ありがとうございます☆心から感謝します

皆様こんにちは♪


本日は霊界について、美しい動画でわりと分かりやすく説明されている動画をご紹介致します。


私が臨死体験の際にみたような風景も沢山載っており、

臨死体験談を書いている間に、この動画に導かれました。


文章よりも、画像で見る方が皆様に伝わりやすいこともあると思います。


全シリーズ、第1章から第8章まで
全て一度に見るのは大変かもしれませんが、

まずは、全シリーズの動画をリンクを張らせていただきます。


1章約6分ほどの動画です。


今後、1章ずつまたゆっくりとご紹介して、私の見てきた霊界と重なる点などの解説なども出来たらと思います。


ぜひ、死後の世界を地上界にいる間に、理解しておいていただけたら、と思います。


霊界チャンネルより

霊界動画シリーズをリンク致します。
(パケット通信代に御注意ください。)

☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆


霊界動画第1章~死と旅立ち~ 

霊界動画第2章~精霊界~ 

霊界動画第3章~霊界の様相~ 

霊界動画第4章~天国~ 

霊界動画第5章~中間霊界~ 

霊界動画第6章~地獄~ 

霊界動画第7章~魂の純化~ 

霊界動画第8章~地上界と霊界~ 


時間のある時に是非ごゆっくりご鑑賞ください。




FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体


私は先程、御風呂上がりに髪を一人で乾かしている間に、
「今何が一番欲しいか」と天から聞かれ、

真っ先に
『もっと体力、エネルギーが欲しい』と答えました。


私の中では、最近いつも、もっと風邪もひかず、疲れにくくなって、活力がもっとあったらいいな、と感じていました。

私は持病を持つ身体で 二人の子供を出産したので
毎日精一杯で、体力が産後は無くなり、

あまり人を自宅に招いたり、
友人達と戯れたり、遊びに行くような気力も、体力もなく、

学校行事に行くのが、精一杯の体力で、
大抵は行事に行った後は、
具合が悪くなり数日間疲れが抜けず、
風邪を引いたり、体調をくずすので、

私は今、人達と会うエネルギーすら持てない状態で、

友人に会う機械は、今は本当に少なく、
年に片手に収まる回数ほども会っていなませんでした。


本当に毎日ギリギリの体力でヘトヘトになりながらなんとか記事を書いている、

そんな私に、
神様(神霊様か、お名前は分かりませんが、男性の神様)がお話をしてくださいました。


天の声『そなたには、必要なだけのエネルギーは、すでに与えられておるであろう、

そんなにエネルギーがそれ以上あって、どうするのだ。』


私の心の声

「えっ、私に必要な分のエネルギーは与えられている、、のですか。」

天の声『そうじゃ。

みな、必要な分のエネルギーを既に与えられて生きておるのじゃ。    

そなたは、今現在すべき事は、全て出来るだけのエネルギーが、与えられておろう。

何か不足はあるのか。 もし、かりに、もっとエネルギーが増えたところで、そのエネルギーを、使ってもっとしたいことが今あるのか。』


私の心の声

「確かに、今の私が取り組むべき事は、全てちゃんと出来る体力はあります。

家事、育児は出来ているし、ブログも書けています。

これ以上エネルギーがあったからとらいって、今、これ以上何かをしたいとは思っていません。

エネルギーがあったからとらいって、毎日友達やママさん達と会いたいとも思っていないし、他に何処かに行きたいとか、やりたいとは思うことは、確かにありません。」

天の声

『であろう、みな、与えられているエネルギーの中で、
それをどう使い、どう生かして生きるかが、問われているのじゃ。

そなたが今現在する必要のある事をなすだけのエネルギーは充分に与えられておる、

不足は申すでない、

沢山エネルギーがあるから良いわけではない。

無駄に今必要のない事にエネルギーを費やすことのないよう、
エネルギーはそれぞれの必要なだけ、必要な分用意され、与えられておるのぞ。 

そなたが今必要なことにエネルギーを費やせるのならば、
不足はなかろう。』

私の心の声

「なるほど、私が間違っていました。

既に、充分に与えられていたことに気づきませんでした。

充分に与えられているにも関わらず、不足を感じ、
もっと体力、エネルギーが欲しいなどと感じていたとは、なんて私は愚か者でしょう。

本当に神様には、感謝しかありません。

もう、不足は言いません。

充分だったと知り、本当にありがたいことに気づかせていただきました。


いつも、ありがとうございます。本当に毎日ありがとうございます。」

と申し上げました。


私が渇望していた、体力、健康、活力

つまりエネルギーは、

これ以上は今の私には沢山は必要なかったなんて。。


驚きました。発想ががらりと変わりました。

疲れやすい自分、体力が無いと感じていたけれど、
この体力を何に費やしたいか、

それは今はやはり、
育児、家事、サイトに費やしたい。

だから、今の状態が自分のお役目、仕事を、していくベストな状態なのだと、分かりました。

新たな気づきをありがとうございました。

天地のご協力、支持を下さいます皆様へ

感謝申し上げます。

ありがとうございます。


           








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体


いつもお読みいただきありがとうございます。


霊的な目覚めとともに、どんどんと「今」しか生きないようになってきました。


以前は過去を振り返ったり、思い出に浸ったり、過去を引きずったり、

はたまた将来に思いを馳せてああだこうだと不安になったり、夢見たり、

また、他人の心配にエネルギーを使ったり、

自分の『今』を意識するよりも、

他人のことや、

過去や、未来将来、ばかりに気(エネルギー)を割いてしまって、

肝心な目の前の『今』をあまり見ていませんでした。


しかし、霊的な目覚めが起きて、魂の意識覚醒が進むにつれて、

他人の心配事、過去、将来にエネルギーをほとんど使わないようになりました。


『今』に自分の魂、意識がちゃんとある。


そして、過去を映してある、写真を昔は良く見て過去を振り返ったり、懐かしがる事ありましたが、
今は全くなくなりました。


写真を見ると昔からなんだか感傷的なセンチメンタルな気分になり、あまり心地良いと感じないのでした。


この感傷的な気持ちは、どんな楽しかった写真でも、
写真を見るとマイナスな気分になります。


それは、過去にエネルギーを持っていかれてしまうからなのかもしれないと感じます。


大切なのは『今』なのに、

過去にエネルギーを費やすこと自体、あまり心地良い行動ではないのかもしれません。


それから写真を現像することも今はいつの間にか無くなりました。


撮ってSDカードなどに入っていれば、現像しても、ほとんど見ないし、現像代もかなりかかりますし、

この世を去る時に大量の写真が残されたら、子供達も保管するにも、処分するにも困るだろうと感じるので、


昔の写真もデジタル化して小さなメディアに保管して、
写真自体は処分して減らして行こうかと思っています。


写真よりも、目の前の現実をしっかりと心に記憶しておく方が大切に今では感じます。


写真やビデオに夢中で、
現実を楽しめないのは、もったいないような気がします。


心の記憶は、亡くなってからも、ずっと魂に刻まれています。


魂には、全てインプットされているので、
写真よりも、頭の中で思い出す事が人間は出来ます。


写真は、その時の気(エネルギー)を映して保管しておくもの。

どの写真でも過去の気(エネルギー)です。


画像を載せる際も、昔の写真を載せるよりも、撮りたての新鮮な画像の方がエネルギーが良いです。


私は、今は本当に毎日気分の切り替えが早く、
昨日のこと、数日前のこと、数週間前のことは
すっかり気持ちも、記憶もあまり残さずに、リセットされているようです。


一ヶ月前のことなど、すでにほとんど水に流れたかのように数年経ったかのように、

遠い昔の記憶のように忘れてしまいます。
(認知症やアルツハイマーなどとは違う意味で)


私の中で、過去は過去。


今が一番好きですし、今の自分が過去より良いと分かります。


過去のことは、今は気にしないです。


目の前の『今』を存分に味わいましょう。


私達は、今を生きています。



        








