ありがとうございます☆心から感謝します

この記事はメモとして記述しておきたいことを書いております。

今日こちらの動画↓
地球→太陽系→銀河系→宇宙の果て 
と宇宙図鑑を子供たちと見ながらの会話


5歳息子、宇宙の動画を見ながら


「ぼくずっと○ちゃん(娘)を探してたんだよ。どこにも居なかったんだ。」


「木星も行った、土星も行ったけど、
どこにもいなくて。

○ちゃん、どこにいたの?

ぼく○ちゃんがどこにもいないから泣いちゃったんだよ、

そして神様にお願いした。

そしたら、神様が、それじゃあ合わせてあげるって言ったの。

そして、この地球にいくことにしたの。」


この話は、前にも息子が話した事があり、

それから、息子と娘の深い縁に気づかされ、知りました。

「○ちゃん(妹)にずっとあいたかったんだよ、

○ちゃんに会うために生まれてきたの、

本当に○ちゃんに会えてよかったよ。」


私「じゃあ、宇宙で○ちゃんに会ったことなかったの?」


息子「なかったんだよ、

だから探してたんだよ。

(宇宙図鑑の中のエッグ星雲というマイナーな名前の写真を指さして)

ぼく、ここにもいたことあるよ。 」と言う。

私自身も始めて聞いたような青い星雲。


どうやら、息子の発言が確かならば、

息子は、やはり様々な星の記憶をまだ、顕在しており、

娘と今世でこの地球で再会を果たして、

地球でのミッションを果たす人生の目的を神に約束してきているのでしょう。


インディゴチルドレンやクリスタルチルドレンやレインボーチルドレンの子供たちは、

顕在意識にもはっきり使命や宇宙や天の記憶が残っている子供もいるでしょう。


お子様方に宇宙の動画や写真を見せながら、親子で宇宙に思いを馳せるひとときを持つのも、

親子共にアセンション(自身の魂の波動上昇)に良い影響を与えてくれることでしょう。


いつもありがとうございます(^-^)/





関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック