引き続き、ベニシアスタンリースミスさんの動画をシェアしたいと思います。


ベニシアさんのベニシアエッセイ
[猫のしっぽカエルの手]という番組から、

これからの新時代に大切なエッセンスが様々ちりばめられています。


今日の動画では、

ベニシアさんご夫妻が里山を散歩したり、

梅酒を作ったり、野菜を作り始めたり、ご近所の仲間と調和して生きる暮らしが垣間見れます。


無農薬有機野菜の作り方、自然の植物の力を生かした野菜作り、などなど新時代に大切なことが沢山つまっています。


これからは、調和して生きること。
自然の植物達もみんな調和して生きていますものね。


植物達も人間も同じように周りとの相性や縁の深い関係があるのですね。


コンパニオンプランツ(相性のよい植物)を使った農薬を使わない野菜作り、
納豆とヨーグルトで液肥ができるなんて、目から鱗で私もやってみようと思います。



ベニシアさんが近所をご主人と散歩するときに、
しっかりと女性らしいワンピースでおしゃれして出掛けている姿に、

やはり女性は美しく装おうことで、その人のいる周りの世界が華やぎ、より一緒にいるご主人も幸せ感が増すことを感じました。


ピクニックのお弁当も、かごをお弁当箱の代わりにしたり、自然を生かした生活を見習いたいと思います。


素敵な御夫婦と素敵なベニシアさんの友に癒されました。

シェアいたします。


パケット通信料にご注意下さい。
→動画 ベニシアエッセイ 初夏の里山歩き 


FC2blog テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

こんばんわ♪

このブログは私の好きな事が溢れるサイトにしたいとも思います。


本日の前記事にも紹介しました、
『ベニシア、スタンリー、スミス』さんのことを書きたいと思います。


私はベニシアさんを知ったのは本屋で、ベニシアさんの本を知ったことがきっかけでした。


そして最近ベニシアさんのテレビ番組が流れていて、そのベニシアさんの空気感にすっかり癒されテレビに夢中になっていました。


ベニシアさんは、イギリスで母親が貴族家庭出身の為に子供時代に豪華な広い敷地に立つ、貴族の御屋敷で過ごしましたが、


19歳でイギリスを自分の意思で飛び出しインドやアジアを放浪し、

その後20歳で日本に渡り、1978年に日本で英会話学校を始め、日本で暮らし始めました。


ベニシアさんの人生は↓のリンクに波乱万丈なベニシアさんの歴史が写真付きで載っています。

本当にすごい御屋敷で育ちながらも、
ベニシアさんは小さな庭のあるコテージに住みたいとずっと思い描いていたそうです。


そして京都の大原という里山にあった築100年くらいの古民家を自分達で改装して、住んでいます。
ハーブ研究家、英語教室の経営者として知られています。


皇族や貴族のようなお金持ちの家庭に生まれると、田舎での素朴な暮らしがしたいと思うのは、
あの有名なマリーアントワネットさんもそうでした。

自分専用の御屋敷周りに畑を作りや鶏を飼ったりして本当は田舎暮らしを愛した方です。


ターシャ、テューダーさんもお金持ちの家庭に生まれた方だったんですよね、やはり田舎暮らしを愛して晩年を過ごされました。

→ベニシアさんの波乱万丈な人生についてはこちら 

ベニシアさんの人生が波瀾万丈すぎると話題 #あさイチより 



本日は、ベニシアさんのテレビ番組の動画が見れましたので、
ベニシアさんの梅雨の過ごし方をご紹介いたします。

私はこの番組『猫のしっぽカエルの手』にとても癒されています。

ベニシアさんの人柄ももちろんですが、ベニシアさんの英語がとても心地よくて、里山の風景、古民家の暮らし、自然豊かな暮らしがスキです。

アロエとドクダミと柚子の種で素敵な化粧水の作り方が紹介されていたり、

バーブ酒を作ったり、自然と調和して生きることを知ることができる番組です。

30分番組です、興味が沸きましたら、ベニシアさんの自然の素朴な暮らしを覗いてみてください。


私はベニシアさんの言葉で

『人生は40歳から』というフレーズが好きです。ベニシアさんやターシャ、テューダーさんを見ると、歳をとることが楽しみになります。

注、パケット通信料にご注意下さい。

→動画 ベニシアエッセイ 梅雨の過ごし方 

カラフル紫陽花

FC2blog テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ


皆さまいつもありがとうございます☆(^-^)

昨日は北海道の函館市で最大震度6弱の地震がありましたが、

ほとんど被害がなく本当にほぼ無難に過ごされて良かったなぁとつくづく感謝しながら、

本日は子供二人共に幼稚園に行く日で少しだけ一人の時間が持てる日でしたので、

久々の愛犬と私だけの静かな時間が今の私にはとても癒しのひとときに感じました。


いつも誰かと過ごしていると、たまに一人になりたくなり、

逆にいつも一人で過ごしていると、人と過ごしたくなるものですね。



前書きが長くなりましたが、


新たな幕開けが既に始まっております、

新時代、弥勒の世、アセンションした世界、女性性のエネルギーの時代、水瓶座アクエリアスの時代、色々な呼び名がありますが、

新時代においては、
『調和、共存共栄』このようなテーマに変わります。


地球との調和、自然との調和、人々の調和、多種多様な生命との共存共栄、調和。

このようなテーマの時代となっていきます。

人々の暮らしも、これからは、自然と調和した暮らし方に変わっていくことでしょう。


私の望む暮らしは、地球環境を壊さず、自然と様々な命と共存しながら、共に幸せに生きる暮らしです。


緑に囲まれた環境、自然から生まれた野菜や果物を作り食し、自然を愛でながら、動物達と共存しながら、

地球を汚さないような環境に優しい暮らし方をしながら、
周りの人々と調和しながら、仲良く互いに幸せに生きていく、

地球を愛し、自然を愛し、人々を愛し、動物達を愛し、暮らしを楽しみながら、自分で何かを生み出しながら、


それを周りに分かち合って、
周りの幸せを祈りながら、自分自身を最大に生かした暮らしをしたい。


そのような暮らし方に今、徐々に変わりつつあります。


私がとても共感する暮らし方を実践されている方が、

ガーデニング好きな方の中でも有名な、
『ターシャ、テューダー』さんと、
『ベニシア、スタンリー、スミス』さんという女性方です。


お二人共に外国の方ですが、
自然と調和しながら心豊かに、
自身の能力を生かしながら、

周りと調和して、様々な物を手作りして生み出しながら、暮らしている女性です。
(ターシャ、テューダさんは他界されました。)


二人の暮らし方は、共通する事も多く、
今数多くの人々に支持されている、
スローライフの実践者です。


自然から離れてしまうほど、人間は心にエネルギーが枯渇してしまいます。


本来神様は、地球人は自然と、調和して暮らすようにお作りになられたからです。


自然のない世界では、私達は生きられません。

自然の大切さを、現代人は見失っているようです。


今までは、便利便利を追及していくほど自然は壊されて来ました。


これから自然を壊さずに共存する暮らしに変えるのは、私達人間の意思からですね。


先程書きました、ターシャテューダーさんと、ベニシアさんのスローライフがどんな、暮らしか、まとめたサイトの記事がありましたので、
下にリンクシェアいたします。

→ キナリノさんサイトより
毎日の生活に取り入れたい。ターシャテューダーにならう「小さな幸せ探し」


→キナリノさんサイトより
憧れる♡ ベニシアさんの里山暮らしには、心を豊かにするヒントがいっぱい! 