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体


こんばんわ♪


最近の私は、行きたい場所も本当になくなってきて、
欲しいものも、ほとんどなくなり、

やりたいことも、今すでにやって生きている状態で、

食べたい物も、なんだかあまり、、、

最近の私は食物に興味が沸かなくなりつつあります。


買い物に行っても、買う物が最近は決まってきて、精肉コーナー、鮮魚コーナーにいくことは、今ほとんどありません。

加工食品は買う事がまだありますが、
日持ちしないし、家族もみんな食べたがらなくなった、精肉や鮮魚は最近ほぼ食卓にあがりません。


そして、私は以前家庭菜園もやったのですが、
自分が作った野菜を食べたいとあまり思わず、野菜よりも、目で見て美しい花を育てて眺める方が私達家族には幸せだと感じるようになり、
野菜は本当に一部に葱やジャガイモや葉物を植えている以外は、
見た目の美しさを大事にするようになりました。


どうやら、私自身は、今、食物からのエネルギー摂取以上に、

目から入るエネルギーから、栄養やエネルギーを摂取していると、感じてなりません。


食べ物を食べて美味しいと思うよりも、

今では、美しい花や美しい写真、見た目が美味しそうだったり、美しい見た目の画像やパンフレットなどの写真を見ているだけで、

実際に口に食物を入れたりしなくても、

素晴らしいエネルギーをいただいている感じがするのです。


写真を見ているだけで、味まで伝わって来ますし、
魂が非常にうきうき喜んでいるのが分かります。


目からみえる画像からエネルギーを獲ている。

普通の感覚では、分からないかもしれませんが、
私が美しい女性や、美しい物、人、子供、デザイン、写真、花などが好きなのは、

それらから、高い波動の美味しいエネルギーが目から入るからだと思います。


美しい女性の画像も見ているだけで、凄く満足できて、満腹感が得られます。


画像や、写真は、いくらでも今の時代は無料で世の中に溢れています。 


最近は、お店などのパンフレットの中から、美味しそうな食べ物や、美しい花、美しい場所、風景、美しい服、美しい女性、可愛いスイーツなどの写真を集めており、
その写真、画像をノートに張り、

私のエネルギー源として、幸せ気分を味わいたいときには、
それらの私の好きなものを、集めた写真スクラップを開きます。


実際の食事より何倍も私にとって、幸せ気分になれるのです。



クリスタルチルドレンの方の他のブログでも、クリスタルチルドレンは食べるより見ることで幸せ気分になるようなことが書かれていました、

私と同じだ、と思って、これは、クリスタルチルドレンの特性の一つなのかもしれないと自覚しました。



食事からのエネルギー源以外にも、霊的なエネルギーから身体にエネルギー摂取できているのかもしれません。


食事は、本当にどんどん関心が減り、
食事する内容以上にお店の雰囲気や、食事の見た目の満足度を重視するようになりました。


店のエネルギーの方が食事内容よりも、私にとっては重要です。



それでは、皆さまぐっすりとお休みくださいませ。


愛を込めて☆。*。*

写真広光清蓮 京成バラ園にて








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体




今までの文明は、物が沢山あれば、お金が沢山あれば、豊かと思って来たけれど、

物がいくらあっても、どんどん増えれば逆に家の中は汚く狭くなり、幸せどころか、
マイナスエネルギーが蔓延してしまう。



今までの2000年間は、魚座の時代という、
物質主義の文明の流れる時代だったのです。


権力、支配、お金、物質、そういったものに価値がおかれ、男性的なエネルギーの時代でした。


しかし、今、時代は既に魚座の時代から、

アクエリアスの時代、つまり水瓶座の時代に変わりました。


それが新時代でもあります。 


水瓶座の時代は、女性性のエネルギーの時代になります。


魚座の時代のような物質主義は終わり、

水瓶座の時代(新時代、弥勒の世、アセンションした世界とも重なる)は、

精神の時代に変わります。


もう、皆さまも、だんだんとお気づきになられているでしょう。


物や権力、お金では、

本当の幸せ、豊かさは得られないと。


精神、心、魂の豊かさに価値が置かれる世界に、時代に変わります。


学歴、職業、肩書き、財産、

そういったものも、もう価値は無くなります。

いくら学歴が高くても、幸せとは言えません。


いくら名誉や、知名度があり、肩書き、職業が立派でも、心の中は真っ暗な方々が沢山おられます。


そういったものに価値がないと、皆さんだんだんと気がついています。


財産があれば、本当に幸せでしょうか、


最後に孤独に、周りから嫌われ、けむたがらられ、誰にも感謝されずに亡くなる、それが幸せな人生と言えるでしょうか。



「蔵の宝より、身の宝、

身の宝より心の宝、第一なり」

という天上界にいる日蓮という僧侶様のお言葉がございます。


物や財産、名誉、肩書き、学歴、地位、

それが幸せとは言えないと、

私達人間は、もう知り、変換する時です。


そういったものよりも、

身の健康や、家族、仲間、絆そういったものがありがたいでしょう。


しかし、それ以上に大切なものは、

自分の心、魂のあり方ではないかと、

考えさせられます。



幸せの原点は、

自分の心にある。



自分の精神、心、魂次第で、
人間はいくらでも幸せになれる



物質の時代は、もう本格的に精神の時代に立て変えられ、


社会も、世界も、人間の意識からくる大変革が起きて参ります。



神の意志も働き、地球全体が新たな水瓶座の時代に様変わりしていきます。



もっともっとみんなの心がイキイキ、幸せに輝く時代に変わりますので、


早く目覚めたライトワーカー達から、
物質主義からいち早く卒業されております。



良い大学に進学する為に勉強する、
沢山財産を得るために内容は対して好きではなく、嫌なことが沢山あるけれど収入の良い職業につく、

高収入の職業に付くために大学に入れるよう勉強する、

そんな意識も卒業になるでしょう。



好きな分野だから勉強する、

好きな仕事、やりたい仕事だから働く、

新時代ではそんな意識に変わります。



皆さまの幸福と、平和をお祈りしております。

いつもありがとうございます。

         









現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体


いつもありがとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


疑似自宅避難生活をしたことで、
改めて家に必要な物を考えさせられました。


私の実家は、今まで物を溜め込み、無駄なものばかりが家の大半を占領していました。


先日実家をかたずけにいくと、
つくづく物は必要最小限あれば、充分だと感じました。


そして、妹の部屋のかたずけをした際に、装飾品も、本当に少なくて良いと実感しました。

大量のアクセサリーや、置物、小物、写真立て、
部屋に物があるほど、地震が起きた時に危険です。


我が家も一昨日の茨城県を震源とした震度5の地震で、少し揺れに合い、

写真立ても、置物も、結局地震が来た時には、
床に落ちてガラスが割れたり、怪我の元になるくらいなら、
必要ないな、と感じました。



最小限の生活必需品と、少しだけ心を潤してくれる心豊になれるものを残したら、

どんどん無駄な所有物は手放していいんだと思います。


そして、最後に必要な物は、

災害時や来客用の備蓄です。



波動高く感じられるお宅には、必ずゆとりがあります。

そして、他人の為の接待用の備蓄や、
本当にいざというときの備えが出来ているのです。


つまり、精神的にゆとりが、余裕がそれだけあると言うことです。

そして無駄なものは家に置いてありません。


他者をいつでも受け入れる余裕がある家は、栄えます。


芸能人の突然のお宅お泊まり、なんて番組も見たことがありますが、
泊めて下さるお宅は、どこも、親切、人が良い、お宅が広い、綺麗、余裕がある、
また、来客用の布団などが用意されている、
そんなお宅ばかりでした。



また、東日本大震災の時の若い一人暮らしの女性の話が印象に残りました。

その子は、震災で自宅に何も備蓄しておらず、上京して身内も近くにいなくて不安を抱えていました。


そんな時友達で、その子と同じように一人暮らししているA 子さんが自分の家に来なよ、と言ってくれたそうで、
その子は友達A 子さんの一人暮らしの家に泊めてもらいました。


そこで、その子は、A 子さんがちゃんと自分の分の布団を敷いてくれ、
自分も被災して大変なのに、自分の食事まで出してくれ、
ちゃんと、来客用の食器や箸置きまで設置して
自分を災害時にもてなしてくれたことが、


あまりに自分の意識と違い、災害備蓄や、来客用のもてなしの意識をもっていたA 子さんのその心に胸をうたれ、

涙がこぼれて来たそうです。


その体験以降は、自分もA 子さんのような素敵な女性になりたいと、
自分も、他人の為に用意できる人間になろうと心を変えるきっかけになったそうです。


この話を聞いて、私はA 子さんのような素敵な女性が一人でも、世界に増えたなら、きっと素晴らしい世界になるだろうと思いました。

まさに、大和撫子とは、A子さんのような人でしょう。


私も自分の家族の物は最小限にして、
備蓄や、来客用のおもてなしを充実させるような、家の中身にしたいな、と常々思っております。

         


FC2blog テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

いつもお越しくださいまして、誠にありがとうございます。


尾崎さんの生涯は、最後は26歳で若くして亡くなられ、悲しい終わりかただったかもしれませんが、

いまだに多くの人たちが尾崎さんの残された曲に、励まされたり、共感されていることでしょう。


世間と自分の間で懸命に曲を残した歌声に、私も揺さぶられました。


↓をクリックして歌声動画をご覧いただけます。(パケット通信代にご注意下さい)

【僕が僕であるために】尾崎豊さんの曲 











現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体


体調が優れない時、癒されたい時にエンヤさんの曲は、エネルギーをいただけます。

エンヤさんの曲は睡眠前に聞くとすんなり熟睡できます、
赤ちゃん、お子さまの寝かしつけに聞かせるのにも最適です。
すぐに寝てくれます。


↓をご紹介致します。
文字をクリックして美しい動画をお聴きいただけます。
(パケット通信代にご注意下さい)

【Only time 】エンヤさんの曲 


【angels】エンヤさんの曲 


          








現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体





自分が他人をなんとかして変えようとすることは、相手としてはありがた迷惑なこと。


例えばのパートナーの欠点や気に入らない部分を、変えてもらおうと、
指摘すれば、するほど、
2人の仲はギクシャクするでしょう。


子供の気になる部分を、親が心配してああだこうだ指摘して、直そうとするほど、
子供はストレスを生じます。

自分にとっては、気に入らない点でも、

相手にとっては、それは普通なことだったりします。


家族であっても自分とは違う人です。


変えてもらおうと、するほどカルマを生じます。


先日、ご主人が何を考えているかさっぱり分からない、コミュニケーションがとれない、
自分の世界に入りこむ、
きっと職場でも周りに溶け込めていないのだろうと思っている、

アスペルガー症候群ではないかと、心配している。


家族会議をして、指摘して、直してもらおうと思うという話を、
現実世界で聞きました。


たとえ、どのような障害や病であろうと、

ありのままのその方を周りが受け入れる世界にならなくては、
誰もが生きやすい世界にはならないでしょう。


自分のことを、他人が変えようとしてくるなんて、
なんて辛いでしょう。


ありのままの自分でいられないほど嫌なことはないでしょう。


私も世間一般な感覚からしたら、かなりズレている部類かもしれません。


私も一人でいる時間が必要な人間です。


つるむということが、短時間ならば、大丈夫でも、
長時間集団の中にいると、苦痛になります。


人混みや、渋滞、狭い場所、狭い道、汚い場所や歓楽街などに行くと、
気分が悪くなります。


心地良いと感じる物、場所、人以外と接することが苦痛に感じるようになりました。


以前は大丈夫だったものが、食べられなくなったり、行きたくなくなったり、接することが苦痛になるに従い、

自分が地球の常識からすると、

ワガママ、神経質、過敏、我慢が出来ない人となっていると感じ、

これで良いのか、それとも我慢して無理して食べたり接したり、行かなくてはならないのか、
地球の常識と、自分の感覚の間で、

どうしていいかわからない、何が正しいのかすら、分からない、

地球の今までの常識、感覚と、

次第に合わなくなっている自分に、

わけが分からないこともあります。


アスペルガー症候群や、ADHD なども、スターシード、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレンなどや、ライトワーカーの中に多いと聞いたことがあります。


私の感じ方では、

スターシード(スターピープル、宇宙から地球への奉仕で派遣されてきている魂)達の感覚、特徴を、

後からアスペルガー症候群や、ADHD など、何かしらの障害や病に当てはめているように感じます。



何かしらの障害や病だって、個性、その魂の特徴のひとつであり、
そのような特徴があるからといって、悪いものでも、劣るものでも、なんでもありません。


命に関わる病などでなく、障害などの場合直す必要もありませんし、

そのまま受け入れることが何より本人には、幸せなことでしょう。


地球の今までの常識に当てはめようとするから、枠にはめようとするから、
異端児に見える、普通と違うと感じられてしまうだけで、

宇宙の視野から見たら、普通というくくりに当てはめること自体が愚かなことです。


スターシード(宇宙から奉仕で派遣されて来ている魂)の中で、地球に来てそう長くない方々は、

地球の今までの常識や感覚が合わずに、
批判されたり、いじめられたり、無理に変えようとされたり、
異端児、普通じゃないなど、

差別されたり、周りとの違いに苦労してきた方々が多いと思っております。


本来、宇宙の常識と、地球の常識は全く違います、
真逆のこともあります。


その宇宙の常識、感覚が自分の感覚だと分かっているスターシードにとっては、

地球で、地球の常識感覚で生きている周りの人々と無理に合わせたいと思えず、苦痛に感じます。



地球の常識感覚に、なぜ合わせなくてはならないのか、
そこにジレンマも生じます。


スターシードの方々は、
宇宙の感覚を多く顕在しています、

そして、地球の常識、感覚を宇宙の感覚に変えるには、スターシード達の感覚や、個性が必要なわけです。


そのような、地球の感覚と違う宇宙の星星から招集されたスターシードの人達が、地球に来て変えていくという計画も地球のアセンション計画の一環ですから、


せっかく、宇宙から地球に、宇宙視野、宇宙感覚を入れて地球の常識や感覚を宇宙視野に徐々に変えることの為に派遣された方々が、

地球の今までの常識や感覚に変えられて、染められてしまえば、
意味がなくなってしまいます。


苦痛に感じたり、苦労をしたりすることも、承知で、宇宙から地球に来る際に、
受け入れて派遣されてきたはずです。


スターシード達は、それだけ、勇敢で、強い魂のはずです。


苦労したり、地球から帰りたい、地球にいたくない、
そう感じながら生きているスターシード達も沢山いると、思いますが、

スターシード達は、地球に来て苦労する事自体が徳になりますから、
どんどん自分の感覚を信じて、

周りとの違いに左右されずに、自分の信じている感覚を生涯貫いて生きていただきたいと思います。


宇宙の感覚の方が正しい事は、

それぞれの魂の中にある内在神がしっかり分かっている


誰に何を言われようと、

どうどうと内なる神(感覚)、自分自神を信じましょう。



愛を込めて、多くの仲間達へ


          

スターシードに関して分からない方向けの、
スターシードについて分かりやすい記事をご紹介致します。

スピラボさんサイトより「スターシードの特徴と目覚めるために必要な事」

スピリチュアルブレスさんサイトより「スターシードとは何か?5つの特徴」









現在の閲覧者数:




追記を閉じる▲


1私の臨死体験談と霊界見学 

2私の臨死体験談と霊界見学 

3私の臨死体験談と霊界見学 

4私の臨死体験談と霊界見学

5私の臨死体験談と霊界見学

6私の臨死体験談と霊界見学の続きになります。

☆。゜。*。☆。゜*



今まで見て回って来た世で、充分もう天国の世界は見終わったように私は考えておりました。


しかし、私を案内してくださった神霊様(私はキリスト様だと感じた)は、
もっと地球最上級の天国世界があることを私に明かして下さいました。


そこは、光明界とも仰っていたように記憶しております。


地上の自己完成の一定ラインまでの修行がほぼ完了した、菩薩や如来クラスの方々がいらっしゃる世界のようです。


そのような世界にも、上階から下階まで階層があり、
上にいくほど素晴らしい世界になっていくようです。


私は先ほどまでみた世界で充分美しく、壮大に感じられましたので、
それ以上の美しさの世界は想像も出来ませんでした。


その地球最上界の天国世界を神霊様が見せて下さると仰って下さいました。


私はどんな世界なのか胸を高鳴らせ眩しい光の中へ入って行きました。


そして、真っ白な光の先に見た世界は、
それはそれは、言葉にする表現が見つからない美しさの世界でした。


地上世界でも見たことのあるものは、山脈やオーロラ、宇宙の本に載っていたような神秘的な光景でしょうか。


家と言えるような建物もありましたが、どれもこの世の建物よりも光輝き、

宝石のようなものが埋められていたり、
壁や柱自体が光る素材だったり、金銀やクリスタルです。



オーロラのような光の柱のような光に空は包まれていたり、すごく明るく清々しい場所もあります。


私はクリスタルで出来た宮殿に案内されました。


なにもかも氷のように透き通る水色のクリスタルで出来ており、
私が入る宮殿は、少しオリエンタル的な美とギリシャ系の美が混ざったような様式の建物でした。


色とりどりの美しい宝石が装飾されておりました。


私はこの宮殿で神霊様とお別れすることになりました。


この体験談に書いたことは、実際に霊界で見たこと、聞いたことの本当にごく一部しか載せておりませんが、

私の魂、潜在意識には、記憶が残っておりますので、

他の記事を書く際にこの体験などで見た聞いた話からもお話しをしていくことになるでしょう。


神霊様からお話しくださいましたことは、
この体験、見た世界を元に必ず、

人々に霊界の存在を明かして、人々のお役に立ってくること、

地上世界だけが地球ではないことを伝えてくること、

地球の地上世界で神、霊界、霊の存在を広げてくること、などを約束しました。


そして、私は神霊様に愛と感謝と、また自分に与えられた使命のようなものを強く感じました。


神霊様が、目の前に大きな暗い穴のようなホールを現しました。


そこに、飛び込むよう促されました。


私は神霊様とお別れすることに、誇りを胸に抱く思いで、

『ありがとうございました。
使命を果たして来ます。行って参ります。』

と感謝感激しお辞儀をしたあとに、手を振り、穴に飛び込みました。



長い長い暗いトンネルを急降下するように進みました。

気づくとそこは、川の前でした。


薄暗い空の下で、綺麗とは言えない暗い川の前に沢山の小石があり、

川の渡し舟に人が乗り、二人の先導さんが舟を向こう岸まで運んでいました。


私のいる側の岸辺には、人々の列が並び、舟に乗るのを待っていました。


私はすぐに、ここは、三途の川だと分かりました。


川の向こう岸に、沢山の人々が集まりこちらに手を降り、何かを私に向かい話してしました。


どうもそこに、集まっている方々は
私の先祖や、関係のある親族や魂の兄弟のような方々のように感じました。


その一番前に私の既に亡くなったお祖父ちゃんがいました。


私に向かい大きな声で叫んでしました。


『おまえには、まだまだやることがある。

早く帰りなさい。まだこちらに来ては行けない。』


そう言われ、私はお祖父ちゃんに向かい

『分かった』と言って手を降り、

川の側を離れました。




そこから、気がつくと、

私は産婦人科の病室のベッドの上で、
目を覚ましました。



長い長い旅をしてきたのに、


私が帝王切開で麻酔をかけられてから、
病室のベッドで目を覚ますまで、
数時間しか経っていませんでした。


私は一度目を覚まし、主人と息子と話を少しだけした後に、
またしばらく寝てしまいました。



そうして、私の臨死体験と、霊界見学は、終り地上にある肉体に戻りました。



地上世界で産後処置を受けたりや体力回復を待ち回復すると様々な指導がありバタバタと過ごし、退院して育児や家事に終われていくうちに、

すっかりと、臨死体験のことは忘れてしまいました。



そして、自分の臨死体験を思い出したのが、


臨死体験から数ヵ月経ったある日でした。


テレビ番組で、臨死体験を取り上げた番組が放映されているのを、たまたま見た時です。


テレビに写った、花畑の画像を見た瞬間に、
自分の実際に臨死体験で見た世界を思い出したのです。


テレビに写った画像よりも、もっともっと美しい世界だった、
こんな花畑どころではなかったわ、と自分の臨死体験をみるみる思い出したのです。


2013年のことでした。


それから私は臨死体験談を掲載されているサイトなども見て、
同じ体験をした人がいないか、読みました。


そこには、私の見た臨死体験と少しだけ共通することも書かれていました、


三途の川のことや、トンネルを急降下したり、花畑を見たり、光や誰かを見た方も書かれていました、


そのサイト
→こちらのサイトです では、日本人の臨死体験談を集めているサイトでしたので、後々(2015年3月に)私の体験談も、本当にかなり省略して、ざっくりと臨死体験の部分だけを短くまとめたものを書き込みました。


それから、自分の家族、親友などに自分の臨死体験を話してみました。


すると、反応は自分の思っていたようなものでなく、自分一人が熱く語り、聞いた側は半信半疑な反応だったり、

あまり興味のないような反応をした人もおり、
『あれ?なんで、こんなに響かないのでしょう、この人には、、、。
なんだか、一人で熱く盛り上がり、相手はあまり興味ないみたい、

そうか、この話は誰にでも気軽に話す内容ではないのか。

響かない人には、話すだけ無駄なのかもしれない。』

なんて、思ってしまいました。


それから、私はこの臨死体験談を現実世界で人々に話すことを止めてしまいました。

語ることだけでも、非常にエネルギーを使う割には、

聞く人々の反応はイマイチだったからです。



そして、臨死体験から私の霊的な覚醒がどんどん進みました。


この臨死体験をしたことで、
霊界、霊、神の存在を実感せざるをえない状態になったので、
スピリチュアルの話が嘘でも、迷信でもなく、
事実であると、はっきり確信出来たので、

霊やスピリチュアルな内容、神霊の霊言や神示などを疑う感覚すら無くなり、
ストンストンと魂に入って行きました。



霊的な学びが数年続いてから、
私は2015年にまた、霊的な体験を致しました。


自分が一度死ぬ間際に追い詰められ、
自分の人生を、これからは、世界の為や人々の為に使うことを神様と約束し黄金のようなエネルギーが体に補充されたような霊体験がありました。


それは、2015年の年頭でした。


それから県内の有名神社に参拝し、決意表明と祈りを捧げて帰ってきた、春分の日の夕方に、
スピリチュアルな内容でブログを書くよう、
天から、女神様の声で指示されたのです。


そうして、旧クリスタルチルドレンブログは、2015年の4月から開始され約半年続けました。


旧ブログを書いている期間中にも短期間に霊的な体験が数々ありました。

  
私はこの臨死体験談や、霊的な体験をブログという媒体に書くことが、
最もこの臨死体験が伝わるべき方々に伝わる方法だと知りました。


やみくもに体験談をばら蒔くよりも、

ある魂の段階に来ている方々にしか、理解されない話であると、感じております。


そして、この体験談を必要としている魂は、

ちゃんと、この情報にたどり着くこと。

それは、天上界が、導いたりサポートして下さっているからだということです。


私の見た霊界は、簡単には言葉で説明出来ないものが多いものばかりです。


この地上世界について、言葉で説明するには、かなり多種多様な世界があって、語り尽くせないように、

私もこの少しの体験談で、語り尽くせない部分が9割ほどある感じです、
ここに書いたものは、霊界の1割も書けていないはずです。

それだけ、地球霊界は、地上世界以上に広大な多種多様な世界です。


また、いつか霊界についてのここに書けていない部分を、違う形で表現できたらと思っております。


自分の表現力の至らなさを感じたり、
どう表現したらよいのかかなり悩み迷いながら書いたものですので、

まだまだ自分の書いた臨死体験談と霊界見学談を、これで良しとは、言えない未熟な文で申し訳ございません。


少しでも、この臨死体験談、文章が皆様の何かのお役に立てましたら、幸いです。


伸ばし伸ばしの更新になってしまい、読み難い中で、体験談全てをお読みくださいました、読者様には感謝申し上げます。


長文お読みくださいまして、誠にありがとうございました。

          






FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体