FC2ブログ

これからの時代は無理、我慢、自分にとって心地悪い感覚がより強くなってしまう

Category新時代への道しるべ[アセンション]




当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。


これからの時代は、人の思い、などがより
わかりやすく人に伝わってしまう

ごまかしがきかない、嘘がバレてしまうなど

本音で、自分自身をしっかりと見つめて

自分の軸に沿って生きていかないと

周りからの様々な影響を受けて

生きづらさを感じやすくなってしまいます。


そして、今までは、我慢できていたことや

無理に合わせたり、やって来ていたこと
関わっていたこと、人、などに

対する、自分の感覚の心地悪さが

以前よりも強い不快感で感じられるようになって
参ります。


今までは、特に違和感を感じなかった物事に
違和感や、心地悪さを感じ始めたり


今までは、見て見ぬ振り、気づかないふり、
我慢、嫌だけれど合わせたり行うことができていた

物事が、

今まで以上に、苦しく感じたり、
ここにいたくないと感じたり、

もう嫌だ、限界、辞めたい、離れたい、やりたくない

などど感じやすくなってしまうのです。


皆様の中でも、すでに、そんな兆候は
ありませんか?


自分にとって不快を感じる物事、人に

無理に接し続けていると

まずは、精神に違和感や、不調が現れます。


行きたくない、やりたくない、胸がざわざわする
考えるだけで苦しくなる、辛くなる、嫌な気持ちになる


そして、その感情、精神からのNGサインを無視して

しまうと

今度は、肉体、身体に

不調が現れてしまうことが多いです。


体のどこかが痛くなってくる、頭痛、腹痛、胸痛 などなど

吐き気、だるさ、発熱、お腹を壊す、古傷が疼く痛む

朝起き上がれない、動悸息切れ、めまい、むくみ

その不調を感じて、病院に行けば

いずれかの病名が診断されて

病気、病人となってしまう事態になって

初めて、

病気になったから、『 行きません、行けません、できません、やれません、やりません、会えません、休みます 』

と、ようやくこうなって、他人に


自分の嫌だと感じていた思いの

通りに、自分を休ませたり、辞めさせたり

無理をしないようにやっとできる、という現代人が


本当に多いです。


学校や、会社、組織、などの団体の中に所属している

方々ほど、自分の思いよりも

組織の団体のルールや、集合意識に

合わせた
行動、言動、姿勢、態度等が

求められ、組織の中に

いるほど

組織からの無言の拘束力の影響を受けて生きているために


自分勝手だと思われるような行動、発言が

できなくなってしまうのです。


長く、団体、組織の中にいると

自分の本心にも自分が気づかないままに生きている方が
実は多いので、

大人である自分自身が、本当は行きたくない、やりたくない、
会いたくない、などの本音に

自分でも気づいていなかったり、なんとなく薄々感じていても

無視して無理しようとしていると、


お子様や配偶者、介護している方は親や義理の親、ペットを飼われている方はペット
などが、
熱を出したり、具合が悪くなったり、ゲガや事故、病気になったり
して

行けなくなるという事態もよくあることです。


自分以外の周りの人を不調にさせてしまって、
自分は行けなくなってしまいました、

自分は本当はいくつもりだったのですが、
行きたかったのだけれど、家族が、ペットが

こうなってしまったので、行けません、できません、すみません
ということも

本人が、自分が本当は行きたくないという自覚なしに
世間ではよくあることです。


小さなお子様は、特に親とのエネルギーの繋がりが強いために
親自身の魂の思いをお子様が感じ取って

親の代わりに、子供が身代わりに体調をくずすこともあるのです。

ママさんでお友達と会う約束をしている日に限って
子供が熱を出す、風邪をひく、感染症になる、
など体験したことはございませんか?

お子様が親のエネルギーを感じ取って
現象化していることもよくあるのですよ。


また、

家族であっても、一種の組織、団体と言えます。


家族の中の、しきたり、ルール、繋がり、団体行動などが

強く求められる家族の中で、息苦しさや、違和感

拘束感、干渉、不快感、などを感じていらっしゃる方も多いでしょう


特に、現代、新たに生まれている、新人類と言われる

現代の子供たちの中には

学校だけでなく

家族とであっても


団体行動、拘束されること、不自由なものごとを

求められる、体制が

我慢できない、とても心地悪くて生きづらい、苦しすぎる

と感じやすいお子様たちが増えて来ております。


古い、学校、教育体制に


新たに生まれて来ているお子様たちが

合わないどころでなく、合わせられない、合わせようとすると体を壊してしまう

という、子供が増えているために


不登校になってしまうお子様や、学校を辞めてしまうお子様〜青年も
いて、それは新時代、神時代に至る過程で

たくさん出て来ておかしくないことです。


本来、波動の高い次元の世界では、自由度合いが
波動の高い世界ほど拘束、命令されることがないからです。


どんどんと、地上世界も波動が上がってくると、
霊界、天界に近づいて行きますので、

より、人々は、無理して窮屈な組織に拘束され続けたり

無理して、嫌な物事に
関わり続けることができなくなってくるのが


自然な波動上昇(アセンション)の流れ、過程なのです。


人々は、これからより、自分が楽しい、心地よい、幸せ、好き、

ワクワクする、面白い、役に立つ、為になる、興味がわく、

楽、良い、なんかいい

などと思う物事にしかフォーカスしないようになっていく方々と


メディアや、組織、団体、周り、の集合意識に

影響されて、自分の本当に興味ある自分の望みから

かけ離れた物事にばかり意識、エネルギーをそそぎ
時間も、人生も
自分の魂の望みから離れた生き方をしてしまう方々に

別れて行きます。



テレビや、マスコミの報道に一喜一憂して自分に全く無関係の
存在のことをあれこれジャッジしたり、悪口を言ったり、

自分に実際まだ起きてもいない物事に対して、メディアを見たことで
不安や、心配を強めたり

自分の周りの誰かの噂や、陰口、批判、をしていたり

そうゆうエネルギーを自分自身が発してしまっていたり
そうゆうエネルギーを出している人や、メディアや物事に
接するだけで

これからの時代は

疲れやすくなったり、具合が悪くなったり、

不快感がとても増したり、その場にいられない、聞いていられない、
読めない、見ていられない、離れたくなる
という方も

本当に増えてまいりますので、

いかに、自分の魂の声、不快ならその魂の思い、

心地いいならばその魂の思いに

自分の行動、言葉、思い、意識を

合わせて、

魂に従って、周りの声、以上に

まず、第一に自分の『 魂の思い・声 』は


何を、今望んでいるのか、自分自身の


思いを、自分がわかってあげてください。


あなたの一番の味方はあなた自身です。


一番あなたの本音の思いを聞いて、

それを叶えてあげられる人は自分自身です。


自分を、生きやすくしてあげられるのは、自分しかいません。


ですから、自分との向き合い、自分の思いに従う

これを大切にしてあげてくださいね。



今日の内容は、このサイトにしか載せません。

最近、自分の他の執筆サイトにも記事をシェアすることも
増えていましたが、

このサイト限定でこの先新たにお伝えしていこうかな、と思うことも

頭に浮かんで来ていますので

このサイトでまた、

今までと違った、皆さまの何かお役に立てそうな自分の知っている情報、内容も
少しずつ、
今まで違った切り口の内容も書いていこうかなと思っております。


長くなりましたが、お読みいただき、ありがとうございます。


皆さま、無理をせずお体ご自愛くださいませ。




                未央広子



関連記事
スポンサーサイト