ハーブや花を取り入れたカントリー暮らし、さらにお二人は美意識も感じられ、

ただの田舎暮らしではなく、美しく心豊かなカントリーライフに感じられます。


 我が家のヤツデちゃん








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:幸せに生きる - ジャンル:心と身体


皆さま いつもありがとうございます、こんにちは♪



今、だんだんと結婚式でも同性同士の結婚式を挙げられる場所が増えつつあるようです。


日本ではまだ法律的には婚姻は認められていませんが、
形として人々の前で式を挙げて宣言される同性カップルも増えていくでしょう。


堂々とありのままの自分でいたい、
それこそが魂の願いであり、それこそが本当の幸せです。


何かを隠しながら生きる、

嘘を付きながら生きる、

何かを恥ずかしいと思いながら生きることよりも、


本当の自分のままで生きたい、

本当の私はこうゆう人間だ、

私の本当に望む幸せ、

そうゆうものを世間に隠さずに生きられる世界。


そんな、

人々がありのままの自分で、

自分らしく、自分の望む生き方で生きる世界、

それが幸せの原点に思います。



これから先の新時代(アセンションした世界、波動が高くなった世界)では

バイセクシャルな方、性的マイノリティの方々、そのような方々もありのままで生きる世界になっていくでしょう。


霊的な感覚を持つ方々も、世間的には理解されなかったり、話づらかったり、自分を隠して生きて来た方々も多いでしょう、

そのような方々もこれから先の新時代には、

自分の感覚や感じているものを隠して生きるのではなく、

ありのままの自分で生きる世界になります。



地球の波動(エネルギー)が高まっていくにつれて(アセンションしていくにつれて)、

人々は嘘を付きながら生きることが出来なくなっていきます。


本人も嘘を付きながら生きるくらいならば、
公表して生きる方が楽だと感じるようになっていくでしょう。


また、世間や周りの人々も、嘘を付き通されるくらいならば、

どんなことも正直に明かしてくれる人間の方が良い、という感覚が強くなります。


世界自体が徐々に嘘、偽りに対して、受け入れなくなっていき、

人々自体も嘘を付くくらいならば、ハッキリ事実や思いをありのまま開示した生き方を選ぶようになります。


徐々に不倫などの概念も変わっていくのではないかなと思います。


最近は、自分の血縁の子供ではないお子様( 結婚、離婚した相手が以前のパートナーとの間に設けたお子様 なども含め )を育てる方も増えているようです、

芸能界にもそんな報道が最近ありましたね。 


男女愛の概念が新時代にはがらりと変化する事があるかと思います。



同性婚の結婚式の場合は、夫婦という言葉を使わず、パートナーと言う言葉になるそうです。


これから先の新時代では、
様々なカップルの形が増え、

夫婦という言葉は、世界的にパートナーと言う言葉に変わるように感じます。


同性同士、異性同士、他の方とも同居などしていても別のパートナーがいたり、

現在の法律的や世間的には認められていないようなカップルも、

新時代にはパートナーとして認められていく時代になるかもしれませんね。


カップルの意味合いも現在までのセクシャルな意味合いだけのカップルだけではなくなり、

人間同士の愛で結ばれるカップルが増えるでしょう。


今日報道されていた同性同士のカップルも、

友人関係だった、女性同士で、

お一人がバイセクシャルでしたが、

積極的にアプローチした方はバイセクシャルではない方でした。


その方になぜ、女性と付き合いたいと思ったのか、とインタビューされて、

『人間的にこの人が好きだ、と思ったから』と言っていました。


私自身も男性女性、セクシャルな意味合いを抜きにしても、

人間的に非常にひかれる好きだな、と感じる方々は何人も出会って来ました。


現在の地上では結婚している人間が、
異性に惹かれるというだけで、

不倫と捉えられているようですが、

女性でも男性でも人間的に惹かれる、好きな人がいることは悪いことだとは思えないです。


過去世に強い縁があった方だったりすると性別抜きで、その人間自体に非常に魂で惹かれます。



 異性の場合は欲(下心)から来るものと、愛から来るものの違いが難しい問題ですよね。


恋は下心から、愛は中の心から、つまり愛は魂から惹かれるハートから沸き起こるエネルギーです。


魂のパートナーと言われている関係には性別、血縁、婚姻なども超えた魂の引き合いがあるため

今までの世間の常識など越える課題が数々あります。


互いに魂がどうしようもなくひかれ、人生のパートナーとなり、

一緒にいたい存在とそれぞれの魂が何かに縛られることなく共に生きる、

それが宇宙的なパートナーシップであるように感じます。


宇宙的なパートナーの概念と現在の地上のパートナーの意味合いも色々と違いますね。


地球ではまだまだ法律や常識など様々なルールがありますが、

高次の波動の世界になるほど秩序はありますが、拘束というような法律のようなものはなくなると感じます。


尾崎豊さんの曲のフレーズ


[僕が僕であるために
 生き続けなきゃならない]


 という言葉が、頭に流れて来ました。


以前この曲は私のサイトでも紹介しました(^-^)
尾崎豊さんの動画『僕が僕であるために』はこちら← 


自分らしく生きることが、

これからの
キーワードのようですね。

          



皆さまへ 愛と感謝を込めて




メアリーフローレンス













現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲



風水は約4000年前に中国で発祥しました。


『気』つまり『エネルギー』を効率よく良いエネルギーを取り入れ、それを生活に生かすことを研究した『環境学』でもあります。


風水の考えでは人は環境次第で運が良くも悪くも変わると言う事が根底にあります。


生活を取り巻く環境全てがその人の運に影響している、、、衣、食、住、土地、仕事、人間関係、学校などなど、

そう言われてみると、確かになるほど、と感じるような気がしませんか?


その中でも、特に住環境は人の運に大きな影響を与えると風水では言われております。


確かに、あの世の世界でもあります霊界の5次元以上と言われる天国、天界ともここでは呼びますが、
善人だった霊人達が住む世界では、

住まいというものに、非常に霊人達にとって大きな比重を置いているなと、私が臨死体験の際にみた霊界見学で感じました。


天界にいる霊人達の趣味や興味の中で、
インテリアに関する興味やガーデニング人気が善人達のいる霊界では強いと知りました。


善人達のいる5次元以上の霊界、天国では霊人達はそれぞれ住居を持ち、そこで日々暮らしています、

ですから、地上の私達と同じように家の環境は非常に大切だと天界でも言われているのです。


天国でも地上世界でも住まいは人と霊人の運気に直結してします。


高い次元の霊界に行くほど住まいも快適性を増し、広く美しく霊人の好みが反映され、

住まいを見ればその霊人の様々な事が一目瞭然に分かります。


その霊人の好み、性格、その人の好きな場所、落ち着く環境はどんな感じか、生活で何に重点を置いているか、

その霊人の魂の霊格、過去世はどんな時代に生きていた方か、

癖や趣味嗜好、などなど住居から様々な事が分かります、
住まいは人を表していると言えますね。


地上の私達も同じですよ。


特に一人暮らしの方はその方本人の趣味嗜好や好みや職業や金銭的なこと、好きなことやもの、様々なことが住まいに現れますね。


家族と暮らしていれば、家の中の環境は主婦の方の影響が現れやすいでしょう、

お子様ならば一人部屋や机周りに人間性が現れますね。


住まいは家族の方全員の運気に直結してきます。


住環境をどうするか、は非常に大切な事です。


風水も今や世界各地に広がりましたが、
日本は地震が多く、湿度が高くて、四季がハッキリしていて、
なんと言っても住居の土地が狭い国です、

日本に向けて発信された風水ならば、

どの国で実践されても、間違いなく活用出来ることでしょう。



皆様がよりよい地上人生を歩まれることをお祈りします。




           


FC2blog テーマ:Happyになるために - ジャンル:心と身体


皆さまいつもありがとうございます。


風水では、掃除が最も大きな開運ポイントと言われております。


日月神示(ひふみ神示)でも身魂を掃除することが大切と言われており、


外の目に見えるものをきれいにする事、心、魂など内側の目に見えないものをきれいにする事、
どちらも大切なようです。


そして、外の目に見える世界と内の目に見えない世界は表裏一体で繋がっています。


天と地も同じで、天地一体であり、地上が良くなれば天の世界も良くなります。


外の目に見える場所を掃除したりしてきれいにすると、
心まで気持ちよく清浄化されていることは経験された事があるかと思います。


開運、幸運を呼ぶ行動が、きれいにするという行動であります。


家の中、周り近所、職場などの様々な場所、などだけでなく、
衣服や物をきれいにする事(洗濯や手入れなど)、
身体をきれいにする事、などなどの物質的な外のことを清浄に保ち、

心の中に貯まった汚れ(マイナスエネルギー、邪気)も浄化してクリアにしていくことも大切ですね。


身魂のお掃除(浄化)にも、目に見える場所や物のお掃除をしたりきれいにする行動は効果があります。


外を整えることで、内面もスッキリさせることができます、
外と内が繋がっているからそんな効果が得られるんですね。


お片付けやシンプルライフ、断捨離などがブームになっているのも、

現代人が外に見える世界をスッキリさせて身も心も内のものをきれいにスッキリしたい人が増えているからかもしれませんね。


生きていると、どんな部屋にもホコリが増えていくように、
心の中にも日々見えない汚れが貯まってきますね、

見える世界をきれいに保つことはそれ自体が日々の修行のように感じます(修行と言うと良いイメージが沸かないかな?)、

時の経過と共に貯まる汚れを日々清めること、
なかなか難しい事ですが、

きれいにしていくことが幸福に繋がるそうです。


そして家や、場所や物や衣服や外観など様々な、目に見える世界をきれいにしておくと、
沢山の幸運が入ってくるんだそうですよ(^-^)。


そう聞くと掃除などの意欲が増しますね。


私も日々修行させて頂きながら、地上では毎日の生活自体がありがたい修行の場であるな、と実感しております。



天地の皆さまに感謝致します。

          

FC2blog テーマ:Happyになるために - ジャンル:心と身体


先程クリスタルチルドレンの方のブログを見ていました。


サイトに訪問すると、なんか落ち着いたり、励まされたり、インスピレーションを受けたり、
同じようなメッセージを受けていたり、シンクロが以前からありました。


そのサイトを見て先程思ったのが、

まず、クリスタルチルドレンは水色と白とクリアな透明が好きだという事です。


私自身の今も以前からも好きな色は、
淡い水色と白。


そして最も惹かれる石が、『水晶』です。

クリアな透明の無色透明が大好きです。


ビー玉やガラス瓶、スワロフスキー、ダイヤモンドなども昔から透明なキラキラするものが好きでした。


もうひとつ惹かれる石は、水色で透明なアクアオーラという水晶の加工石。


その水色の石と水晶が私の御守りです、いつも着けていたアクアオーラはなぜか最近割れたり、ブレスが切れて使えなくなりました。


他のクリスタルチルドレンさんのサイトにも水色やクリスタルの石の画像や水色の画像がよく見られるように思います。


また、『一人が好き』ということも、
クリスタルチルドレンの共通点なのかもしれません。

他のクリスタルチルドレンの方も書かれております。

私も一人の時間と、自然に触れる時間が無いと、心が安定しにくくなります。


誰かとお話をしたりする時間も楽しいですが、
私の場合長く話をすると、喉が痛くなったり声が出なくなりやすく、
悪口のある話を聞いた後には風邪をひきます。


なのであまり長く話すことが出来ません、人の話を聞く方が昔から好きです。


どちらかというと、一人で集中して何かをしたり、本を読んだり、自分一人でゆったりのんびり誰にも邪魔されずに過ごしたい人間です。


その方が創作のインスピレーションが沸きやすかったり、集中して天の声が受け取れたりします。


私は身内だとしても誰かと一緒にいると、それはなかなか難しくなってしまいます。


家族以外の他の人と共に過ごしている時間が長いとブログなどの情報はなかなか書けなくなります。


なので今は家族以外の誰かと長い時間一緒に過ごしたいとあまり思うことが無いです。


たまに昔からの友人達やママ友逹と会ったりして息抜きすることもしますが、
基本は一人集中タイプです。


他のクリスタルチルドレンの方は一匹狼と表現されていて、
私と同じだわ、と共感しました。


たまに、もっと人といるべきかしら、と自問するのです、自分の心に、
でもやっぱり私って一人の時間がたまらなく過去世からずっと好きなタイプなの、

人といると気(エネルギー)疲れしやすいし、昔から貴方は一人の時間を長く過ごすことが多かったから、それが性に合っているでしょう、

っというような声をハイヤーセルフから受け取ります。


私の過去世は独身のことの方がどちらかというと、多くありました。



自分に合わない事を無理にすることは無いです。


自分にとって心地よい事をしたいし、

自分が幸せを感じる過ごし方をしていた方が、

魂が喜ぶし、ご機嫌でいられます。


心配することもないです。

自分には自分の心の幸せがあり、

他人からの目線や感じ方と自分は違いますから。


人に左右されなくて大丈夫です、ね。


このサイトを読まれている方の中にも同じような方々がいるかもしれないですね。 

一緒ですよ♪

どうどうと共に自分を信じて生きましょうね\(^_^)/

いつもありがとうございます☆

愛と祈りを捧げます。

          














現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体


いつもお読みいただきありがとうございます


☆動物の苦しみなどにも言及した記事ですので、言霊にどうしてもネガティブな言霊が混じっています、波動に敏感な方はご注意ください。



先日動物実験をしているメーカーの化粧品や洗剤を使わないようにしたいという記事を書いてから、

動物愛護団体が出しておられる動物実験をしていないメーカーなどの書かれている冊子本を取り寄せました。


そこには、人間の商品の為に犠牲になる動物の写真がパンフレットに載せられており、
私はそれらのような写真がどうしても見る事が出来ないくらい、動物達の苦の波動を感じてしまいます。



動物愛護のサイトなどでもよく画像が使われておりますが、保護された動物達や食用にされる動物達など、

いずれも動物達から悲しみ、苦を感じている波動が画像から伝わり、見るに耐えないので、
動物愛護団体のサイトも気楽に開け無いことが多くあります。


それだけ私は荒い波動には耐えられないタイプ。


ホラーや荒々しい画像や話題やいじめのシーンやサスペンスや虐いニュースも見聞きしてしまうと、
何日も頭に浮かび上がり苦しくなります。


動物愛護団体から取り寄せた冊子に掲載された写真を開いた時に見てしまい、

やはりあれからいまだに夜など動物の苦しみが頭に浮かびあがり、私も辛いです。



先日、博物館に子供達と妹と行きました。

そこには、動物の剥製が飾られていました。
ウサギ、狸、きつね、鳥、ワニ、フェレットなど、、。


その部屋に入った瞬間に娘が怖い怖いと泣き始め、出たい出たいと言ってしまい、
私自身も、非常に嫌な波動が感じられ、
その博物館にはほとんど滞在せずに、出てしまいました。


私達が剥製のある場所から立ちさった後に、女性が入ってきて、
ウサギの剥製を見るなり、
一人言で、

『うわっ、なんか気持ちが悪い』そう言って、身震いし、自分の腕をさすってすぐに立ち去りました。



他の方も剥製から荒い波動が出ていることを身体で感じるのだな、と分かりました。
その方は鳥肌も立ったようです。


私は人間の為に動物の命をうばって良いとはどうしても思えないのです。


動物の食肉などを食べられている方の中には反対意見の方もいるかと思います。


しかし、剥製やリアルファー(毛皮や動物毛を使う物)、本革製品などは、
本当に動物の命をうばってまで必要なのかと考えると、

代替品が今はあるのだから、命を奪う必要などないと感じます。


私はそのような考えから、ファーや本革や動物製品は選びません。


動物の苦しみを感じるものを持ちたいと思え無くなり、
食べられなくなり身体で受け付けなくなりました。


動物が寿命で亡くなってしまった亡骸を使う事でも抵抗がありますが、
亡骸を利用することでもなく、

自分達の使う物の為に動物の命をうばったり、苦しみを与えてまで、その物を使う事は本当に必要なことか、


考えるとなんて人間は自分達の都合で動物を苦しめているのだろうと、
辛くなります。



剥製でなく模型で十分だし、解剖の授業も模型で良いでしょう。


動物の毛でなくても、ポリエステルや代替品でおしゃれも出来るし、ブラシや印鑑に動物を使わなくても人間は生きていられる。


本革の物でなく、合皮の方が、物の寿命は短いけれど、また五年くらいで新たに清らかなエネルギーの商品に買い換えるチャンスも増えます。

なにより合皮の商品の方がエネルギーが清らかな波動です。


昔は代替品が無く、皮製品はなくてはならなかったのかもしれませんが、今は沢山の技術力により合皮の寿命も延びているそうです。


このような考えが、偽善に感じたり、肌に合わず苛立ちを覚えたり、私のような事を言う人間を批判する方もいるのは知っています、

それは各々の感じることが違いますから仕方ないです。


少しでも多くの命が幸せに生きていける地球になって欲しい、

その為に私はこのような考えを発信しています。


命をうばってまで動物食を食べなくても、

動物製品を使わなくても、

今の人間達は本当は生きていけるのです。


肉食を食べないと死んでしまうと思い込んでいるだけなのです、

動物食を食べるほどガンのリスクも上がっているのは事実です。


日月神示にも
神国の臣民の食べ物は

五穀野菜のたぐいであると書かれております。
          

私は動物園や水族館は、自然界ではいじめられたりして生き抜くのが難しい特種な(育児放棄されたり、色が特別な色でいじめられらすかったり、障害を持っていたりする)動物を保護する場として存在するなら良いと感じています。




FC2blog テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

本日は、長文記事を二つ更新しておりますので、
疲れないよう、ゆっくりとそれぞれのペースでお時間のある時にのんびりお読みください(^-^)。


それでは本題に入ります。

地球という星には、地球霊界と、私達が今肉体を持ち生きている物質の世界である現象界(地上世界、物質界とも呼ぶ)があります。

霊界が天、地上の現象界が地、であり、

地球は霊界と現象界(地上世界)の天地がワンセットであり、
天地で魂達が愛の学びをし、魂の霊格を高める修行をしています。

地球に住む魂の多くが、
霊界と現象界(地上世界)を輪廻転生して、
魂の霊格を、あるレベルまで高め、輪廻転生のある自己の完成に至る(涅槃といわれる境地、レベル)になるまで、
天地を行き来して修行しています。

自己の魂のレベルがある程度の完成に到達し、悟り、涅槃と言われる次元まで来ると、
地上世界(現象界)への転生は、頻度も減ります。

そして、地上世界に降りる理由が、自己の為だけではなく、主に地上への奉仕が目的となります。

現在の地上世界にも、沢山の高いレベルの霊格を持つ魂が、地上世界の救済の為に霊界から降りて来ています。


また、現代地上世界には、宇宙の他の星からも多くの魂が降臨しています。

中にはスターシード、スターピープルと呼ばれる魂やクリスタルチルドレン、レインボーチルドレンの魂も他の星からも来ています、彼らの目的は地球の地上世界の波動を先だって上げていく役割の魂であります。

宇宙からの魂は奉仕目的のタイプと、それ以外の理由に分かれます。


話がそれましたので戻します、
地球の霊界の中で最も高い九次元霊界におられる魂は、
人格を持つ大霊様の本体霊が主に10体いらっしゃいます。

その中には近代でも名が知られている方ですとかつてのキリスト様、お釈迦様、孔子様、モーゼ様、ニュートン様、などの魂の本体霊がおられる世界です。
(本体と分霊については難しいのでいつか説明出来たらと思います)

救世主界とも呼ばれております。


救世主界の神格を持つ大霊様方は、皆さま宇宙の他の星から地球に召集され、
地球の奉仕の為に日夜我々を見守り地球の地上世界の文明を起こしたり、築いておられる方々であります。


この九次元霊界から、かつてのキリスト様が地上世界に降臨された歴史がありますが、

その時、地上人類はまだキリスト様の語ることを理解できるレベルにありませんでした。

キリスト様の語ることを受け入れ、信じた方々はまだごくわずかであり、
多くの人間はキリスト様が自分が救世主であると言っても、信じることができず、結果キリスト様を人々は張り付けにしてしまいました。

地上の人類の霊的レベルが、キリスト様をまだ理解するレベルになかった為に、当時の人々はキリスト様に会ってもその人が救世主であるとは信じられませんでした。

弟子や、お母様のマリア様やエッセネ派のキリスト様を支えた方々などごく一部の人にしかキリスト様の存在が特別な使命を担う救世主であると理解出来なかったのです。


今の地上世界でも、わたくしの考えでは、まだ人類は九次元の魂のレベルには、多くの人間は気付けない、その存在を受け入れ祀ることが出来る人類は本当に少ないと感じています。

これは、天上界からわたくしが伝えられているお話しを元に書かせていただきますが、

現代の日本は、これからの地球の地上世界のリーダーシップを担う役割があること、
それは今回の今までの約3000年の文明が起きる前から天上界で決まっていたことでした。

そして、
実は現代の日本には、九次元の救済主界からも、九次元出身の魂が降臨していました。
お一人は既に亡くなられ帰天されました。

もう一方は現在も存命であります。

その方々の名をここで明かす時期ではないかもしれませんので、ここでは控えます。


かつてお釈迦様の魂であられた非常に霊格の高い魂も実は現在の日本に生まれていきているのです。

本来ならば、かつてお釈迦様の魂であられた方が日本を率いて世界に新たな波を起こし、改革する予定でした。


しかし、天上界の計画は思うようには進まず、魔の勢力に阻まれ、存命中の九次元出身者は地球救済の道をそれてしまった、と伺っております。

その為に予定は変更となり、
急遽もう一方最近、今の地上世界の日本に、九次元霊界から降臨されたのです。

その方はまだ若く、わたくし自身もその方の氏名や顔などは存じ上げておりません。

かつての孔子様の魂の分霊の方であると伺っております。


しかし、地上の日本の皆さまは、
そのような方に気づき、心から信頼し、ついて行けるでしょうか、

霊格の高い魂は、男性であれば今までの歴史では、皆さま宗教を興されたりしております、
現代の日本人は宗教離れしていて、いくら霊格の高い魂が事実を伝えても、
宗教ときくだけで毛嫌いし、聞く耳を持たない人々が多数です。

このような事態ですから、
かつてのキリスト様の時のように、

自分は救済主である、と宣言する人物が現れた時に、

日本人はその存在を信じることができるでしょうか。

私は多くの日本人はまだ気づけないであろうし、信じることのできる人々はキリスト様の時のように、ごくわずかしかいないように感じるのです。

救済主界の魂が日本に生まれて生きているのです、
しかしその存在が宗教を興されたりしたら、
人々は信じることができるか。

高次の魂のお方に気づくことができるか、

そして、そのような重要な役割を、その存在が魔の勢力に阻まれることなく遂行できるか、

わたくしのような存在も、九次元の魂の新たに降りてこられたお方の役割の何かしらの道標となり得るのであれば、
非常に尊い仕事であると感じます。

なぜか本日はこの事実を天上界から伝えるよう後押しされました。

これから、九次元からの分霊の方が日本の地上世界で活動を起こしはじめるのかもしれません。

その方がどなたかはまだ私にも分かりませんが、わたくしに出来る限りのことは、天上界から指示があればしたいと思います。


九次元霊界からの魂が降臨された時には、
八次元、七次元の魂達がサポートに周ったり、後ろだてしたり、

道を整えたり、広めたり、九次元の魂が役割を果たしやすいよう地上世界の地ならし的な役目を担います、

直接会ったり、接触したりしなくとも、世の中の人々に伝わりやすく様々な役割があるものです、
地上世界の日本という国にこれだけ多くの九次元霊界の魂、八次元霊界の魂が降臨している時代は文明末期にしかあり得ないことです。

文明末期には、宇宙からも沢山のサポートが入ります、
まさに、今は文明末期から新時代に変革したばかりの時期です、
すでに新時代に突入しています。


このサイトに、お集まりの皆さまは、
これから先の人生で大きな使命があることでしょう。

それは、これから各々が天上界とパイプが繋がり初めてから、
本格的に魂に伝えられてくるかもしれません。

お役目は、身魂相応に与えられて参ります。

まずは、ご自身の身魂を浄化し、波動を高める努力をなさって下さい。

あらゆる神々に祀るようにしてください。

神を祀ることは難しいことではありません、
神々に感謝し、神々をたてまつること、大切にすること、心の拠り所とすることです。


本日は長文の深い内容の記事になりました。

信じる信じないは皆さま次第です、私を疑われたり、離れていかれる方々もいると感じます、そのような時期のようです。


天地の皆さまに感謝し、
愛と光を送ります。

いつもありがとうございます。


          広光清蓮

写真広光清蓮 ニチニチソウ








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

当サイトへお越しくださいまして、いつもありがとうございます☆。(^-^)/


本日は人間から感じられるエネルギー、波動についてお話させていただきます。


波動といいましても、それは様々なものから生じているエネルギーのことであり、それぞれのものから周波数の違うエネルギーが出ています。


人間だけでなく、物や動植物、場所など全ての世の中にあるものはエネルギーを生じています。

そのエネルギー、波動は常に変化しています。

ここでいうエネルギー、波動は熱量のことではなく霊的エネルギーです。

さて、このエネルギーの持つ周波数には高い低いの違いや波動の繊細、荒いなどの違いがあり、人や物もそれぞれが違う周波数を放っています。


人間の出す波動について、高い低いと書くとあまり良く思われない方々がおられますので、
ここでは、繊細な波動と荒い波動のイメージの方でお話しようと思いますが、

波動の周波数とは、
音の音色のもつ周波数に例えると分かりやすいです。
高い音ほど波動も繊細な細やかな波形になり、低い音ほど波形も荒く雑な形になります。


高い音だから偉い、低い音だから悪い、劣るというものでないように、
人間も高い波動と低い波動に優劣はないのですが、
地球霊界では、魂の周波数の高さ、レベルに応じて住む世界が厳しく分かれているのが事実です。


霊界は地上世界とは違い、周波数のあまりに違う魂同士は同じ場所にはいられないのです。 

地上世界は様々な周波数の波動を持つ生命が混在して暮らす世界です。

霊界では高い繊細な周波数の魂ほど、高い次元のより美しい霊界に住まうことになります。


地球霊界での人格霊の中で最高次元(九次元)の高い波動を持つ魂が住む霊界には、

キリスト様や御釈迦様をはじめとした同じようなレベルの魂が同じ世界に生きております。


ですので、周波数が高いほど良いと皆さまが感覚で分かるのは、皆、周波数の高い魂を尊敬し、神のように感じているからだと思います。


例え波動が低い、荒い魂だとしても神の分魂であることは間違いありません。


宇宙の全ての生命が神の分魂であることは以前記事にも書いたことがあります。


では、清らかな(高い)波動、荒い(低い)波動を放つ人間から
感じる私自身の感覚をお話します。


感じ方もみなそれぞれ違うと思うので、私の感覚だけが正しいというものではないです。


私自身が現実の物質世界で、清らかな波動の方に出会ったり、お見かけしたりすると、
その方の周りの空気がだいたい直径二メートルから五メートルくらい澄んだ空気になっている感じがします。

人によりその感じられる範囲は違いますが。


そして、波動の清らかな方は、暖かく、澄んだクリアな空気(エネルギー)をまとっているのが分かり、
その方を遠く離れた場所から見ても、その方から清々しい香りを感覚で受け取ります。


感覚的な説明は言葉にするのが難しいですが、私は香りのような感覚でオーラを感じるタイプのようです。


人間ですから、そのような清らかな波動を放つ方も、
体調が悪い時や怒ったり悲しい時に会えば少しエネルギーが変わるものですが、
全体的に醸し出されるエネルギーが周りに癒しを与えたり、穏やかさや愛を感じさせます。


女性の方が柔らかなエネルギーを感じますが、男性でも清らかな波動の方々は心地よい澄んだ爽やかな明るいエネルギーが感じられます。


会えるとなんだか嬉しい気持ちになったり、感謝したり、憧れたり、なんか素敵な方だな、とか元気をもらえたり、また会いたいなと感じる方が多いはずです。


そして、荒い波動を放っておられる方についても、言及いたしますが、
最近はこのように書くと、見下していると感じられる方もいるようで、どのように説明したらよいか悩むのですが、

私は様々なエネルギーを受け取ってしまうタイプなので、荒い波動の方々こら感じる感覚も少し書かせていただこうと思います。


私は道を歩いていたり、町中にいるだけで、
様々な所から荒い波動を放つ方のエネルギーもキャッチしてしまいます。


普段私が接している、慣れている波動とあまりにもかけ離れた波動を放つ方からのエネルギーには、非常に敏感に伝わってしまいます。


そのようなエネルギーが私にとってあまり心地良いものではないので、
私はあまりそのようなエネルギーをキャッチしたくないのが本音です、

しかし、それを正直に書くと、差別している、見下している、同じ人間なのにそのように感じること自体どうなんでしょう、
と感じる読み手の方も必ずいると思いますが、

不快に感じてしまうのも事実です。

なぜかというと、
荒い波動を放つ方々から、

私は不快な匂いや体の痛みを受け取ってしまうのです、

かなり離れた場所からでも見かけたり、声が聞こえるだけで、
伝わってきます。

そして、感覚的にゾワっとする、嫌な気を感じ、怖いような、とにかく体が拒否反応を示しているのが分かります、、

胃の辺りや胸がザワザワし痛むような嫌なエネルギーを受け取ってしまうのです。


感じる不快な臭いは様々です、タバコの様な香りやカビやヘドロ、トイレ臭などの混ざったような、とにかくあまり嗅ぎたくない香りをキャッチしてしまいます。


実際の鼻以外の感覚で臭いのように伝わってきます。通りの反対側にいようが、距離が離れていようが関係なく伝わってきてしまう、
なので、人混みや公共の乗り物は苦手です。


清らかな波動の方々からは、
清々しく心地よい香りを感じ、

かなり荒い波動の方々からは、様々な不快な香りがします。

なので、物理的に離れたり、見えないようにする、聞こえない距離まで行きたくなる

それが事実です、
これを語ればおそらく、なんて冷たい人、
嫌味な人と思われそうですが、


心がザワザワして落ち着けなくなる、胃が苦しくなる、胸が痛む、聞きたくない声がスピーカーを通したように大きく聞こえてくる、不快な臭いが、ハッキリと分かるようになれば、

おそらく、そう言う方々も、
そのようなエネルギーを放っている方から離れたくなるはずです。


キャッチしやすい私のような人間は、

はやり心地よいと感じるエネルギーの方と居たくなります。


それが安心であるし、不快な思いをしなくてすむからです。


付き合う人間を人はみんな無意識に選んでいます。


近い周波数の人同士は、よく一緒になったり、親しくなりやすいものです。


親しい関係の方々がよく並んで話していたり、歩いているのを見かけますが、

仲良く話している方々を見かけると、
その方々の放っているエネルギーが非常に似たエネルギーを醸し出していることが多いです。


霊眼で感じるその方々の姿が、そっくりな時も良く有ります。

 血の繋がりもない人同士でも、まるで双子などのように似たように感じられます。


顔つきや、雰囲気、服装なども似てくることも良く有ります。


私も以前親友と出掛ける度に着てくる服が似ていたり、
一緒にいると姉妹に間違われたことがありました。


話しは変わり、
清らかな波動の人に合わない方々もおります、
清らかな波動の方々をひがんだり、悪口を言ったり、面白く思わない方々は、
あまりに波動が違うということもあります。
 

人間は自分の波動に近い波動を放つ存在に親しみや好感を感じるものです。


たとえキリスト様や御釈迦様のような霊格の存在でも、
低い次元の霊界にいる魂からすると、嫌な存在に捉えられてしまいます、

あまりに波動が違う為に怖れられてしまったり、批判されたり、話を信じてもらえないこともあります。


高い次元の霊界(天上界、神界)では、高い波動の魂は、尊敬の的であり、

秩序が保たれ、みんな高い波動の存在を喜んで歓喜で迎えいれますが、

低い次元の霊界では理解することさえできずに、高い波動の存在を拒絶してしまうほどの差があります。


そうゆうこともあり、霊界では、一つ上の次元の世界に住む霊人が、

一つ下の次元の霊人達に指導したり、教えに行く、ということが多いのです。


あまりに波動が違うと、理解されにくく、指導する側も、される側も互いに波動の違いにより不快な思いを感じやすいからでもあります。


霊界でも、キリスト様や御釈迦様レベルの魂にはなかなか出会うことは出来ないものです。


地上世界でも、波動の違いが関係性に大きな影響を与えております。


あまりに周波数の違う存在は不快に感じたり、理解することが難しい事があります、

その為に様々な周波数のライトワーカー達が、それぞれの感じる事をブログやサイトや本などで発信しております、

一人だけの発信では、様々な周波数の人が存在する地上世界では、理解されにくいので、

いろんな人が発信することで、発信者の周波数に近い方々に広がり伝わりやすくなります。



神示は身魂相応に受けとり方は違うと日月神様のお言葉にありますが、

どの情報にしても、身魂相応の感じ方があり、捉え方も、

受け取り方もそれぞれの人間の持つ周波数により、全く捉え方は真逆にもなるものです。


千人いれば、地上世界では千人に良いように思われることなど不可能なように、

どんな事も地上世界では感じ方は千差万別、身魂相応となります。



若い方の場合は姿形の造型の善し悪しに関係なく、波動の清い、荒いがあります。
顔や姿はモデルのようでも、荒い波動の方も沢山おります。


歳を重ねる毎に人相と波動、また姿から醸し出される雰囲気が比例していくように感じます、

年配の方になると、顔によりハッキリと出ておられます。


愛の溢れる清らかな波動の年配の方に、最近犬の散歩などでも良く出会う事が増えましたが、
とても人相も穏やかでこちらまで幸せな気持ちになります。


地上世界で作りあげた人相が、
霊界での顔になるようです。


霊界に行けば人相はごまかせません、
ハッキリと出てきて、長い長い地上よりも長い期間、地上世界で作りあげた人相が皆さまの顔となります。


霊界では若い年代の姿、顔になることも出来ますが、人相の穏やかさや険しさなどは地上世界で作りあげた人相が現れ、変えられません。

意地悪そうな人相で地上をされば、霊界では、意地悪そうな顔が余計にハッキリと現れます。


愛の溢れる人相で地上をされば、霊界ではより美しい朗らかな人相と現れます。


全て地上世界での体験が霊界での様々な事に反映される仕組みなのです。


地上世界と霊界はそんな意味でも、大きな繋がりがあり、切っても切り離せない存在です。


天地一体であります。


本日はこの辺で失礼致します。


皆さまから頂きますコメントも非常にわたくしの魂に響いております、
言霊として頂戴するエネルギーはプラスの言霊は2倍3倍と喜びとなり魂の栄養になっています、
マイナスの言霊もわたくしの場合は2倍3倍となり響いております。


皆さまから様々な気づきをいただき、ありがたいことです。


皆さまが素晴らしい地上経験をされて、
霊界に戻る際に、全てが生かされますよう、
皆さまの発展と弥栄をお祈り致します。

         


写真広光清蓮 マツバギク








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体