ありがとうございます☆心から感謝します

いつもお読みいただきありがとうございます\(^_^)/


今日は庭の花を植え替えたり、
家庭菜園の種まきをしたりした後に、

以前から何回かに分けて塗り直している、ラティスという木製の目隠しフェンスにペンキ塗りをしました。



ラティスは四年前にホームセンターで購入した初めから白のペンキが塗られたものでした。


しかし、四年もたつとペンキが少し剥がれてきたり、こけが生えたりしてきて、汚れが目立ち始めたので、
今年はウッドデッキとラティスをペンキ塗り替えすることにしました。


二十代のころからDIY が好きでペンキ塗りを何回もしたことがありましたので、
ペンキなんて簡単に塗り終わる、
そう思っていました。


しかし、ラティスの方のペンキ塗りを私もしてみると、
なんだか、はかどりません。


ラティスの片側を塗るだけで疲れてしまいました。

ならば僕が、と主人もラティスをペンキ塗りしてみると、主人の体力でもなぜかラティス片側が塗り終わるとへとへと。


二人してラティスを未だにまだ全て塗り終われず、
かなりゆっくり何日がかりになってもまだ終わりません。


塗るうちに、三十代でこんなにペンキ塗りに時間と体力を使うなら、
もっと歳をとったら、ラティスは所有できないな、と感じました。


物は所有していれば、メンテナンスも必要になります、メンテナンスしなければ直ぐに寿命が来ます。


所有している物があればあるほどメンテナンスに時間も体力も使い、処分する手間もかかります。


物はなんでも寿命があるもの、
私達の肉体と同じ、
メンテナンスしなければダメになるのも、身体と同じですね。


歳をとるほどに体力がなくなり、かたずけもメンテナンスもしにくくなります。


歳をとるごとに手放していかなくてはならないな、と実感しました。


綺麗を保ち、快適に生活するには、
手入れをしていくか、手放して軽くしていくかが良いでしょう!

         
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

皆さまこんにちは♪

昨日の公開わくわくワーク講習

→こちらです 

は、わたくし自身も行いました。


そこから、様々な事に気づきました。


今日はその中で、人間関係についての気づきをお話しいたします。


昨日の公開わくわくワーク講習の中で、
今携帯、電話やパソコンのアドレス帳が消えてしまったら、


一ヶ月以内に誰に連絡を取りたいか、
連絡をとらなくても会う人はだれか、
書くことをしました。


また、半年以内、1年以内ではどうか、
それぞれ書くことで、

より今の自分にとって大切な人間関係がハッキリしました。


私の今一番関係する人々は、

現実世界では、

家族、親族、幼稚園の先生や幼稚園バスの運転手さん、幼稚園の子供達、幼稚園の保護者達、近所の方々、近所の子供達、
まさに、このような方々が、今の私の生活で毎日顔を合わせたり、挨拶したり、関係する方々です。


それが、スピリチュアルで言われるまさに、『今』『ここ』の自分に一番大切な世界であり、愛を広げるための学びの場であると分かります。


今の、自分の生きている生活の場に、必要な人間関係の中には、

過去の学生時代の学校という世界も、

過去の職場の世界も、
過去に住んでいた場所の世界も、
 今の私には関係が薄れた世界となっています。



今の私が生きている世界は、
今住んでいる場所であり、今関係している世界は子供達の幼稚園という世界であって、

過去の職場でもかつて自分が通っていた学校でもありません。


また、小学校や中学校といった世界にも、我が家は今は関係がない世界です。


来年からは小学校も関わる世界に追加されますが、まだ関係のない世界です。


そう思うと、自分の今学びの中で特に大切にしなくてはならない世界は、

過去の学生時代の友人達や、過去の職場の方々でもない、

結婚してから、私の周りの人間関係も親戚がどんどん増えてきました、

主人の両親、主人の兄弟、またそのお嫁さん達、主人の親の兄弟(おじ、おば)、主人のいとこ達、
自分の妹のお婿さん、甥っ子、その義理弟のご両親、

自分が結婚したことで、主人の親兄弟側の人間関係も一気に広がり、

また、自分や主人の兄弟達も結婚していくことで、身内がどんどんと広がり、親しくさせていただいている、大切な家族達が増えてきたのです。


それぞれに子供達が生まれて、増えることで、より愛する人々がどんどんと増えております。


そして、団地から戸建てに家を構えたことで、さらにご近所さん達とのご縁が増え、一生の付き合いになる可能性のある方々が、
増えました。


過去の学生時代の友人達や、過去の職場の友人達以上に、大きな一生のご縁が生まれてきているのです。


私の今の生活では、過去の人間関係よりも、
やはり今の生活で毎日顔を合わせている方々に、愛を周りに広げる学びが与えられているのだと思います。


それにきづかなければ、
新たな出会いがあっても、疎かにして、過去の人間関係にばかり合わせていると、


本当に今、自分が学ぶべき場所で愛の学びが出来なくなり、

今、ここで生きている状態ではなく、
いつまでも、過去の、昔の世界で生きつづけていることになります。


社会人になってから何年も、また結婚してからもしょっちゅう学生時代のグループで集まる方々もいます。


自分だけ抜けたら、何を言われるか怖くて嫌々参加したり、
グループならではの結束にしばられて自由になれない、などそれは、

本当に大切な友達というよりも、
互いに縛り合って、抜けられなくなっている状態です。


私自身も過去に様々なグループに所属しました。


学生時代のグループ、サークル、女子会、

だれかの誕生日や結婚、婚約など祝い事には、必ず呼ばれ、プレゼントの買い出しや、場所の予約などもありました。


毎月集まるような会もありました。


私はもうこりごりして、結婚してからは、ほとんど参加していませんし、連絡も来なくなりました。


しかし、いまだに集まりたがる方々も中にはいるようです。


私は10年以上経って話題が合うこと自体に違和感を覚えます、

変わらないってけしていい言葉ばかりではなく、魂も過去のまま変わらないのでは良くないように思います。



皆さまそれぞれに、今、自分の大切にしなくてはならない世界があるはずです。

それは、みんな違います。

学生には学生の今大切な世界があり、

仕事をされている方は過去のではなく、今の職場も大切な世界の1つです、

主婦の方は、ご近所だったり、子供関係の場所だったり、それぞれ毎日接する世界、それが今のあなたには大切な世界です。


私が仕事をするようになれば、職場のスタッフさんやお客様達も大切な人間関係になるでしょう。


今の自分が愛を広げるべき相手がハッキリと昨日の公開わくわくワーク講習の人間関係の書き出しで、
明確になりました。



その方々に愛ある態度で、笑顔で、親切に接することが大切ですね。


アドレス帳が消えてから一ヶ月以内に連絡を取りたいと感じる相手には、

今まで以上に愛をもった接し方を心がけようと思いました。



皆さまが、幸せに生きることをいつも願っております。



天地の皆さまに感謝いたします。

          









現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:自分を愛する - ジャンル:心と身体



☆*゜。゜


毎日が 『今』 の積み重ねで、


みんな 『今』しか生きていないんだよ。



存分に 『今』を味わおう。


           

写真広光清蓮








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:心に響く言葉・メッセージ - ジャンル:心と身体

皆様こんにちは。

休日いかがお過ごしでしょうか(^-^)

昨日はアメリカの現職大統領であるオバマ大統領が広島を訪問し慰霊碑に献花され、
演説をされた、歴史に残る1日でした。

日本でも、アメリカでも、世界中で様々な意見がありました。

訪問を反対するアメリカ国民、謝罪を求める日本国民もいたことでしょう。

しかし、我々地球人は、
もうこれからは、国などを越えて、地球の人類はみな一つであり、
肌の色や言語は違えど、
同じ地球に住む、兄弟姉妹であるという認識に変わらなくてはなりません。

敵もない、相手国民だって沢山の犠牲になった人々の家族は戦争などだれもしたくなかったはずです。

犠牲になった魂はこれ以上戦争など必要ないと願っております。 相手を責めたり、恨む思いは、戦争と同じエネルギーです。

地球にこれから、戦争と同じ争いや恨みのエネルギーは無くしていかなくてはなりません。

そして、地球に核兵器が無くなる未来を進めていかなくてはなりません。


オバマ大統領の演説の最後に、


『広島と長崎を核戦争の始まりとして記憶するのではなく、私たち自身の道徳的な目覚め(覚醒)にしなければならないのです。』

と締め括られていたことに、
感慨深い意味が感じられました。


和訳した方の訳し方により、目覚めと訳されていたり、覚醒と訳されていますが、
本当に人類に宇宙からのエネルギーが降り注ぎ、

覚醒、目覚めが益々加速していくことを象徴したスピーチだったと実感しました。


オバマ大統領の演説の中で、
私が特に感慨深く感じたメッセージを抜き出します。


スピーチは長文ですので、読むのが困難な方にも見易いように、
抜粋して掲載しておきます。全文読みたい方はリンク先に載せておきます。


オバマ大統領の広島演説の全文は
→こちら NHK News web よりオバマ大統領の広島訪問 所感の全文(少し時間が立つと上に全文記事が現れます)



私の特に感じたメッセージ、オバマ大統領の広島演説より以下抜粋


『 私たちを人類たらしめている思考、想像力、言語、道具を作る能力、そして、私たち自身を自然から区別し、思いどおりに自然を変える能力。
そういったものが、私たちに度を超えた、大きな破壊力を与えるのです。

物質的進歩や、社会的革新は、こうした真実を見えなくさせるのでしょうか。
どれだけたやすく暴力を正当化してきたのでしょうか。
すべての偉大な宗教は、愛や慈しみ、公正さを説いていますが、決して、信仰が殺す理由になってはいけないのです。 』


『 科学によって、私たちは海を越えてコミュニケーションを図り、空を飛び、病を治し、宇宙を理解しようとしますが、また、その同じ科学が、効率的に人を殺す道具として使われることもあるのです。
近代の戦争は、この真実を、私たちに教えてくれます。
そして、広島は、この真実を私たちに教えてくれます。

私たちの人間社会が、技術の進歩と同じスピードで進歩しないかぎり、技術はいずれ、私たちを破滅させかねません。
原子を分裂させることを成功させた科学の革命は、私たちの道徳の革命をも求めています。だからこそ、私たちはここに来ました。』


『 わが国アメリカのように、核兵器をみずから持つ国は、恐怖の論理から脱する勇気を持ち、核兵器のない世界を追求しなければなりません。

私が生きているうちに、この目標を達成することはできないかもしれませんが、破滅から世界を遠ざける努力を続けなければなりません。
そのために、核兵器を廃絶するための道筋をつけることができるし、核兵器が新たな国家や狂信者たちの手に渡るのを防ぐこともできるはずです。

ただ、それでも足りません。どんなに粗雑な銃や爆弾であっても、すさまじい規模の暴力を可能にするさまを、私たちは今も、世界の各地で目の当たりにしています。

私たちは、戦争に対する考え方を変え、外交によって、紛争を回避し、すでに始まった紛争についても、それを終えるための努力を怠ってはなりません。世界の国々は、ますます相互に依存するようになっています。
しかし、それを暴力的な競争ではなく、平和的な協力につなげるべきです。』


『 何よりも必要なのは、私たちがいかに世界の人々と互いにつながっていて、人類の一員であるのか、改めて思いをいたすことなのかもしれません。

このことこそが、私たちの種の特別さなのです。私たちの運命は、遺伝子で決まっているわけではありません。だから、過去の過ちを再び犯す必要はないのです。

私たちは学ぶことができます。選ぶことができます。子どもたちに、これまでとは違う話を伝えることができます。人類に共通の価値観があり、戦争が起こりにくく、今よりも残酷な行いを許さない世界の話を。』


『 どの人もそれぞれの価値があり、誰の命も貴重なものです。私たちが伝えなければならないストーリーは、私たちはみな、人類という1つの家族の一員だということです。
それが、私たちが広島に来た理由です。



『 人々はこれ以上の戦争は求めていません。彼らは、科学のすばらしさが人生を終わらせるためではなく、向上させるために使われることを望むでしょう。

国々が選択をするとき、リーダーたちの選択にこのシンプルな英知が反映されれば、広島の教訓は生かされます。』


締めくくり 
『 広島と長崎を核戦争の始まりとして記憶するのではなく、私たち自身の道徳的な目覚めにしなければならないのです 』

あくまで一部抜粋したものです、
全文読まれることをお勧めいたします。


いつも、ありがとうございます。

            広光清蓮
写真広光清蓮 平和を求めて








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:心に響く言葉・メッセージ - ジャンル:心と身体


いつもおよみいただきありがとうございます。


私は 祖母と同居しながら育ちました。


父方の祖母も、母方の祖母も大好きで、
私はおばあちゃんっ子でした。


私は幼少の頃、
同居していたおばあちゃんの部屋に入ることが大好きでした。


おばあちゃんの和室は、私の宝箱のようにワクワクする場所でした。


そのおばあちゃんの部屋で私が最も好きだった場所、
それは、 おばあちゃんの鏡台(ドレッサー)でした。

長い姿見がついた和式の鏡台でした。


私はおばあちゃんのその鏡台の前で、鏡台の中身を触るのが、本当にワクワクして、大好きでした。


眉かき(アイブロウ)
口紅
リップブラシ
ビューラー
おしろい
チーク
アイシャドウパレット
ヘアクリーム
椿油
つげ櫛
手鏡

そんなお化粧道具が入っていました。


私はおばあちゃんのお化粧道具を見るたびにワクワクし、
自分がいつか大人になってお化粧している事を夢にみながら、

おばあちゃんの部屋に入ると必ず鏡台の前にいくのでした。


私のおばあちゃん達は二人共にオシャレでした。


TPO に応じて服をいつもワクワクしながら、あれこれ鏡の前で、どれを着ようか何日も前から準備して、

アクセサリーも、装いも、孫ながらにおばあちゃん達は憧れの女性でした。


普段は質素にしていましたが、

祖母二人共にイベントやお出掛けの時は、

素敵な洋装や着物をビシッと自分で着て、
バック、帽子、扇子、アクセサリー、靴、杖、サングラス、
しっかりと準備されていました。

歩いていると、一緒にいてこちらまで誇らしく感じられるような
祖母達でした。


母方の祖母のドレッサーも私は知っています。


小さな移動できる大きさの鏡台です。
和の布張りがされていて、コンパクト、
いつもら質素で物をあまり持たない母方のおばあちゃんらしいドレッサーです。


その鏡台の引き出しは本当に一段だけで小さな引き出しですが、

そこには、母方のおばあちゃんのお化粧道具が完璧に入っていました。


リップパレット
リップブラシ
おしろい
眉かき
眉切りはさみ
これくらいですが、
母方のおばあちゃんは、
その日の気分で口紅の色を選んで毎日リップパレットから口紅を引くのでした。


毎日出掛ける前に、そのドレッサーを出して、必ずお化粧をしてから外に出掛けました。


私は母方のおばあちゃんに、
『私は父から人前に出る時は必ず身なりを整えなさい、としつけられたの。 どんな時も、見てる人は見ているものよ。』
とおばあちゃんの美意識を教わりました。



私が大人の女性達の女性らしさを子供時代から感じて来たポイント


それが、お化粧道具や、お化粧をする姿、
ドレッサーだったのです。

小さくてもドレッサーの
中に、愛用のお化粧道具が入っていて、

そのお化粧道具で毎日出掛ける前には、ドレッサーの前で、メイクをしている。

その姿、意識から

私は大人の成熟した女性らしさ、を感じて来ました。


そのドレッサー、お化粧道具、お化粧する姿から、
祖母達の女性としての生き様や、美意識、女性のあり方などを一番感じとれました。


歳を重ねていくごとに、段々と女性らしさからかけ離れていきやすいのかもしれませんが、

はやり女性として最後まで生きたいので、メイクやオシャレ意識は私は自分に必要だと思います。


その方が断然イキイキして見えます。


私自身も産後、スピリチュアルの目覚めと重なり、

自然に戻った方が良いような気がして、
化粧をしたりするのを辞めた時期がありました。


女らしさなんて、もういらないでしょう、と思って身なりに一切構わなくなった時期もありました。

今振り返ると、その頃は決して幸せオーラや、輝きが増したとはいえませんでした、

自分への自信も、女性としての楽しみも

消えていましたね。



私達は、周りに憧れたり、お手本になるような女性がいなければ、

なかなか女性としての生き様やあり方を真似すらできません。


男性を見ていて、女性としての生き様やあり方はなかなか学べません。


女性は女性から学ぶことがあります。


憧れの女性、素敵な女性から得るものは、

本当に大きな影響があると実感しています。



出会った女性の中で、尊敬したり、憧れの女性がいると、

その女性達の影響は鮮烈で、非常に大きな影響を与えてくださいます。


疎遠になったり、他界したり離職したりして会えなくなっても、

その女性達の素敵な記憶はずっと頭に、魂に残ります。



女性に生まれたからには、

最後まで女性を謳歌して、地上生活をイキイキと生きて

全ての女性達が、

女神として輝く世界になりますように、

心より願っております。☆*゜。゜
        
         


FC2blog テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体



『 清 潔 』(せいけつ)とは


『清く』『潔い(いさぎよい)』事です。




心も体も(つまり、身魂が)清らかで

物、事、様々なエネルギーに執着せず、

潔く(いさぎよく) 絶つ事(手放す事)の出来る心を持つ有り様を、

人は清潔に感じ、

清潔な人と言うのでしょう。



何にも囚われない清らかで軽い執着のないエネルギー

それが本当に高い波動(エネルギー、周波数)です。


自らも、心の内も身の回りもいつも清潔を心がけ、そう有りたいものです。


天地の皆様に感謝いたします。

          


写真広光清蓮








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:心に響く言葉・メッセージ - ジャンル:心と身体


天上界の神霊様方にいただいたメッセージ


『 いつでも旅路に出られるような執着のない軽やかさと、
自分にもう必要でないものを手放すことのできる人間でいなさい 』


この世的な解釈で、数年間の長い旅にいつでも出られるような気持ちでいる方が、
執着が無くて良いという意味あいと、


霊的な解釈でとれば、
いつでも肉体を去ってあの世へ帰れるような、さっぱりと執着を離れられる人間でありなさい、
という意味もどちらの意味も大切なことだと分かります。


物にしても、仕事にしても、住まいにしても、家族にしても、愛する人達にしても、

いつ離れても、大丈夫、と思えるくらい、

愛といえども、重いエネルギーの執着やエゴの混ざった愛でいてはいけないでしょう。

離れても、旅に出てこの先ずっと会えなくなったとしても、
この世を去ってあの世に行ってしまったとしても、
相手の幸せを祈っている、

くらいの執着のない清らかで高いエネルギーの愛で相手を、包むことが、

天上界の愛です。

たとえ、夫婦、子供、家族、恋人、魂のパートナー、であったとしても、

離れたくない、失いたくない、死なれたら困る、いなくなったら生きていけない、

そんな執着たっぷりの自分でいてはいけないのです。

心から人々を思いやり、愛する、とは、

いつ一人で遠く長い旅に出て、今の生活で愛した全てを離れ、誰にも合えなくなったとしても、

遠くから人々を愛し祈る心ではないかと思います。


          広光清蓮




FC2blog テーマ:心に響く言葉・メッセージ - ジャンル:心と身体

わたくしの指導霊様から本日のメッセージ

古いお言葉使いの為に、読みにくい方もいらっしゃるかと思いますが、現代訳に変換ではなく、降りて来た言葉のまま載せさせていただきます。

☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆

今世の中は神の目による立て分けが起きておる。


今後ますます地上世界上では、立て分けによりて二極化せんとす。

神人となりゆくもの(人間)と

獣となりゆくもの(人間)に立て分けられん


神性発揮しゆくものは、益々繁栄し輝きゆく

獣性発揮しゆくものは、益々内面の醜さ露呈されゆかん。

二極化の世の中になりて、
生きやすきもの(人間) 生きづらきもの(人間)と分かれ

地上世界は、天(天国)と地(地獄)のごとく分かれゆかん

地にて獣となりゆくもの(人間)はその世界が住みやすき

自らその世界におるもの

また、神のように振る舞うも、内性は、神人にあらず、
獣であるもの(人間)も増えゆかん。

なれど、神人らの目には、

いくら神人のように振る舞おうが、内性は獣であるとハッキリと見透かされん。

だまさるるは、獣であるものらのみ。

獣は獣を騙し、騙されん。


今、必要不可欠なことは、

身魂を磨くことのみ。

自らの過ちを反省し、神の元に嘘偽りのない人間となりて、
言(言葉)、心、動(行動)を正しゆくこと


御民らは身魂を磨き、己を正し、自己愛を持ちつつ、利他に生きゆくこと

そが第一なり。

一刻も早く御民を目覚めさせよ、

神は一刻も早く御民らが目覚め改心しゆかんと待ちに待ちておりたが、
  
その猶予もあと僅かに残るばかりとならん。

一人の改心が多くの御民を目覚めさせ、影響を与えなん。

地球を救うは神、天のみでは不可能である

人間の力もなければ、地球は救えぬ。



2016年5月24日 










現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体


これからの新たな世では


地上の神々が地上世界で、
  色とりどりに活躍する神々の世界となる


地上の神々とは、、、、

実は皆様のこと 

   私達人間のこと


各々が魂(内面)からの神性に目覚め、
  神性を発揮し 


本当の地上の神、女神となりゆく


人間が神人となり、

  地上世界を神の世界となしてゆく

いよいよ地上の神々が動き始めている。


神様は、天にだけいるのではなく

一人一人の命の中にも『有る』のです。


           










現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体


動物や子供がなつく人間となつかない人間がいる

動物や子供は人間の持つ愛の量を見分ける。


動物や子供は
ちゃんと愛の波動の量を感じとり、

その人物が愛のある人間か、

感覚と霊的に見極めて、愛をあまり感じ無い場合には、

なつかない。

動物も子供も、大人以上に正直である。

           


写真広光清蓮 








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体