ありがとうございます☆心から感謝します

皆さんの周りには

存在自体が嬉しい いてくれるだけで癒される 
暖かい気持ちになる

ほっと出来る 魂が喜ぶ体験をされたことがおありかと思います。


沢山人々がいるなかで、

あの人なんかいいな、あの人がリーダーだと安心するな、とか、
あの人と仲良くなりたいな、とか、

思うような輝いているような、柔さや、喜びを感じられる方を

大勢の中で、
見受けられることもおありかと思います。


魂が喜ぶ存在。


それは、インターネット世界やスピリチュアル界にも、多々あることであるでしょう。


私自身も、霊的に目覚めてから、

何も分からない状態から、様々なライトワーカーの方々の発信されているサイトに出会う事で、

魂がワクワクし、喜ぶ体験をしました、

そのような先に目覚め、発信してくださる先達のライトワーカーさん達の存在や、

言葉や、情熱や愛を感じられるもの、様々なライトワーカーさん方が努力して書かれた文章、

情熱を込めて書き残された数々の言葉に、

どれほど救われ、魂が嬉しく感じ、その存在がいてくれることに安心したか、
思い出しておりました。


先達のライトワーカーさん方が、誰も何も残したり、発信してくださっていなければ、

今の私はいなかったと思います。


本当に、霊の存在や、霊界、宇宙、霊言、魂、スピリチュアル、チャネリング、神秘体験、

そのような、
今までの世界で、あまり理解されないような、オカルトや怪しい、おかしいと思われてしまうような、
様々な感覚を持ち、霊的な体験をした私にとっては、

スピリチュアル界の先達のライトワーカーさんが、
いてくれたこと、

それは、本当に嬉しいことで、

頑張っていたり、発信してくださるライトワーカーさんが存在している、

この地上に共に今生きていてくれることが、自分は一人じゃない、私だけじゃない、と思え、

本当に安心できる心の拠り所であります。


身の周りにも、素敵な人、癒される人、安心できる人など、
輝いて見える素敵な人が中にはおりますが、

その方々が、スピリチュアルな話が通じるのか、興味があるのか、同じような感覚が理解されるのか、分からない状態で

そのようなことまでは、踏み込めないことも多くございます。



そんな中で、

やはり、先に目覚めたライトワーカーさんが、存在を証明し、発信してくださることは、とても重要なことであるように、自身の体験からも、感じます。



これから目覚めて来る方々も、ぞくぞくと現れて来るでしょう。


それぞれの方々が、自分に最も必要なところへ、自分に合うところへ、導かれながら、
各々に適した環境で、学ばれて行くのですね。


皆様も、様々なライトワーカーさんに繋がることで、魂の安定を保たれておられる方も多くいらっしゃることでしょう、

それは私自身も同じです、発信されている方がいてくれることが、安心にも繋がっております。


何年間も発信され続けていらっしゃる方々には、頭が下がります、

よほどの情熱や愛などがなければ、
持続することは中々難しいことと思います。


このサイトも、まだまだ日も浅く、未熟な点も、多々ございますが、

それでも、訪れてくださる方がいてくださることが、
わたくしとしましても、ありがたく、

皆様には感謝致します。



いつもお集まりいただき、ありがとうございます!        
       








現在の閲覧者数:

アンケートに回答下さいました、まろん様、
拍手コメントをくださいました、ちょう様、ありがとうございます(^-^)。
まろん様のお言葉を嬉しく受け止めました、光栄です、ありがとうございました*
ちょう様、昨日の日々の反省の際に昨日の書いた記事に自慢に感じとられてしまいかねない内容も含まれていたように感じましたので、外す事に致しました、ちょう様のコメントにはなんら問題は御座いませんのでお気になさらないでくださいね、ありがとうございました*(^^)。広光清蓮
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲








現在の閲覧者数:

アンケートに回答下さいました、まろん様、
拍手コメントをくださいました、ちょう様、ありがとうございます(^-^)。
まろん様のお言葉を嬉しく受け止めました、光栄です、ありがとうございました*
ちょう様、昨日の日々の反省の際に昨日の書いた記事に自慢に感じとられてしまいかねない内容も含まれていたように感じましたので、外す事に致しました、ちょう様のコメントにはなんら問題は御座いませんのでお気になさらないでくださいね、ありがとうございました*(^^)。広光清蓮
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック