ありがとうございます☆心から感謝します
本日は、愛しい動物達についてのお話しを致します。


動物には、動物の霊世界があります、
人間の霊世界とは、階層など内部の状況は異なりますが、動物界には、動物界の中にも、高次元から低次元まで存在します。


高次の波動の動物達は、高次の世界にも存在を許され、
高級神霊や、高次の霊世界にも、存在し、皆から愛され、霊人の癒しや喜びとしても存在しています。

特に人間が美しいと感じたり、可愛いと感じる動物霊達は、高次元の動物霊として天使や高次の霊と共にいます。

動物霊世界を管理する天使もおります。

獰猛な動物霊達は、動物界の中でも低い次元にて管理されております。

動物界の中では、人間の近くに生きるペットや、人間に愛された動物達は、より魂の次元を高められます。

動物には、痛みがない、意識がない、知能がない、個の意識がないとお考えの方もおられるかもしれませんね。

確かに我々の髪の毛や爪のように痛みを感じない箇所も動物によってありますが、
血が流れる、細胞である筋肉や肉体を射たれたり、叩かれたり切られて、苦しまない動物がいるでしょうか。

また、動物を飼ったり、動物界をしっかりと観察してみると、ハッキリと個体の意識があることは分かります。


動物園の猿達もそれぞれの個性があり、意識があるからこそ、内部争いや、恋愛や、仲間意識や仲間外れやよそ者に威嚇したりと、
動物達も、日々、様々な感情を持ち、穏やかな感情の時もあれば、
争いの感情の時も、不安も感じたり、子供や家族や仲間への愛も抱きます。

ペットを飼われていれば、動物にも、気持ちがあり、嬉しい時、何か求めている時、恐れているとき、などなどそれを態度やテレパシーや、鳴き声でちゃんと、伝えていることが、自覚出来るはずです。

動物達は、亡くなってからは、同じ種類の動物の中のグループソウルの集合意識に戻ります。

動物界の中でも、例えば、犬の中の何の種類、色、美しさなどによっても、格が詳細に言えばあります。


 動物達にも、造顔の美、醜もあります、同じ野良猫などでも、一匹一匹顔に現れています、より波動の高い猫は、人々からも可愛がられ愛も受けやすいですが、その猫の魂の波動が低い場合は、人が見ても嫌な感じを受けやすいです。 

人も近寄りたいと思わない為、仲間や人々からうける愛も魂の次元に応じた量しか受けられません。その為に性格にも反映されていきます。
動物にもそれぞれのカルマや学びがあります。


そんな、仲間からいじめられたり、人から愛されず捨てられた動物も、人間が愛をかけてあげることで、愛を得て高い次元に魂を高められます。


人間だけが、魂を持ち、魂の次元があると思ってはなりませんね、
植物界にも、次元の差があり、植物の中にも、高次元から低次元まで階層があります。

動物界にもあります。

動物も、植物も輪廻転生しています。
人間だけが神の子ではありません、
鉱物、植物、動物達も皆私達と同じ神の子として懸命に魂を磨いております。

動物にも、愛も慈悲もあり、人間と同じように神性もあります、
ただ、動物達も魂の波動の高い動物は、人に愛を発したり、仲間を愛したりできますが、
人間と同じで、波動の低い魂の動物は、自分のことしか感じられず、他を愛する心も少ないものです。

人間も、動物も、そのような点では同じではないでしょうか。

ペットの動物などは魂の波動が高いですから、飼い主を沢山の愛で守ったり、癒してくれます。

警察犬や介助犬などは非常に高い動物界の霊格の持ち主です。
動物達も魂の次元が高い動物は、使命を与えられて地上世界に生まれます。


また、飼っていたペットや自分が愛した動物は、
私達が亡くなり、霊世界に戻る際には、再会するために、お迎えに来てくれますので、
死後、皆様の好きなだけ、愛した動物達と一緒にいられますので、
御安心下さい。

動物を愛する心、植物を愛する心、鉱物(パワーストーン達も含む)を愛する心は、
大切になさってくださいね。

わたしは、石達も、植物達も、動物達も、可愛い愛する存在なのです。

鉱物達も、植物達も動物達も、使命や、意識がちゃんとあるのです。

自分の元に縁があって、やって来ているのです。

意識を向けてあげたり、声をかけてあげたり、磨いてあげたり、世話をすれば、喜んでいるのですよ。

人間が大切にして、愛をかけてあげれば、鉱物達も、植物達も動物達も、愛(光、神性)の量が増し、魂の次元を高められるので、喜びに満ちるのです。

           
写真 広光清蓮
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック