物の寿命とメンテナンス


いつもお読みいただきありがとうございます\(^_^)/


今日は庭の花を植え替えたり、
家庭菜園の種まきをしたりした後に、

以前から何回かに分けて塗り直している、ラティスという木製の目隠しフェンスにペンキ塗りをしました。



ラティスは四年前にホームセンターで購入した初めから白のペンキが塗られたものでした。


しかし、四年もたつとペンキが少し剥がれてきたり、こけが生えたりしてきて、汚れが目立ち始めたので、
今年はウッドデッキとラティスをペンキ塗り替えすることにしました。


二十代のころからDIY が好きでペンキ塗りを何回もしたことがありましたので、
ペンキなんて簡単に塗り終わる、
そう思っていました。


しかし、ラティスの方のペンキ塗りを私もしてみると、
なんだか、はかどりません。


ラティスの片側を塗るだけで疲れてしまいました。

ならば僕が、と主人もラティスをペンキ塗りしてみると、主人の体力でもなぜかラティス片側が塗り終わるとへとへと。


二人してラティスを未だにまだ全て塗り終われず、
かなりゆっくり何日がかりになってもまだ終わりません。


塗るうちに、三十代でこんなにペンキ塗りに時間と体力を使うなら、
もっと歳をとったら、ラティスは所有できないな、と感じました。


物は所有していれば、メンテナンスも必要になります、メンテナンスしなければ直ぐに寿命が来ます。


所有している物があればあるほどメンテナンスに時間も体力も使い、処分する手間もかかります。


物はなんでも寿命があるもの、
私達の肉体と同じ、
メンテナンスしなければダメになるのも、身体と同じですね。


歳をとるほどに体力がなくなり、かたずけもメンテナンスもしにくくなります。


歳をとるごとに手放していかなくてはならないな、と実感しました。


綺麗を保ち、快適に生活するには、
手入れをしていくか、手放して軽くしていくかが良いでしょう!

         
スポンサーサイト

今しか生きていない



☆*゜。゜


毎日が 『今』 の積み重ねで、


みんな 『今』しか生きていないんだよ。



存分に 『今』を味わおう。


           

写真広光清蓮

続きを読む ≫

オバマ大統領の広島訪問と演説

皆様こんにちは。

休日いかがお過ごしでしょうか(^-^)

昨日はアメリカの現職大統領であるオバマ大統領が広島を訪問し慰霊碑に献花され、
演説をされた、歴史に残る1日でした。

日本でも、アメリカでも、世界中で様々な意見がありました。

訪問を反対するアメリカ国民、謝罪を求める日本国民もいたことでしょう。

しかし、我々地球人は、
もうこれからは、国などを越えて、地球の人類はみな一つであり、
肌の色や言語は違えど、
同じ地球に住む、兄弟姉妹であるという認識に変わらなくてはなりません。

敵もない、相手国民だって沢山の犠牲になった人々の家族は戦争などだれもしたくなかったはずです。

犠牲になった魂はこれ以上戦争など必要ないと願っております。 相手を責めたり、恨む思いは、戦争と同じエネルギーです。

地球にこれから、戦争と同じ争いや恨みのエネルギーは無くしていかなくてはなりません。

そして、地球に核兵器が無くなる未来を進めていかなくてはなりません。


オバマ大統領の演説の最後に、


『広島と長崎を核戦争の始まりとして記憶するのではなく、私たち自身の道徳的な目覚め(覚醒)にしなければならないのです。』

と締め括られていたことに、
感慨深い意味が感じられました。


和訳した方の訳し方により、目覚めと訳されていたり、覚醒と訳されていますが、
本当に人類に宇宙からのエネルギーが降り注ぎ、

覚醒、目覚めが益々加速していくことを象徴したスピーチだったと実感しました。


オバマ大統領の演説の中で、
私が特に感慨深く感じたメッセージを抜き出します。


スピーチは長文ですので、読むのが困難な方にも見易いように、
抜粋して掲載しておきます。全文読みたい方はリンク先に載せておきます。


オバマ大統領の広島演説の全文は
→こちら NHK News web よりオバマ大統領の広島訪問 所感の全文(少し時間が立つと上に全文記事が現れます)



私の特に感じたメッセージ、オバマ大統領の広島演説より以下抜粋


『 私たちを人類たらしめている思考、想像力、言語、道具を作る能力、そして、私たち自身を自然から区別し、思いどおりに自然を変える能力。
そういったものが、私たちに度を超えた、大きな破壊力を与えるのです。

物質的進歩や、社会的革新は、こうした真実を見えなくさせるのでしょうか。
どれだけたやすく暴力を正当化してきたのでしょうか。
すべての偉大な宗教は、愛や慈しみ、公正さを説いていますが、決して、信仰が殺す理由になってはいけないのです。 』


