ありがとうございます☆心から感謝します

食事についてのお話しシリーズの続きになります。


私達の口に入れる食事には、
食物を育てる為の飼料、肥料、水、土地や環境、土、日光、農薬、

また育て方、動植物を育てた人や扱った人、食品を作った人、売った人や運んだ人、調理した人や会社などの様々な影響が入っております。


昨日の天界風水【食】のシリーズ1の霊的波動の高い食物をとることを書いた記事に
波動が高い食物が動物性ではなく植物性の食物であると載せました。


では、植物性の食物を選ぶ際のポイントなどをお伝え致します。


私自身がこの食生活を完全に送れているわけではありません、笑

あくまで参考に載せています。



1、まず出来る限り国産の食物を選ぶようになさって下さい。

産地は非常に重要です、土地には波動があります、自身の生まれた土地の食物が一番本来は波動が自分に合っております、

また、今住んでいる土地も今の自分と波動が合っておりますので、
我々日本人でしたら、日本で採れた食物を食べる。

さらに言うならば、
自分の出身地または、今の居住地の近くで採れた食物ならば、より良いです。

地産地消が一番と言われるのは、理に叶っています。


2、露地栽培のもの、無農薬、有機肥料の有機栽培の植物がより高波動です。

露地栽培で採れた植物は旬そのものです、ハウスなどのものよりもより自然であり、さらにしっかりと大地の土と、太陽の光を浴びて育った植物は自然エネルギーに満ちています。

また、農薬は使ってないものが良い事は皆様魂が感じているでしょう。

肥料についても、化学肥料よりも有機肥料を使って育てた物の方がより自然で身体にも良いのも、
なんとなく感じられていることだと思いますが、それは魂からの有機栽培がいいよというサインです。


3、人工操作や人工的に作ったものは選ばない

植物は、大地の土から採れたもの、土で作られたものを使うことが大切です。

水耕栽培やハウス栽培、室内栽培やハイドロ栽培など様々な栽培方法が生まれていますが、より自然に作られたものの方がエネルギーはもちろん高いのです。

近くの畑で採れた植物など最高に良いです、まして自分で栽培すれば尚更ですね。

また、遺伝子組み替えや、遺伝子操作して作られた植物よりも、原種のものの方がエネルギーは高いです。

最近は果実でも種無しなどがありますが、種無しものはエネルギーが低いのです。
より自然な形態のものを食べる方がお勧めです。 

また、植物とは言えないかもしれませんが、塩や砂糖などの調味料、油も天然な物を採るようにして下さい。

人工的に作ったものでなく国産の海から採れた塩、
サトウキビや甜菜から採れた砂糖、油も遺伝子組み替えなど使わない油を使用するとよいでしょう。

なるべく天然な状態に近い精製品がお勧めです。

人工甘味料、ノンシュガーカロリーゼロの飲料などは体内でも自然にも毒となります。

油ならばお勧めはオメガ3系を沢山含む紫蘇(えごま)油や亜麻仁油。オメガ9系を沢山含む低温圧搾のオリーブ油です。

油は抽出よりも圧搾して作ったものが波動が高いのでお勧めです。


4、新鮮なものを使う

植物性の食物といっても今は輸送されたり、
加工されたりしてどれが新鮮なものかなかなか分かりにくいかもしれませんね。

まず、外国産は輸送時間を考えれば、それが新鮮なものではないと分かりますね。

また、国産でも、遠くの産地のものは、やはり運ばれてくるまでに時間がかかりますから、いくら採れてすぐに出荷しても時間はかかりますので、それを考えてみて下さい。

お米ならば新米がより良いですし、野菜や果物は出来る限り近くで採れたてが良いでしょう、売れ残り野菜や鮮度の悪いものは選ばない方が良いです、

また、せっかく新鮮な食物を買っても、家で萎びてしまえば意味がないので、
出来る限り早く調理して、常備菜などに調理すると新鮮な波動を料理に取り入れられます。


大地に育てられ、新鮮なイキイキとした生命エネルギーに溢れる果実やナッツ、大地からの命のエネルギーを沢山吸い込んで大地に育てられたエネルギー溢れる野菜や、穀物、
また、海のエネルギーを沢山吸い込んで育った海草、塩など

より天然なより自然のエネルギーを浴びて育った植物を採るようにすると、
皆様の体内の水が浄化されていき、自然と皆様の身体(肉体も霊体も)が波動が清らかになり、
身魂が清らかに磨かれます。


みたまは、魂だけでなく、身も魂も磨く必要があります、

私達人間は身も魂も一体で生きていますので、身体にも良い食事が大切ですね(^-^)。


            
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック