ありがとうございます☆心から感謝します

いつもお読みいただきありがとうございます☆


癒しの中でも、とくに癒され効果を感じるのが、
土に触れている時や、植物が発芽したりするのを見る時などです。


自然を見たり触れたり、植物、動物に触れていると、心が安らぎ、癒されます。


心の癒しにもお薦めであり、実用性も兼ねるのが、
自宅に庭や土の場所がある場合に、キッチンで料理の際に出る野菜や果物のゴミを埋めて土に還すことです。


我が家も野菜グズなどは庭に埋めて土に還しています。


以前は非常に悪い土質で粘土質で固かった我が家の庭の土が、キッチンの野菜グズなどを埋めて土に還すようになってから、
ミミズがいるふかふかの非常に良い土に変わりました。


我が家の庭はあまり日当たりが良くない場所もあり、家庭菜園で育ちにくい野菜もありましたので、
今は普段使いやすい葉物野菜と花を中心に育てています。


けして広い敷地ではありませんが、
なるべく土を生かすようにして土がある場所には野菜や花の種を撒き、発芽してくるのを楽しんでいます。


小松菜や花は自家採種をして、毎年沢山の種が取れます。


紫蘇は非常に生命力が強くて、
自然と種が弾けて沢山の芽が自然発芽してきました。

こんな隙間でもちゃんと育っています。

紫蘇は砂と砂利の土にも沢山発芽しました。

自然の生命力は素晴らしいものですね。


ジャガイモやミカンなども埋めたキッチンゴミから発芽して生えてきています。

枝豆も昨年の残りさやからこぼれた種から自然と発芽していて、スクスク育っており、
自然の力を本当に見つける度に喜びに溢れます。

化成肥料を全くあげていなくても、
野菜や花がスクスク育っているのも、

キッチンから出たゴミを土に還して良く耕し、ふかふかの土になってきたからかもしれません。


土を掘ったり耕していると、本当に安らぎます。

発芽してくる植物達が可愛くて仕方ありません。


自家採種をして育てた花や野菜の愛しさはひとしおです。


コンポスト等なくてもしっかり土を掘り、被せて、たまに混ぜてあげると素晴らしい土になってきますよ。

肉や魚を埋めてしまうとウジやハエが発生してしまうので、気をつけてください。

我が家は野菜や果物の皮やへたや、花の枯れたものなどを埋めています。


ミミズを自宅の庭で見た時は、オオーと驚きました。

まさかあんな固かった土がミミズがいる肥沃な土になったなんて、と嬉かったです。


子供たちも、土を触ったり、虫を見つけたりすることは喜びとなっているようです。


何にも利用されていない花壇や土地を見る度に種を撒いたら野菜や花が育つのになぁ、と町のあちこちで野菜や花が育てられる事をイメージしています。


そして、育った野菜や花をみんなで自由にもらえたり、種や苗をもちあってみんなで分けあうような町になったら素敵だな、

土も土地も沢山あるのだから、そんな風にみんなで野菜や花を育て分けあうような未来は出来るのではないか、なんて考えています。



自然と調和した世界は、
土や雨を大切にした暮らしになるように思います。


雨水タンクもいつか欲しいなと感じています。

雨水が一番野菜も花もスクスク育つようですよ♪


愛と調和の幸せな世界を、自分から作ることができます。

天地に感謝いたします。


          
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体


今朝NHKのココロ部という子供向け番組で、考えさせられる内容が放送されていました。


アンジャッシュ(芸人)のコジマさんが、自然豊かな村の中に人々にとって便利になる道路を作るか、

自然を守る為に道路を作らないかという会議に参加するお話しです。


☆内容以下NHKのココロ部サイトより転載☆

コジマは、山間の自然豊かな村の住人として、ピンチに遭遇。“自然との共生”について考える。

今、村は新しい道路を作るかどうかで揺れている。道路ができると、すぐに町まで行けて便利になる。


しかし、道路を通すと、村が大事にしてきた貴重なキノコや森が破壊されるため、反対意見も根強い。

コジマは、賛成派と反対派の両方の意見を聞いてから道路を作るか決めることにする。


しかし、両者ともに説得力のある発表を聞いたコジマはますます悩む。

「自然を守るために道路をあきらめるか?便利な暮らしを実現するために道路を作るか?…」。さぁ、キミならどうする?


以上転載終了
↓をクリックして詳しい内容がご覧いただけます
こちらが画像つきあらすじ

☆。゜*。☆。゜*。゜*


未来には自然と人、動物の命の共存共栄が重要な社会になりますが、

私達人間の中でもやはり自分達の都合を考えれば、

便利になるために道路があった方が生活しやすくなると思います。


しかし、道路を作るには自然を破壊せざるを得ない、
どうしたら私達人間と自然との共存共栄社会にしていけるのだろう、

と人々が考えることは大切ですね(*^_^*)


この番組は小学生が放送の話題を通して考えレポートを書くように作られている道徳番組ですが、

今の子供達はこのような授業で未来を考えているのですかね、

私達大人にも考えさせられる内容がNHKの現在の子供番組には沢山あります。


未来について、自然環境について、防災について、自然との共存について、心について、
今の子供番組はなかなか面白いです。

子供番組からインスピレーションをいただくこともあります。


本当により自然にも人にも動物にも良い世界を作るには、、、

一人一人の中で考えていきたいですね。

          

写真広光清蓮 てんとうむし

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体


今の生活の中で、私はビニールゴミの量が非常に気になっています、

何を買うにしても、ほとんどの品物がビニール袋に梱包されているので、ビニールゴミを出したくなくても、
品物を買うと必ずゴミももらってしまう。


野菜も、日用品も食品も、買うたびになんだか、捨てるもの(梱包ビニールゴミ)ももらってしまってるようでいつも気になってしまいます。
マイバックはだいぶ浸透しているようですが、商品の梱包ビニールは断れないですものね。(;^_^A


さて、本日は、
日本のゴミの多さに注目して、関連記事を紹介させていただきます。


一つは、
日本の一人当たりのゴミの焼却数がいかに多いか書かれている記事です、
↓をクリックしてご覧下さい
5分でわかるごみ問題


もう一つは、
二年間でゴミを出した量がなんと瓶一個分という女性が注目されております!のでご紹介します。↓をクリックして下さい


2年間に出したゴミはわずかビン1本分 ゴミゼロ生活を行うイギリス女性が話題



私自身も、なるべくゴミになるものを買わない、持ち込まない貰わないようにしています、
断捨離の中の、断にあたることですね。


そして、捨てる前には、リサイクルできるものはバザーに提供したり、欲しい人がいればあげたり、リサイクルショップに持ち込んだり、自分でリメイクしたりしています。


どうやっても使い道がない、人にもあげられない状態であれば、処分するしかありませんが、

野菜クズやキッチンシンクゴミ、ホウキで掃除して出た塵ごみは、庭に埋めて堆肥にしています。


日本もこれからもっと、ゴミ問題については、改善点があると感じます。


先進国の中では環境については、まだ対策が不充分かつ、国民のゴミに対する意識も、まだドイツなどと比べると認識が低いですね。

私もゴミや排水について、もっと、調べたいと思います。

          

FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体


先進国にいきる現代人は、

忙しくて、なかなかゆっくりと自分を見つめたり、
食生活に疑問を抱いたり、生活習慣を見つめ考えたりする時間がないことでしょう。


仕事に追われ、食事はコンビニフードや外食をかきこみ、

家に帰ってお風呂やシャワーを浴びて、テレビをみて、寝て、また満員電車に乗って仕事にいく。

そんな生活の人も多くいることでしょう。


そのように忙しくしていれば、食事の材料や生活習慣に疑問を抱いたりする暇すらない。


それが、闇のコントロール、仕組み、洗脳社会の作戦でした。


その罠に気づき、洗脳から溶けて自身の岩戸が開いた人々は、
そんな今までの社会、生活に疑問を抱きはじめます。


本来の人間としてのあるべき生き方を模索していきます。


私達が長年当たり前にしてきた習慣、考え方を変えるのはなかなか難しい事です。


いくら洗剤が地球の水を汚して悪いことと知っても、習慣を変えるのは様々なジレンマが生じるでしょう、

急にシャンプーもリンスも使わない生活に変えるのも、私自身も、試行錯誤でしたし、
習慣はなかなか変えられません。


車よりも、自転車や歩きがエコと分かっていても、買い物に車でいくのも、荷物が重くて遠いと使ってしまいます。


完璧なことを目ざさなくても、
考えてみる、意識してみる、それが、第1歩ですし、
一人一人の思考想念が変われば、集団意識も動きます。


環境や生活について、立ち止まって考えてみるだけでも、意味があるように思います。

考える事がない人が沢山いたから、
社会は闇のコントロールのままになされて来た。考える余地を与えてもらえなかった地球人。


洗脳から飛び出した人々からアセンション(波動を高めて)して、地上天国、神の世、弥勒の世の生活を過ごしていけることでしょう。

           
           





FC2blog テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体


皆様こんにちは\(^o^)/

いつもありがとうございます*

今年は本格的に日常生活の見直し改善、チャンジをしていきたいなと感じます。


昨年ブログを初めてから、いかに地球が今、
環境も含めて耐えて下さっているか、

地球マザーアースが自分の身を痛めながら我々を生かして下さっているかということを知り、
なおさら以前以上に、

環境や今の生活を考えさせられるようになりました。


昨年魂の浄化や覚醒に伴い、食事や、家事のあり方が変わり始めました。


肉を食べる習慣を減らしたり、生ゴミをゴミ処理に出さずに自宅の庭に埋めて土に返したり、
家庭菜園を始めたり、洗剤を環境に優しい石けんやセスキソーダ、重曹などにしたりするようになりました。


まだまだ試行錯誤しながら、改善点は沢山ありますし、私のやり方が皆さんにとって良い事とは限りません。

正解は自身が経験しながら作るものだと感じます。


これからは、スピリチュアルとエコロジーは大きく融合するでしょう、

エコロジーに興味深い方の多くがスピリチュアル、精神的な豊かさに目を向けて興味を持たれるでしょう。


今の世の中で
持たない暮らし スローライフ シンプルライフ ミニマリスト エコライフ 質素な暮らし 自給自足 田舎暮らし ゆったりした暮らし 断捨離 丁寧な暮らし 心の豊かさ スピリチュアル 自然回帰 アミニズム 省エネ生活 節約生活 低収入でも幸せな暮らし

などなどが注目されてきているのは、

これからの時代が精神的な豊かさを求める時代に変わるからではないでしょうか。


あくせくした資本主義の競争社会に疲れた私達は、
もっと魂が求める精神的な満足の高い生活を懇願しているのでしょう。


学校教育も、偏差値、受験、より人より上へ上へと目指すことが良い事と教えられてきた私達。

もう、そんな社会にうんざりしている。


私は競争するために生まれたんじゃない、

奴隷のように使われてお金をもらって、そのお金で沢山の消費をさせられて、
沢山の消費の為にまた、あくせく働く。


そんなサイクルを死ぬまで続けるために生まれたんじゃない、
そんな皆さんの気持ちが、

スピリチュアルに向かい、精神的な豊かさを求めることにたどり着くのだと思います。


もっと魂の喜ぶ生き方があるはずで、

もっと地球に奉仕できる事があるはずで、

みんなが楽しく幸せを感じながら生きる生き方があるはずです。

それを一人一人模索し始めていけば、

必ず社会は変わる。

みんなが求める社会になっていく。

それには、一人一人の意識の変革から。


私も今年はより地球に人々に優しい暮らし方を考え実践していきたいと思います。

ありがとうございます。 


FC2blog テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体