『 科学によって、私たちは海を越えてコミュニケーションを図り、空を飛び、病を治し、宇宙を理解しようとしますが、また、その同じ科学が、効率的に人を殺す道具として使われることもあるのです。
近代の戦争は、この真実を、私たちに教えてくれます。
そして、広島は、この真実を私たちに教えてくれます。

私たちの人間社会が、技術の進歩と同じスピードで進歩しないかぎり、技術はいずれ、私たちを破滅させかねません。
原子を分裂させることを成功させた科学の革命は、私たちの道徳の革命をも求めています。だからこそ、私たちはここに来ました。』


『 わが国アメリカのように、核兵器をみずから持つ国は、恐怖の論理から脱する勇気を持ち、核兵器のない世界を追求しなければなりません。

私が生きているうちに、この目標を達成することはできないかもしれませんが、破滅から世界を遠ざける努力を続けなければなりません。
そのために、核兵器を廃絶するための道筋をつけることができるし、核兵器が新たな国家や狂信者たちの手に渡るのを防ぐこともできるはずです。

ただ、それでも足りません。どんなに粗雑な銃や爆弾であっても、すさまじい規模の暴力を可能にするさまを、私たちは今も、世界の各地で目の当たりにしています。

私たちは、戦争に対する考え方を変え、外交によって、紛争を回避し、すでに始まった紛争についても、それを終えるための努力を怠ってはなりません。世界の国々は、ますます相互に依存するようになっています。
しかし、それを暴力的な競争ではなく、平和的な協力につなげるべきです。』


『 何よりも必要なのは、私たちがいかに世界の人々と互いにつながっていて、人類の一員であるのか、改めて思いをいたすことなのかもしれません。

このことこそが、私たちの種の特別さなのです。私たちの運命は、遺伝子で決まっているわけではありません。だから、過去の過ちを再び犯す必要はないのです。

私たちは学ぶことができます。選ぶことができます。子どもたちに、これまでとは違う話を伝えることができます。人類に共通の価値観があり、戦争が起こりにくく、今よりも残酷な行いを許さない世界の話を。』


『 どの人もそれぞれの価値があり、誰の命も貴重なものです。私たちが伝えなければならないストーリーは、私たちはみな、人類という1つの家族の一員だということです。
それが、私たちが広島に来た理由です。



『 人々はこれ以上の戦争は求めていません。彼らは、科学のすばらしさが人生を終わらせるためではなく、向上させるために使われることを望むでしょう。

国々が選択をするとき、リーダーたちの選択にこのシンプルな英知が反映されれば、広島の教訓は生かされます。』


締めくくり 
『 広島と長崎を核戦争の始まりとして記憶するのではなく、私たち自身の道徳的な目覚めにしなければならないのです 』

あくまで一部抜粋したものです、
全文読まれることをお勧めいたします。


いつも、ありがとうございます。

            広光清蓮
写真広光清蓮 平和を求めて

続きを読む ≫

清潔(せいけつ)とは



『 清 潔 』(せいけつ)とは


『清く』『潔い(いさぎよい)』事です。




心も体も(つまり、身魂が)清らかで

物、事、様々なエネルギーに執着せず、

潔く(いさぎよく) 絶つ事(手放す事)の出来る心を持つ有り様を、

人は清潔に感じ、

清潔な人と言うのでしょう。



何にも囚われない清らかで軽い執着のないエネルギー

それが本当に高い波動(エネルギー、周波数)です。


自らも、心の内も身の回りもいつも清潔を心がけ、そう有りたいものです。


天地の皆様に感謝いたします。

          


写真広光清蓮

続きを読む ≫

いつでも旅に出れるような心でいたい


天上界の神霊様方にいただいたメッセージ


『 いつでも旅路に出られるような執着のない軽やかさと、
自分にもう必要でないものを手放すことのできる人間でいなさい 』


この世的な解釈で、数年間の長い旅にいつでも出られるような気持ちでいる方が、
執着が無くて良いという意味あいと、


霊的な解釈でとれば、
いつでも肉体を去ってあの世へ帰れるような、さっぱりと執着を離れられる人間でありなさい、
という意味もどちらの意味も大切なことだと分かります。


物にしても、仕事にしても、住まいにしても、家族にしても、愛する人達にしても、

いつ離れても、大丈夫、と思えるくらい、

愛といえども、重いエネルギーの執着やエゴの混ざった愛でいてはいけないでしょう。

離れても、旅に出てこの先ずっと会えなくなったとしても、
この世を去ってあの世に行ってしまったとしても、
相手の幸せを祈っている、

くらいの執着のない清らかで高いエネルギーの愛で相手を、包むことが、

天上界の愛です。

たとえ、夫婦、子供、家族、恋人、魂のパートナー、であったとしても、

離れたくない、失いたくない、死なれたら困る、いなくなったら生きていけない、

そんな執着たっぷりの自分でいてはいけないのです。

心から人々を思いやり、愛する、とは、

いつ一人で遠く長い旅に出て、今の生活で愛した全てを離れ、誰にも合えなくなったとしても、

遠くから人々を愛し祈る心ではないかと思います。


          広光清蓮



神と獣に立て分けられる

わたくしの指導霊様から本日のメッセージ

古いお言葉使いの為に、読みにくい方もいらっしゃるかと思いますが、現代訳に変換ではなく、降りて来た言葉のまま載せさせていただきます。

☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆

今世の中は神の目による立て分けが起きておる。


今後ますます地上世界上では、立て分けによりて二極化せんとす。

神人となりゆくもの(人間)と

獣となりゆくもの(人間)に立て分けられん


神性発揮しゆくものは、益々繁栄し輝きゆく

獣性発揮しゆくものは、益々内面の醜さ露呈されゆかん。

二極化の世の中になりて、
生きやすきもの(人間) 生きづらきもの(人間)と分かれ

地上世界は、天(天国)と地(地獄)のごとく分かれゆかん

地にて獣となりゆくもの(人間)はその世界が住みやすき

自らその世界におるもの

また、神のように振る舞うも、内性は、神人にあらず、
獣であるもの(人間)も増えゆかん。

なれど、神人らの目には、

いくら神人のように振る舞おうが、内性は獣であるとハッキリと見透かされん。

だまさるるは、獣であるものらのみ。

獣は獣を騙し、騙されん。


今、必要不可欠なことは、

身魂を磨くことのみ。

自らの過ちを反省し、神の元に嘘偽りのない人間となりて、
言(言葉)、心、動(行動)を正しゆくこと


御民らは身魂を磨き、己を正し、自己愛を持ちつつ、利他に生きゆくこと

そが第一なり。

一刻も早く御民を目覚めさせよ、

神は一刻も早く御民らが目覚め改心しゆかんと待ちに待ちておりたが、
  
その猶予もあと僅かに残るばかりとならん。

一人の改心が多くの御民を目覚めさせ、影響を与えなん。

地球を救うは神、天のみでは不可能である

人間の力もなければ、地球は救えぬ。



2016年5月24日 


続きを読む ≫

地上の神々とは


これからの新たな世では

地上の神々が地上世界で、
  色とりどりに活躍する神々の世界となる


地上の神々とは、、、、

実は皆様のこと 

   私達人間のこと


各々が魂(内面)からの神性に目覚め、
  神性を発揮し 


本当の地上の神、女神となりゆく


人間が神人となり、

  地上世界を神の世界となしてゆく

いよいよ地上の神々が動き始めている。


神様は、天にだけいるのではなく

一人一人の命の中にも『有る』のです。


           広光清蓮


写真広光清蓮

続きを読む ≫

動物や子供は愛のある人ない人を見分ける


動物や子供がなつく人間となつかない人間がいる

動物や子供は人間の持つ愛の量を見分ける。


動物や子供は
ちゃんと愛の波動の量を感じとり、

その人物が愛のある人間か、

感覚と霊的に見極めて、愛をあまり感じ無い場合には、

なつかない。

動物も子供も、大人以上に正直である。

           


写真広光清蓮 

続きを読む ≫

霊界動画 第1章から第8章までの全章リンク


皆様こんにちは♪


本日は霊界について、美しい動画でわりと分かりやすく説明されている動画をご紹介致します。


私が臨死体験の際にみたような風景も沢山載っており、

臨死体験談を書いている間に、この動画に導かれました。


文章よりも、画像で見る方が皆様に伝わりやすいこともあると思います。


全シリーズ、第1章から第8章まで
全て一度に見るのは大変かもしれませんが、

まずは、全シリーズの動画をリンクを張らせていただきます。


1章約6分ほどの動画です。


今後、1章ずつまたゆっくりとご紹介して、私の見てきた霊界と重なる点などの解説なども出来たらと思います。


ぜひ、死後の世界を地上界にいる間に、理解しておいていただけたら、と思います。


霊界チャンネルより

霊界動画シリーズをリンク致します。
(パケット通信代に御注意ください。)

☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆


霊界動画第1章~死と旅立ち~ 

霊界動画第2章~精霊界~ 

霊界動画第3章~霊界の様相~ 

霊界動画第4章~天国~ 

霊界動画第5章~中間霊界~ 

霊界動画第6章~地獄~ 

霊界動画第7章~魂の純化~ 

霊界動画第8章~地上界と霊界~ 


時間のある時に是非ごゆっくりご鑑賞ください。



必要なエネルギーは与えられている、与えられているエネルギーをどう使うかが試される


私は先程、御風呂上がりに髪を一人で乾かしている間に、
「今何が一番欲しいか」と天から聞かれ、

真っ先に
『もっと体力、エネルギーが欲しい』と答えました。


私の中では、最近いつも、もっと風邪もひかず、疲れにくくなって、活力がもっとあったらいいな、と感じていました。

今の私は、家事を毎日一通り、食事作り、食器洗い、洗濯、掃除、布団を干したり、庭の水やりや買い物をして、
子供を公園などに連れていくこと、子供の世話、犬の散歩、

そして、このブログと、もう1つのひふみ神示の現代訳のブログを書くこと、それで精一杯で、
毎日それだけで、体力が無くなり、

それ以外に、あまり人を自宅に招いたり、
友人やママさん達と戯れたり、遊びに行くような気力も、体力もなく、

幼稚園の行事に行くのが、精一杯の体力で、
大抵は幼稚園行事に行った後は、
具合が悪くなり数日間疲れが抜けず、
風邪を引いたり、体調をくずすので、

私は今、友人やママさん達と会うエネルギーすら持てない状態で、
友人に会う機械は、今は本当に少なく、
年に片手に収まる回数ほども会っていないのです。

本当に毎日ギリギリの体力で、体力のほとんどを家事育児、ブログに費やしています。

そんな私に、
神様(神霊様か、お名前は分かりませんが、男性の神様)がお話をしてくださいました。


天の声『そなたには、必要なだけのエネルギーは、すでに与えられておるであろう、

そんなにエネルギーがそれ以上あって、どうするのだ。』


私の心の声

「えっ、私に必要な分のエネルギーは与えられている、、のですか。」

天の声『そうじゃ。

みな、必要な分のエネルギーを既に与えられて生きておるのじゃ。    

そなたは、今現在すべき事は、全て出来るだけのエネルギーが、与えられておろう。

何か不足はあるのか。 もし、かりに、もっとエネルギーが増えたところで、そのエネルギーを、使ってもっとしたいことが今あるのか。』


私の心の声

「確かに、今の私が取り組むべき事は、全てちゃんと出来る体力はあります。

家事、育児は出来ているし、ブログも書けています。

これ以上エネルギーがあったからとらいって、今、これ以上何かをしたいとは思っていません。

エネルギーがあったからとらいって、毎日友達やママさん達と会いたいとも思っていないし、他に何処かに行きたいとか、やりたいとは思うことは、確かにありません。」

天の声

『であろう、みな、与えられているエネルギーの中で、
それをどう使い、どう生かして生きるかが、問われているのじゃ。

そなたが今現在する必要のある事をなすだけのエネルギーは充分に与えられておる、

不足は申すでない、

沢山エネルギーがあるから良いわけではない。

無駄に今必要のない事にエネルギーを費やすことのないよう、
エネルギーはそれぞれの必要なだけ、必要な分用意され、与えられておるのぞ。 

そなたが今必要なことにエネルギーを費やせるのならば、
不足はなかろう。』

私の心の声

「なるほど、私が間違っていました。

既に、充分に与えられていたことに気づきませんでした。

充分に与えられているにも関わらず、不足を感じ、
もっと体力、エネルギーが欲しいなどと感じていたとは、なんて私は愚か者でしょう。

本当に神様には、感謝しかありません。

もう、不足は言いません。

充分だったと知り、本当にありがたいことに気づかせていただきました。


いつも、ありがとうございます。本当に毎日ありがとうございます。」

と申し上げました。


私が渇望していた、体力、健康、活力

つまりエネルギーは、

これ以上は今の私には沢山は必要なかったなんて。。


驚きました。発想ががらりと変わりました。

疲れやすい自分、体力が無いと感じていたけれど、
この体力を何に費やしたいか、

それは今はやはり、
育児、家事、ブログに費やしたい。

だから、今の状態が自分のお役目、仕事を、していくベストな状態なのだと、分かりました。

新たな気づきをありがとうございました。

天地のご協力、支持を下さいます皆様へ

感謝申し上げます。

ありがとうございます。


           広光清蓮
写真広光清蓮

続きを読む ≫

HOMENext ≫

プロフィールprofile

Meary Florence

Author:Meary Florence
メアリーフローレンス 日本女性 1980年生まれ 2児の母

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

2013年に臨死体験をしてから、私の人生は大きく変わり出しました、世界の為に世の中の一切の生命の為に私をお使いくださいと神様にお伝えしてから、守護神様からブログを始めるよう伝えられ、
2015年からクリスタルチルドレンブログを書いておりました。(旧ブログはもう閲覧出来なくなってしまいました、現在は第ニ章光の道です)いつもご愛読くださいます皆様に感謝を込めて。
Name :Meary florence
Female
Message *Welcome to my blog 💗Thank-you for all .

カテゴリcategory

新しい記事new entry

月別アーカイブarchive

検索フォーム