千差万別の情報から自分が何を好むか

関東はすっかり春めいて来ました*

梅も咲き、菜の花もチラホラ咲き始め、チューリップも芽が伸び始め、すぐそこには春が来ていますね(*^▽^*)

みなさまは、数多くの千差万別の情報や出来事から、
自分が選んでそこにフォーカス(視点を合わせ)して、
それを信じて、自分の価値観や思考を作り出しています。

一つの情報に対する、意見も、様々です。

ニュースで例えばAという話題が報道された時、
それを批判的に見る人もいれば、同情して見る人もいます、中立に捉える人もいれば、全く興味を持たない人もいます、

このように情報に対する捉え方は一つではなく、バラバラなのです。

スピリチュアル的な情報も、千差万別にあり、語られております。

そのどれを選んで信じていくかは、自分自身の選択に任されております。

ですから、この情報が正しくて、これは間違いともいいきれないのです、

ある人は、こちらの情報を正しいと信じ、

ある人は、別の情報を選ぶ、

それは、自由であり、何者も、本人が選ぶものに対して、介入できないでしょう。

無理に本人が選びたいと思うものを、あなたそれは間違ってるからこちらを選んでください!と他人が選択をねじ曲げさせたりすれば、
その反動が必ずどこかで現れ、本人が自分の意思で選べなかったストレスが生じます。
 
本人の選択に他人は介入しては無理が生じるのですね。

さて、ではみなさんはどんな基準で、情報を選んでいるでしょうか。

ちまたに溢れる沢山の情報の中から、

皆さんは日々選択して自分に取り入れています。

その中で、一番大きなポイントは、

自分が何を好むか? であると思います。

自分の中で好まない情報は、無意識に排除しています、反発を覚えたり、聞き入れないようにしたり、聞いても流したり、あまり焦点を合わせないでしょう。

つまり、自分が望んでいない情報は、

選びたがらないのです。

自分が嫌だと思うことは、
信じたくない、受け入れたくないでしょうし、
今の自分が、興味のない情報、知りたい、フォーカスしたいと思わない情報は、なかなか頭に入っていかないことでしょう。


自分の望んでいる情報はどんどん吸収できても、
自らが望んでいない情報は、自分に取り入れていかない、

そうして、みなさまの思考は作り上げられています。

ですので、自分が違和感や反発を覚える情報は、選択できないというところが在るでしょう。

結局は自分が周りの様々なものを自分で選択しながら、自分の世界観、信条を人は、作っておりますので、

人を強制的に導くなどと、いうことは誰にもできないでしょう。

人が、あっ、この考え方、情報は、好きだなと思うような情報が受け入れられ、

信じられ、取り入れられていくのかもしれませんね(^-^)。

一つの音楽や曲だって、今の自分に必要ではないものは、全く響かないはずです。
響かないものを、いくら、響いて感動してくださいといっても、無理がありますよね(^^)

このサイトで紹介している曲や動画やリンクも、今必要のない方には、全く響かないはずです。それが、自然です。 

無理は不自然です、ナチュラルに、心が求めるものこと、情報をあなたに取り入れていけば、良いと思います。


何を選ぶも全てあなた次第*

情報も、何が正しいと感じるかも、全て一人一人の自由です。

自分の好きなものを選択しながら、よりみなさまが幸せに愛に包まれ素敵な世界を自分で作っていかれますことを願っております。

いつもありがとうございます(^-^)/

            広光清蓮
写真広光清蓮 カーネーションガーベラのトリプル








現在の閲覧者数:

拍手コメントをお寄せくださいました、スー様、キララ様、ありがとうございます*。゜
みなさまが益々の喜びと愛ある世界に進まれますことをお祈りしております(^-^)
コメント誠にありがとうございました!


関連記事
スポンサーサイト

Track Back

TB URL

HOME

プロフィールprofile

Author:Meary Florence
メアリーフローレンス 日本女性 1980年生まれ 2児の母

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

2013年に臨死体験をしてから、私の人生は大きく変わり出しました、世界の為に世の中の一切の生命の為に私をお使いくださいと神様にお伝えしてから、守護神様からブログを始めるよう伝えられ、
2015年からクリスタルチルドレンブログを書いておりました。(旧ブログはもう閲覧出来なくなってしまいました、現在は第ニ章光の道です)いつもご愛読くださいます皆様に感謝を込めて。
Name :Meary florence
Female
Message *Welcome to my blog 💗Thank-you for all .

カテゴリcategory

新しい記事new entry

月別アーカイブarchive

検索フォーム