災害時の照明の重要性


おはようございます。


熊本地震が発生してから、我が家は関東にありますが、疑似自宅避難生活を数日送ってみることにしました。


そこで、見えてきたことを書いておこうと思います。


まず、我が家は、小さな子供たちがおり、夜間に暗いというだけで、非常に怖がります。


まして、地震が発生して余震も続く中で、ライフラインが止まり、停電生活で暗い暗闇にいたら、大人でも気が参るのです。


毎日夜にも照明で明るい場所に暮らしている私達は、暗いだけで怖さ、ストレス倍増でした。

家族が多いほど、他の部屋にいく際に一人一人に灯りが必要になります。

たとえば、トイレが流れたにせよ、夜にトイレにいくのに灯りが必要になります。

断水して、夜に避難場所まで災害トイレにいくにも、ライトが必要になります。
街灯も停電で消えて周りは暗く非常に怖いです。


もし、リビングにランタンや懐中電灯一つしかなければ、
誰かが夜にトイレや他の部屋にいく際は、灯りが足りなくなります。


そして電池式の懐中電灯や、ランタンの難点は、電池がいつ切れるか分からないという不安があります。

いくら予備電池を買い貯めても、何日で電池がなくなるか、電気が何日で回復するか、分からず、電気が回復するまでは、いつ電池が無くなるか不安がつきまといます。


そこで、やはりソーラーライト、ソーラーランタンがあれば、曇りや雨の日でも、少しは発電できるので、電池式よりも長く灯りを使っても、翌日必ずまた蓄電できるので、安心です。


ソーラーライトは、夜中中灯りが消えることなく使えました。
翌朝また外に出したり、窓辺に置いて蓄電して毎日灯りが使えました。


LED の明るめの単3電池三本必要なライトは、三日もしないうちに電池が切れました。
電池式は、やはり不安だと実感しました。

そして、ソーラーランタンの一番明るめの物を今年始めに買いにいき、
それも活躍しました。


↑このソーラーランタンは、3倍明るいタイプのものです。


しかし、リビングに置くと、それでもまだまだいつもの照明になれている人間からしたら、暗いのです。

この暗さでは、娘は怖がります。


そこで、庭に設置していた、ソーラーライトを家に入れて、
いくつかリビングに配置しました。


それでも、暗いですが、
災害時には贅沢言っていられません。

なんとか、暗いなかでも、しのげる明るさになりました、
本当は、3倍明るいランタンくらいの照明があと、二、三個欲しいくらいです。


そして、気づいたことが、

青白い光が怖さを倍増させ、緊張させること

オレンジのライトには、癒される

ということです。

オレンジ色っぽく光るソーラーライトの方が、癒され、怖さを軽減してくれました。

オレンジのライトがなく、
青白い光だけだと、非常に緊張が増しました。

光る色って重要なんだと実感します。

そして、アロマキャンドルも灯しました。

キャンドルの良い点は、あの光に癒されるということでした。

ソーラーライトや懐中電灯よりも、癒し効果は、一番高いことが実感されました。


しかし、やはり、地震の最中には火事が怖くてロウソク、キャンドルライトは、

使えないと感じます。


台風などの停電にはキャンドルも使えることでしょう。

地震の際にはNGです。

火災で、二次災害の可能性がありますよね。


災害時には、必然と早く寝る生活になります。

しかし、夜中などのトイレは、がまんができません。


子供をトイレに連れていくにも、ライトが必要ですし、
寝ているときも、ソーラーライトが夜中中、部屋で光っていてくれるだけで安心できました。


灯りは、明るいほど良い。

沢山あるほど、安心。

出きることなら、オレンジ系に光るライトをチョイス(選ぶ)。

一人一人に灯りが使えるように。

停電時は、外も家の中も予想以上に暗い。


4月以降は、7時くらいまでは、むしろ外にいる方が室内よりも明るいくらいでした。


日当たりの悪い家は、外に出ていた方が気持ちが沈まないと実感しました。


暗い室内で、一人で、地震の揺れに怯えながら、食事をするよりは、

外にいて(外の方が明るい場合)、少しでも明るい場所で、空気の流れる場所でいた方が精神的に良いかもしれません。


ベランダや庭が危険でなければ、明るい場所に食事を運んで食べたり、そこにいる方がお勧めです。


我が家も、リビングは日当たりが悪いので、
夕方6時位は、庭にいる方が明るく、気分がましになるので、
庭に食事を運んで子供たちと食べました。

室内は6時には本当に暗くなりました。

自然の太陽光、明るさのありがたみがわかりました。


本当に私達人間は、自然の力には到底かなわないです。


これからは、いかに自然のエネルギーを生かし、調和していくかが、新たな世にとって大切な課題になります。

自然の力を生かす、それは、宇宙のエネルギーを生かすこと。


つまり、神のエネルギーを生かしながら生きる生活になります。


また、防災についての気づきをあげていきたいと思います。

          

スポンサーサイト

恐れはいらないが備えは必要だと思います



今年2016年には、地上世界に様々な膿だし、浄化現象が次々現れ、
社会情勢、自然現象共に、本格的に立て替えが今まで以上の早さで起こり得ます。


災害について必要以上に恐れる必要は無いが
しかし、備えは大切だ、と感じます。

日本はどこに住んでいても、地震など災害にいつあってもおかしくない国です。


全国民が、災害に備えて備蓄をされることをお勧めいたします。

いつ地震が発生してもおかしくないです。


特にこれから備えて備蓄しておくと良いかと私が思うものは、

まず飲料水、綺麗な水、水の備蓄が最も大切です。

食品
ソーラーランタン、ソーラーライト沢山あるほど良い
LED ライト、電池
カセットコンロ、カセットガス三本以上は必要
ソーラー携帯充電、もしくは電池式、車ソケット式携帯充電、
災害用トイレ(ペットシーツ、猫砂などで代用可)
ラップ、
紙コップ、紙皿、割り箸、プラスチックスプーンなど沢山あるほど良い
ウェットティッシュ、おしりふき
スプレーボトルと重曹(水で重曹を溶いてドライシャンプー、臭い消しなどになる)
トイレットペーパー、
生理用品、パンティーライナー、
消毒スプレー、除菌ハンドジェル、
車にはガソリン満タンに、
常備薬、
テント、カイロ、虫除け、などなど

アウトドア用品があると、心強いものです。

お子さまのいるご家庭は、オムツやミルク、おしりふき、離乳食など多めに備蓄されてください。


とにかく、綺麗な水と灯り照明、食べ物、

携帯スマホの充電、衛生用品(ウェットティッシュや、除菌スプレーや、生理用品、トイレットペーパー、パンティライナーなど)、
食器も洗えない為にラップが重宝します、

そして、断水に備えてトイレの準備をされておくと良いです。


水は綺麗な水でないと、なかなか使い道がありません。

お風呂の水や雨水は、食器や手荒いにも使うのに抵抗があり、かえって菌でお腹を壊すおそるがあり、トイレを流すことや、体を拭くとか、掃除くらいしか使えません。


飲料水のように、菌の入っていない水を沢山必要とします。


食べ物や水、照明、トイレなどは、
お子さまのいるご家庭は、かなり多く買っておくと安心です。

災害時には、お子さまは食欲も減りやすくお菓子を沢山備えておくと、 
精神的に違います。
 
大人も、コーヒーやお菓子があるだけで、
気持ちが癒されます。

光、照明がソーラー式で沢山あると、とにかく精神的に安心です。

家庭用蓄電なども、あるにこしたことはありません。


大地震の発生は、
他の災害に比べて、人々のダメージが強いものです。


地上世界の浄化には、地震、風(強風、竜巻など)、火(火事、雷など)、水(雨、雪)などが
必要なことだそうです。


地震が小難に無難に抑えられれば、
一番です。


どんなことが起きても、乗り越えられるように、
備蓄、災害への備えは、
しても、後悔することはありませんが、

していなければ、
必ず後悔します。


後悔しないためにも、

備えておくことをお勧めいたします。


地震の発生震度が、

どうか、最大震度5以内に抑えられますよう願います。



油断しているころに、

油断している人々の元に災害は訪れます。


油断大敵。




       


みんなの防災サイト


防災アイディアが沢山載せてある

全労災のみんなの防災というサイトをリンクします。


なるほどと思う、皆さまの知恵やアイディア満載、
これならできる防災アイディアなどぜひ頭にいれてあるといいと思います。


いざとなれば混乱で、知恵やアイディアが浮かばないもの、防災知識は宝となります。

 
では、全労災のみんなの防災サイトをリンクします。


防災アイディアのサイト 

写真 ビオラ

災害時のトイレのこと


皆さまこんにちは。


災害時に役立ちそうな情報も随時お伝えしていきます。


トイレは災害時に断水、配水管の損傷や詰まりなどで使えなくなることがあります、

マンションなどでも、途中からトイレを流さないよう指示が出たりしたこともあるようです、
そんな時、
一軒家で土のある庭がある家庭は、いざとなれば庭に穴を掘って用を足すことも震災時には多く聞く話です。


しかし、マンションやアパート、庭のない家庭はトイレが使えなかったらどうなるか、
避難場所には災害用トイレがありますが、
やはり距離が遠かったり、並んだり、和式で高齢者は大変だったりします。


災害時にトイレに最適なものについてテレビでやっていたのが、

【ネコのトイレ用のネコ砂】とビニール袋をを使う事でした。

トイレにビニール袋を被せてネコ砂を小さなスコップで1から2杯ビニール袋に入れ、
用を足す、
大をしてもネコ砂は臭いを取ってくれ、小は固めてくれるようです。

そしてビニールはそのままにして砂を足しまた用を足す、を繰り返し、
ビニール袋にたまったら口を縛って、

さらにビニール袋に入れてしばり処分できるまで置くという形が良いようです。


トイレでなくても
ゴミ箱などにビニール袋を被せてネコ砂を入れてトイレ代わりにしたりもできるようです、
男性よりも女性の方がトイレに困りますよね。
ネコ砂がなければ、新聞紙を丸めてビニールに入れても良いようですが、新聞紙は臭いを取れないのでふたつきのゴミ箱などが必要だそう。

ネコ砂トイレのゴミは燃えるゴミで出せるのも良いようです。


私個人的なトイレ案は、
犬用ペットシーツも人間のトイレに使えると思います、
さすがに大人用オムツは健康な方々は抵抗がありますよね、
なので犬のトイレ用品、ペットシーツをビニールに入れたりして用を足すことも出来るのではないかと思いました。


家庭のトイレ用備蓄に災害トイレが買えない場合はネコ砂などを備えておくと良いかもしれません、臭いを取るタイプのものです。 


ペットを飼われている方は、いざとなればペットトイレが災害用トイレとして活躍することを頭にいれてあると、良いかもしれません。


また、災害時のトイレアイディアをまとめたサイトをリンクします。

災害時のトイレアイディアまとめリンク 


こうして書いた記事が、いざ他の地域に住む読者様が被災したりした時にも、
役立つかもしれませんので、防災、災害については、今だからこそ情報やアイディアを発しておきたいと思います。


読者の皆さまがもしいつか災害に合われたら、この記事などが役立てばと思いながら書いています。


ありがとうございました。


平和と幸福を願って☆

     Love for you


写真広光清蓮 我が家の変わり種チューリップ バラの様に美しいです、バラ以上かもしれません優しい色ですね。☆゜。

続きを読む ≫

自分が被災した場合のことを考えておく



私は、今年に入ってからすぐに、なぜだか、やたらと【防災、防災、災害に備えなさい、地震の備えを特に考慮しなくては】、
という気持ちが沸き上がった時期がありました。
 

そして、私は今年一月にやたらと防災意識が高まりまして、

飲料水を買いに行ったり、ソーラーランタンや庭にもソーラー電気を増やし、

電池や懐中電灯やライトを買い換えたり、備蓄食品を増やしたり、防災グッズを揃えたのです。


私は、何でこんなに防災意識が高まったのか自分でも不思議でした、私は今年の3月で東日本大震災から五年の節目だからかな。


私の住む地域は、津波はハザードマップを、見ても心配ない地域です、洪水も起こりにくい場所、しかし、地震はありえます。


市で配られた私の住む地域の防災マニュアルマップをくまなく読んでありますが、
皆様も土地の危険性を知っておく必要があります。


県内の断層の位置、津波や洪水の危険性のある場所、避難場所、防災井戸の場所など、
知ってあるのと知らないのでは大分違います。


私の家は市の防災本によると地盤の最大震度は6弱、

私の地域で震災が起きた場合の避難場所の避難者数は、防災マニュアルに書かれている人数はどう考えても収まらず満員になり、場所には入りきれないように感じます。


特に我が家は犬もいますし、子供も泣くでしょうから、車内に避難するか、自宅で避難生活をするしかなくなるでしょう。


皆様の自宅の耐震性は大丈夫ですか?


私の家は全壊はないと思いますが、実家は昭和57年以前の建築で、さらに日本瓦屋根なので全壊の危険性もあります。


避難所には入りきれないでしょうし、ペットや子供がいると、
避難生活は本当に自分達で車や自宅で乗り切ることになりそうですので、
必ず備蓄は必然になります。


まずは、一番足りなくなるのは水不足です。

水、特に飲料水を買い、備蓄して下さい。


あとは、トイレットペーパー、オムツや生理用品、ウエットティッシュなど
特にトイレットペーパー、は長期不足しやすいそうです。


あとは、食品備蓄です。

我が家は、一月に防災意識が高まった時に、
初めてカセットコンロと圧力鍋で試験的にご飯を一週間炊いて過ごしてみました。

カセットコンロと、飲料水、米があれば、なんとかしのげます。

塩やふりかけ、冷蔵庫のみそなどを使い、
ご飯が食べられるだけで、気持ちが安心します。


あとは、夜間の停電が非常に怖いです、大人も子供も暗いとそれだけで怖いし、恐怖になります。

怪我もしやすくなります、
ライトが、沢山あればあるほど安心します。

予備電池も必要です。

ロウソクは震災時は怖くて使えません。

余震の危険性もあります。ソーラーランタンやソーラーライトを庭に置くと災害時にも使えます。車の中でも使えます。


レジャーシートの大きいものや、ブルーシート、防草シートなど敷いたり、目隠し代わりになるものなどを持っていたり、大きなパラソルや、
テントなどあれば、車以外でも横になれます。

プライバシー保護にも使えますし、トイレを庭に作ったり、
外でしなくてはならない時などにも目隠しがあるだけで違います。


トイレ問題は切実です、
我が家は、庭をコンクリにすると災害時にもトイレなどにも出来ないので、
土にいつでも戻せる人工芝などをひいたりしています。


トイレは避難場所まで毎回子供を連れていくのは大変なので、
自宅で乗り切る備えが必要です。


まずは、自宅や職場や学校には、
どんな災害の危険性があるか、調べて備えておくことが
安心出来るでしょう。


         
写真広光清蓮

HOMENext ≫

プロフィールprofile

Meary Florence

Author:Meary Florence
メアリーフローレンス 日本女性 1980年生まれ 2児の母

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

2013年に臨死体験をしてから、私の人生は大きく変わり出しました、世界の為に世の中の一切の生命の為に私をお使いくださいと神様にお伝えしてから、守護神様からブログを始めるよう伝えられ、
2015年からクリスタルチルドレンブログを書いておりました。(旧ブログはもう閲覧出来なくなってしまいました、現在は第ニ章光の道です)いつもご愛読くださいます皆様に感謝を込めて。
Name :Meary florence
Female
Message *Welcome to my blog 💗Thank-you for all .

カテゴリcategory

新しい記事new entry

月別アーカイブarchive

検索フォーム