ありがとうございます☆心から感謝します

本日二度目の更新になります。

このサイトを新たに立ち上げる際に、
天の(ハイヤー)の存在に特に念を押して言われたのが、

言葉使い、言霊の重要性でした。


さて、本題に入ります。


相手に何かしてほしいとき、その事をやる方に向かってほしいと願い伝える時に、
言葉使い(言霊)によって、

受ける人の行動、感じ方は全く変わってしまいます、

それだけ言葉は絶大な影響を及ぼします。


自分がお店の店員さんに、商品のミス等があって、その事を伝えたときに

店員さんが、
①えっ、そうだったの?
②すみませんね!
③すみませんでした。
④申し訳ありませんでした。
⑤この度は誠に申し訳ございませんでした。

とこのような言葉それぞれを言われた時の感じ方は全く違うと思います。


本当に言葉使いとは、時に人を怒りに向かわせ、時に人を穏やかに仏のようにもさせるのです。

たとえば、ある本をおすすめしたいときに、

どうゆう言葉使いがあるでしょう。

波動の清らかな順に書きます。

①○を気がお向きになりましたら一度お読みになられてはいかがでしょうか。

②○を一度お読みになられてはいかがでしょうか。

③○を是非読まれて見てはいかがでしょうか。

④○を是非読んで見てはいかがでしょうか。

⑤○を是非読んで見てください。

⑥○を読んで見てください。

⑦○を読んでください。

⑧○を是非読んで見て。

⑨○を読んで見て。

⑩○を読んで。

⑪○を読め。

⑫○を絶対に読め。

⑬○を読めよ! または、○を読んでおけよ。

⑭おまえら○を読まないと承知しねーぞ


下の言葉使いを書いたり見ているだけで、クラクラして参りました、

皆様影響を及ぼしてしまい、申し訳ございません!(^_^;)


このように、一つ何かを勧めたい、やってほしいとき、

言葉使い一つで、

全く人のハートは閉じてしまうのです。

本当に言葉は、大切です。

人のハートに響く言葉を使いたいものですね
(*^▽^*)

           










現在の閲覧者数:


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック