まわりの人たちを幸せにもイヤな気持ちにもできる


この記事は子供でも分かるようにしているお話です。


子供への語り言葉で書いています。


お話のはじまり*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*


☆メアリー
「 みんないいかな。
みんなはかなしくなってしまうこととか
イヤな気持ちになるときはあるかな?

私たち人間はね、まわりの人たちをかなしい気持ちにさせることもできるし、

楽しい気持ちにさせることもできるし、

イヤな気持ちにさせることも

すぐに出来るのよ。 」


子供 「 へえ、まわりの人たちの気持ちをかえることができるの? 」


メアリー 「 そうよ。 わたしたちは、まわりの人たちを天国にいるように幸せな気持ちにしてあげることも出来るの。

その反対にね、まわりの人たちをイヤな気持ちにしてしまうようなことも出来るの。

人間にはね、自分だけでなく、まわりの人たちの気持ちもかえる力があるの。」


子供 「 え〜、ほんとう? そんな力がボクにもあるの⁉︎ 」


メアリー「 そうよ、 じゃあ タロウくんのとなりで、ハナちゃんがいっぱいかなしくなって大きな声で泣いていたら、

タロウくんはどんな気持ちになるかな? 」


タロウ 「 なんかかわいそうになったり、
しんぱいになるかな。 」

タケシ「 ぼくなら、うるさいと思ってイラっとしちゃうかもしれないな、、、。 」

クミ「 そんなのかわいそうよ。 わたしはいっしょにかなしくなっちゃうな。 」


メアリー 「 そう、ハナちゃんが一人大きな声でかなしくなって泣くだけで、

まわりの人は うるさいとイライラしはじめたり、
いっしょにハナちゃんみたいにかなしくなってきたり、
しんぱいしたり、イヤな気持ちになってしまうことがあるのよ。

なぜだか分かるかな? 」


子供たち 「 なんでだろう? 」


メアリー 「 人の気持ちってね、

はなれていても まわりに つたわってしまうの。

一人がかなしんでしまうと、

まわりの人たちにもつたわるの。

だから、まわりの人はハナちゃんのこと知らないのにかなしくなったり、イヤな気持ちになったり、イライラしたり、しんぱいしたりして

ハナちゃんが泣いているだけで、たのしい気持ちがなくなっていくの。

それは、ハナちゃんのかなしくなった気持ちが
まわりの人たちに伝わったからなのよ。 」


タロウ 「 そういえば、お父さんにおこられると ボクはかなしくなって、
妹もゲンキがなくなって、お母さんもイヤな顔をする 。

一人がおこると家族みんなイヤな気持ちになって家にいたくなくなるよ。。 」


メアリー 「 そうよね、
みんなのお家でもある話よね。

でも、
まわりのみんなを幸せにして、みんなを天国につれていくように楽しい気持ちにさせることも出来るのよ。 」


子供たち 「 え、どうするの? 」


メアリー 「 それはね、 『ありがとう 』をみんなに言ってごらん。


そうするとね、みんな幸せな気持ちになるのよ。

まわりの一人一人に「〇〇ありがとう」「▲▲ありがとう 」って言ってみるときいた人はうれしい気持ちになるね。

はずかしくて言えないなら、まわりを見て何にでもいいから
「 お父さんありがとう、お母さんありがとう、テレビありがとう、先生ありがとう、学校ありがとう、つくえありがとう、、、」

なんでもいいから何かにむかってありがとうを十回言ってごらん。

そうするとね、まわりの人やものたちはうれしくなったり、
幸せになったり、かんどうしたり、
まるで天国(てんごく)にいるみたいに
みんなを幸せな気持ちにさせることができるの。


ありがとうを言うほかにもね、

あなたが楽しい気持ちでいるだけで

まわりの人たちも楽しい気持ちが広がるの。

あなたがニコニコしてるだけで、まわりの人たちもなんか幸せな気持ちになるの。


人間には、まわりの人たちの気持ちをかえる力がある。

だから、あなたたちがニコニコしながら、
楽しい気持ちでいること、

まわりの人やものに『 ありがとう 』を言うだけで


みんなのまわりを天国にしちゃうのよ。」


子供たち 「 すごい! みんなで天国にいるみたいに楽しくいたいよね〜 」


「 ボク今言ってみる!
ハナちゃんありがとう、 タケシくんありがとう、 クミちゃんありがとう、 先生ありがとう、 学校ありがとう、 ランドセルありがとう、 洋服ありがとう、くつありがとう、お父さんありがとう、お母さんありがとう 」

クミ「 わたしもタロウくんありがとう みんなありがとう 、、、、、、、」

タケシ「 ほんとだ、なんかうれしいな。 」

子供たちの顔がかがやいた。


メアリー 「 すごいでしょう、
みんなありがとうを言い合うと ほんとうにみんな幸せな気持ちになるね。


わたしもみんなの気持ちが伝わってうれしいわ。

みんな、今こういう気持ちになっているのはね、天国にいるのと同じ気持ちなのよ。

タロウくんがみんなにありがとうを言ってみんなを天国につれてきたのと同じなのよ^ - ^。」


タケシ「 ボクもありがとうをたくさんいうよ!」

ハナ「わたしもいえにかえってからありがとうを言います。」


メアリー 「 ニコニコしたり、 きみたちがたのしい気持ちでいえにかえってくるだけでも お父さんお母さんもうれしい気持ちになるのよ。

かなしんでいたら、まわりの人もかなしくなったり、イヤな気持ちになるのね。


でもね、むりにかなしい時にニコニコしようとしなくていいのよ、
かなしくなったら泣いていい。

ただ

まわりの人に、みんなのかなしい気持ちも、楽しい気持ちもつたわるということを、覚えていてくださいね。」


子供たち 「 はーい 」


今日のお話はここでおしまいになります^ - ^

*・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・*

大人用


私たちの肉体の中に魂という意識体(エネルギー体)が入っています。


魂は意識体(エネルギー)なので、
エネルギー、つまり波動で瞬時に様々な波動の影響を受けます。


そういったエネルギーの影響を特に他の人間よりも受けやすい、感じやすい方をエンパス体質と言います。


エンパス体質でなくとも、人間に宿る魂そのものがエネルギー体(意識体)ですので、
他の人の出したエネルギー(波動)を受けているのです。


そのエネルギーは遠く離れていたとしても距離と無関係に伝わってしまうのです。


遠く離れている家族が、今幸せに感じていると
離れている他の家族も幸せを感じたり、
安心する。


遠く離れている恋人が 今 悲しんだり、落ち込んでいたら

離れていても、彼氏彼女にも伝わってしまうことがあるのです。


だから、出来るだけ自分が楽しく、幸せに、生きているだけで


周りにいる見える人たちだけでなく、


離れている家族や、親戚や、恋人、友人、仲間、、、


そういった沢山の人たちにも

安心や幸せや楽しく生きている波動(エネルギー)
が伝わって


沢山の人々を安心させることや、幸せな波動に出来るのです。


だから、まずは自分の意識を 幸せにすること。


自分が幸せの波動(エネルギー、意識)でいることが大事なのです。


自分の出す波動(エネルギー)が周りの人たちものたちだけでなく、実際には見えていなくても遠く離れている様々な人々や動植物や自然にまで、沢山の影響を与えることを自覚すると、、


自分の出している波動(意識、エネルギー)がいかに重要か分かります。


自分の意識が、出来るだけ周りに悪影響を与えないように
自分の波動のコントロールも大切だなと感じています。


波動(意識、エネルギー)が下がってしまった時は

『 ありがとう 』の言葉を沢山意識的に言うこと、


ありがとうを意識すると一気に波動(意識、エネルギー)が変わります。


自分の波動(意識、エネルギー)のコントロールの必要性を気づくきっかけになればと思い記事にしました。


今日もお読みいただき、ありがとうございました。


メアリーフローレンス

















スポンサーサイト

私達は神(根源神)の枝葉 誰が偉いというのもではない


私達の生命は、例えるならば

大きな神という大木の中の枝にある、
一枚一枚の枝葉のようなものです。


大きな木を見てみましょう。

そこには沢山の葉がつき、生い茂っています。


その葉の一枚一枚が私達だと考えてみて下さい。


その葉の中には、自分が一番えらい、自分はこんなに大木に役にたっているんだ、
とえらそうにする葉もいるかもしれません。


また、まだ若葉の葉を見ては、俺の方が昔からいるからえらいんだ、色々知ってるし、経験も豊富さ、と見下す葉もいるでしょう。


また、他の葉と自分を見比べて、
自分にはすこし虫食いがある、キズがある、色が薄い、濃いと気にしては、
自分が引け目を感じ、自信のない葉もいるでしょう。


しかし、
皆さんの目からみれば、どの葉が偉いもなく、優劣もなく、良い悪いもないと分かると思います。


神(大木)の目から見れば、
みな大切な自分の子であり、自分の一部を担ってくれている、

愛しい自分、我が身、自分の分身、子であるとすべての葉を愛しているはずです。


どの葉は大木(神)にとってかわいくて、
どの葉は、かわいくないということはないのです。


どれもかわいくて仕方がない自分の一部なのです。


それに気づかない、枝葉の一枚一枚は、

自分だけを大木は評価している、とか、私なんて誰の役にもたってない、
早く落ち葉になって死んでしまいたい、など、
様々な感情に揺れ動きいています。


やがて、秋になり、
葉も一枚一枚色が変わりはじめます。


すると、葉達はよりいっそうソワソワしたり、悩みも深くなりはじめます。


数々の葉は、
「あれ、なんで私はまだ色が変わらないのかしら、隣の葉は、もうあんなに赤くなっているのに、おかしいわ」
と不安になり、


まっ先に色が変わり始めた葉達は、

「ほらみろ、俺はこんなに早く色が変わり始めたぞ、俺はかしこいし、沢山役にたったから、大木(神)にほめられてこんなに赤くなっているに違いない」
とうぬぼれはエスカレート。


次々色が変化していく時期は、葉達の不安も、悩みも、うぬぼれも、増え、
なんだか嫌な雰囲気になりました。


そして、やがて、
真っ先に色が変わり始めた、うぬぼれていた葉達は、
いつの日か、はらりと大木から切り離され、
地面に落ちました。


すると、あれ、なんで切り離されなくちゃいけないんだ、俺は優秀だから、大木にあんなに愛されていたはずなのに、なんで切り離されなくちゃいけないんだ、
と怒りにかわりました。


自分だけ色が変わらないことに不安を感じ、引け目を感じていた葉は、

次々に周りの葉がなくなり、自分が周りよりも長く大木に残れたことを、次第に誇りに感じ始めました。


「なんだ、大木(神)は、自分をこんなに長く残して下さいました、こんなに愛されていたとは、知りませんでした、本当にありがとうございました。」
と最後は満足気に落ち葉となって、大木から
地面にハラハラと降り立ちました。


さて、冬になり、
すべての葉は、大木から切り離され、

地面に落ちました、落ち葉となった、葉達は、

なんだ、みんな、同じ仲間であったんだと悟りました。


最後はみんな同じ姿になり、同じ枯れ葉になるんだと、知っていたら、

あんなに、周りと比べて悩む必要も、自分だけが特別だと思う事も、
無かったんだ。。。

と気づき、反省したのでした。


みんな同じ大木の葉であり、
仲間であり、そこには、優劣も、善悪も、大木から頂くエネルギー、愛の量の差も、

本当は、無かったんだね。


早い遅いの違いはあっても、

みんな最後は同じだったんだね。


と、落ち葉となった、葉達は、

なんて自分達は愚かな心配や競争や、不安を感じて生きていたんだろう、

みんな大木様に、愛されて、ここまで生きられたんだね

とお互いに抱き合い、感げきの喜びにひたりながら、


今度は、もっと早くにみんな同じ仲間だと気づいて、もっと大木の誇りになる生き方をしよう、とみんなで誓いあったのでした。



そして、葉達は、やがてみんなそろって土となり、また、天国へ旅立っていきました。


おしまい     


写真 光を求める枝葉達

続きを読む ≫

ぼくらは言葉という魔法を使えるんだよ


お読みくださいます、みなさま、いつもありがとうございます。

この記事はお子さまにも、大人にも伝えたいお話しです。

子どもでもよめるようになるべく、やさしい漢字、ひらがなでかいていきます。



♥☀お話しの始まりです☀♥


今日はね、タロウくんがママにしかられたんだ。


なんでかっていうとね、
タロウくんは今日、何人かの人にいけない言葉を言ったんだよね。


パパのことを「パパなんて大きらい」、

お友だちに「キライ、こないで」、お店にいた人に「へんな人、イヤだ」

こんな言葉をタロウくんは言っちゃったの。


そしたら、お母さん、タロウくんの事を

「そんな言葉をいわれたら、タロウはうれしい?

かなしいでしょう。だから、人にそんな言葉を言ってはいけないよ。

人がかなしくなる言葉を使えば、タロウにもかなしくなる事がかえってくるのよ。
イヤな気持ちがするのはタロウもイヤでしょう。」
と言った。


タロウくんはむきになって、
「全然かなしくならない、ちっともへいき、キライとか言われてもぼくはいいんだ。」って言い返した。


そしたら、お母さん、タロウくんに
「そう、じゃあお母さんはタロウのことキライね、それでもかなしくないのでしょう。(タロウくん口をとじる)、、、、。

お母さんは、タロウがキライって言われてどんな気持ちがするか、知ってほしくていったのよ。」

タロウくんの目からなみだがこぼれた。

タロウくんは「やっぱりかなしい」と泣いた。

お母さんは、
「タロウ、イヤなことを言われると、むねがいたくなるでしょう。

むねのまん中には、ハートの心がみんなあるんだよ。

イヤな言葉を言われると、みんなむねのハートがいたくなるんだ、かなしくなるし、いやな気持ちになるし、おこりたくもなるんだよ。

タロウもむねのハートがいたくなって、なみだが出たね。

みんな同じなのよ。だから、人がいやな気持ちになることはぜったいに言ってはいけないのよ。」

タロウくんは「分かった、もうぜったいに言わない。」といった。

そしてお母さんは、タロウくんをだきしめて
「お母さんは本当はタロウが大好きよ。ちゃんと分かってくれて、お母さんはうれしいわ。」と言いました。

そして、お父さんがかえってきた時には、
タロウくんは、
「お父さん、今日はお父さんキライって言って、ごめんなさい。
もうぼく、キライってぜったいに言わないことにしたよ。」

とあやまることが出来ました。

            

🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟


私達人間は、言葉という魔法を使っている


人間だけがこの地上で言葉を使えるのです。
 
言葉とは、人を喜ばせたり、心を幸せにする素晴らしい素敵な魔法にもなれば、

人だけでなく全ての命をズタズタに傷つけ、ボロボロにしてしまうほどの恐ろしい凶器にもなってしまう。。


悪い言葉は、悪魔の魔法になり、

良い言葉は、素晴らしいの魔法になるのです。


私達は魔法を授けられました、

そして私達は毎日魔法を使っています。


まわりをハッピーにしたり、はげます言葉、まわりの人に良いエネルギーを与えられる言葉を使えば、
使った人もハッピーになる、


まわりの人や命を傷つけるイヤな言葉を使えば、
使った人にかならずイヤな気持ちが返ってきて、悲しくなったり、怒りたくなるのです。

その思いがやがて憎悪に変わり、醜いエネルギーと変わります。
それが争い、戦争、犯罪へ繋がります。


特に日本語は、素晴らしい特別なスペシャルな魔法です。


言葉にやどるエネルギー、言霊の力を

あなどってはいけませんね。


言葉は、無料、無償の、最も誰もが使えるヒーリング、プレゼント。


今すぐに行える、愛の魔法を、日々、良いエネルギーとして周りに使いましょう。


ありがとう、大好き、感謝します、可愛い、素敵、良い、いいね、出会えて良かった、嬉しい、楽しかった、
などなど、

人が嬉しくなる、喜びを感じられる言葉を、

沢山使ってみる、

言葉を正せば、世界は変わるとも言われております。


人を傷つける言葉、醜いエネルギーの言葉はもう使わないようにしましょう。


人を傷つければ、必ず自分も誰かに傷つけられるから。。

それが、カルマの法則(因果の法則)。


放ったエネルギーはなんでも返ってきますから、
良いエネルギーを放ちましょうね〜〜。

          

ママとぼく 絵 自作

続きを読む ≫

HOME

プロフィールprofile

Meary Florence

Author:Meary Florence
メアリーフローレンス 日本女性 1980年生まれ 2児の母

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

2013年に臨死体験をしてから、私の人生は大きく変わり出しました、世界の為に世の中の一切の生命の為に私をお使いくださいと神様にお伝えしてから、守護神様からブログを始めるよう伝えられ、
2015年からクリスタルチルドレンブログを書いておりました。(旧ブログはもう閲覧出来なくなってしまいました、現在は第ニ章光の道です)いつもご愛読くださいます皆様に感謝を込めて。
Name :Meary florence
Female
Message *Welcome to my blog 💗Thank-you for all .

カテゴリcategory

新しい記事new entry

月別アーカイブarchive

検索フォーム