には美しい湖が見え、噴水がプリズムをえがき、噴水に虹が見えます。


また、近くの山からは、滝が山頂から華厳の滝のように湖に注ぎ出していました。

空は明るくまばゆい光が照らし、

上空には大きな虹がかかっていました。


暖かく、なんて美しくて、素晴らしい所なんだろう、

と喜びが溢れて仕方ありませんでした。

すると、湖の奥に太陽のように眩しい大きな光が現れ、

真ん中に、白い服を着た、眩しすぎて直視出来ない存在が現れました。


よーく目を凝らすと、

この世で見たこともない端整な、完璧に整った白人の、男性にも女性ともとれる顔つきで、白っぽいブロンドのふわふわとした肩よりやや長めの髪で、

白い髭を生やしたお方が壮大な光を発しながら佇んでいました。


私は、真っ先に、神様だ。

と思いました。


髭を生やしていたので、男性だと感じました。

なんと美しく、穏やかな表情。


年齢は30代くらいに見える外見で、

とにかくこんな美しい存在、美しい顔は見たこともないと思ったのでした。


今になってみると、この方は、神(根源神)ではなく、超高次元の神霊様だと分かります。


キリスト様だったのではないか、と感じますが、太陽神様などかもしれません。


(私はキリスト教徒ではなく、どちらかといえば仏教徒よりの家庭で育ちましたので、神のイメージは白い服のお爺さんというくらいにしか想像していませんでした。)


そして、
この時、この美しい神(霊)様に話をされました。


この神霊様に「地上はどうでしたか?」というニュアンスの事を伝えられました。


私は、この時に、何を伝えたか、

あまり覚えていません、とにかく夢中で沢山の事を話したように思います。


その後、この神霊様に、「そうでしたか、
この世界を色々と見ていきなさい。」
と言われました。


私は、言われるままにこの神霊様に導かれ、一緒について行きました。


続く

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック