FC2ブログ

受け入れる

2021030719543429a.jpeg



 いつもお読みいただきありがとうございます。

 3月に入りいかがお過ごしですか?

 今年の3月は、自分との向き合いが本腰に入る月です。


 そして、そんな今、テーマとなっているのが

『受け入れる』ということです。


・現実を受け入れる

・自分の嫌な部分も、出来ない自分も、今までは自分のこんなところが嫌だ、嫌いだ、ダメだと思っていた部分も受け入れる

・相手のここがダメ、あれが良くない、それは直したほうがいい、なんでこうなの? なんでわかってくれないの? 相手が変わらないということも
相手をそのまま受け入れる

家族、子供、パートナー、上司、仕事で関わる人、友人、知人、近所の方々、ママ友、親戚 などなど

自分、他人を含めた
人間に対して

・どうしてうちはこんなにお金がないの? うちが狭い うるさい 不便 汚い 古い こんな環境嫌だ など

環境に対して

・どうして政府は・・・ なんでこんな時代に・・・
コロナが・・ 経済が・・ 県は・・ など

社会に対して


私たち人間は、自分にとって嫌な物事、不快な状態、不都合な面に対して

良い悪い、好き嫌い、OKダメ、善悪、光闇、など
あれこれ
ジャッジしてしまいがちです。


 なんで?何故なの? (理解できない、よくない、ダメ、受け入れられない等)
と相手を責める意識、自分を責める意識、パートナーを責める意識、
子供に対して、親に対して、職場の誰かに対して、

抱いていませんか?


 その思い、意識が

自分の世界を狭めていたり、可能性を遮っていたり、

周りの人の可能性を封じ込めていたり、否定していたり、

摩擦を生み出していたりして、

あなたを幸せから遠ざけています。



 私自身のことで言えば、私は自分の『声』が

子供の頃からとても嫌いでした。コンプレックスの一つでもありました。

 その理由がどこからきているのかは今は分かるのですが、

たとえ声に関して褒めてくれる人がいたとしても、昔からいつも自分が自分の「声」を否定していました。


 私にとっては、自己否定の極みだった自分の声を受け入れるということは、大きな関門でした。

 それ以外にもかつて私も様々なコンプレックスや恐れや自己否定がありました。
 それらをどんどんと自分で一つ一つ受け入れ、癒し、意識を変えてきました。

 他人に対して、パートナーに対して、子供に対して、家族に対して、
環境に関しては、ある程度、ありのままを受容できるようになっている方でも

本当に最後は「自分自身との向き合い」が最大の砦になります。


 実は、自分を一番否定したり、責めたり、苦しめていたのは

「自分自身」であったということに気づくことでしょう。


 できない、自分なんて、自分のここは嫌い、出せない、出したくない、
だめ、良くない、こんな自分では・・、最悪な自分、なんて自分は・・
今の自分では無理、恥をかく、失敗する

そう言った自分を責める意識、自分を否定する意識、自分を低く見ている自分、自分を嫌っている意識、ダメだと思っている意識

このような意識が、外側の世界に現象化して

現実で実際にダメだと感じる自分を体験してしまう。

 他人から責められる、ダメ出しされるなど、自分の世界に現れてきてしまう。


 どんな自分も受け入れられる人間になると、他人も、周りも受け入れられるようになって、摩擦が起きにくくなり、調和した現実が創造されます。


 今は自分の否定している部分や、誰かを否定している自分のジャッジの意識と向き合うように、宇宙の流れがきている方が多いはずです。


 今まで、嫌いだった部分、人、ものごと、に向き合わされる時

それは、受け入れ、乗り越え、意識を変えなさいという

大いなる宇宙の促しです。


 皆様の幸せを祈っております。



  未央広子(愛理)




新書「理想の私になるために」販売開始しました
⬇︎
新書「理想の私になるために」ご案内購入はこちら

〜未央広子新書「理想の私になるために」〜電子書籍版 販売開始致しました☆出版 puboo/デザインエッグ株式会社👉pubooで購入する 紙版書籍は2021年3月15日発売予定☆ 出版 ムゲンブックス/


Angelic Cosmos エンジェリックコスモス 未央広子公式サイト


Angelic Cosmos 企業HP









関連記事
スポンサーサイト